ページの本文へ

Hitachi

日立システムズ ITインフラソリューション 総合サイト

高い市場シェアとお客さま満足度を誇る
ファイルサーバー用ストレージ

NetAppは、ファイルサーバーのために設計されたシンプルで高性能なストレージです。ファイルサーバーの管理に関する、以下のようなお悩みを解決します。

例えばこんなお悩み、
ありませんか?

ファイルサーバーの容量が増える、Windowsのファイルサーバーが乱立しているなど管理が大変

1台のNetAppストレージに統合できます
ファイルサーバーの災害対策、ランサムウェア対策ができていない

災害時にはデータを瞬時に復元できます
独自OSを持ち、攻撃への高い耐性があります
ファイルサーバーのバックアップが終わらない

Snapshotで瞬時にバックアップが可能です
社内システムをクラウドに移行したい

オンプレミスとクラウド間のシームレスなデータ移行が可能です

NetAppで解決

NetAppの特長

Point 1
効率のよいデータ管理

NetAppを複数のWindowsファイルサーバーとして1台に統合すると、OSのバージョン管理など管理に掛かるコストを削減できます。
重複排除機能、データ圧縮機能により、増え続けるデータ量を極小化して管理します。

Point 2
迅速なバックアップ、
高度なセキュリティ

重複排除などの削減効果を維持しながら、高度な転送技術を用いて、データ複製を瞬時に行います。豊富な暗号化ソリューション、改ざん防止機能により、情報漏洩やコンプライアンスから大切なデータを守ります。

Point 3
ハイブリッドクラウド環境での利用

オンプレミス環境のNetAppとクラウドを連携して、ハイブリッドクラウド環境を構築できます。ホットデータはオンプレミスに、コールドデータはクラウドに保管するなど自由にデータを管理できます。

Point 4
Microsoft 365のデータを保護

NetApp® SaaS Backup for Microsoft 365により、Microsoft 365の大切なデータが失われないよう保護します。シンプルで使いやすいインターフェースからアクセスできるポリシーベースの自動サービスです。

Point 5
仮想環境にお勧め

仮想環境を構築したい、そんなときはNetAppストレージと、サーバーとデスクトップの仮想化の組み合わせがお勧め。仮想化・アプリケーションパートナーと連携し、コストの削減、管理の簡易化、データ保護の強化、アプリケーションの適正化をサポートします。

ラインアップ

NetAppは次の2つのシリーズをご用意。

NetApp FASハイブリッド
フラッシュアレイ
ONTAPを基盤とするクラウド対応オールフラッシュストレージです。
NetApp AFF Aシリーズ
シンプルでスマートなストレージです。

FASシリーズ

FAS9000 FAS8700 FAS8300 FAS2750 FAS2720
HAペアあたりの
最大物理容量
14.7PB 14.7PB 7.3PB 1,243TB 1440TB
HAペアあたりの
最大ドライブ数
1,440 1,440 720 144 144
NASスケールアウト 1 ~ 24ノード
(HAペア×12)
1 ~ 24ノード
(HAペア×12)
1 ~ 24ノード
(HAペア×12)
1 ~ 24ノード
(HAペア×12)
1 ~ 24ノード
(HAペア×12)
SANスケールアウト 1 ~ 12ノード
(HAペア×6)
1 ~ 12ノード
(HAペア×6)
1 ~ 12ノード
(HAペア×6)
1 ~ 12ノード
(HAペア×6)
1 ~ 12ノード
(HAペア×6)
クラスターあたりの
最大物理容量
176PB 176PB 88PB 15PB 17PB
コントローラ
シャーシのフォーム
ファクタ
8U 4U 4U 2U / 内蔵ドライブ×24 2U / 内蔵ドライブ×12
OSのバージョン ONTAP 9.1 RC1以降 ONTAP 9.7 RC1以降 ONTAP 9.7 RC1以降 ONTAP 9.4 RC1以降 ONTAP 9.4 RC1以降
サポートする
ストレージプロトコル
FC、FCoE、iSCSI、
NFS、pNFS、CIFS / SMB
FC、iSCSI、NFS、
pNFS、CIFS / SMB
FC、iSCSI、NFS、
pNFS、CIFS / SMB
FC、FCoE、iSCSI、
NFS、pNFS、CIFS / SMB
FC、FCoE、iSCSI、
NFS、pNFS、CIFS / SMB
シェルフとメディア 最新の情報は、NetApp.com/jpのシェルフとメディアのページでご確認いただけます。

注:HAペアの仕様はすべて、アクティブ / アクティブ構成のデュアル コントローラのものです。

1︓最大物理容量はドライブによって異なります。

AFF Aシリーズ

AFF A800 AFF A700 AFF A400 AFF A220
最大スケールアウト 2 ~ 24ノード(HAペア×12) 2 ~ 24ノード(HAペア×12) 2 ~ 24ノード(HAペア×12) 2 ~ 24ノード(HAペア×12)
最大SSD数 2,880 5,760 5,760 1,728
最大実効容量1 316.3PB 702.7PB 702.7PB 193.3PB
各システムの仕様(アクティブ / アクティブ構成デュアル コントローラ)
AFF A800 AFF A700 AFF A400 AFF A220
コントローラ
のフォーム
ファクタ
SDスロット数48個の4U 8U 4U SSDスロット数24個の2U
PCIe拡張スロット 8 20 10 n/a
FCターゲットポート
(32Gb自動切り替え)
32 64 24 n/a
FCターゲットポート
(16Gb自動切り替え)
32 64 32(FCメザニン カード搭載) 8
FCoEターゲット
ポート、UTA2
n/a 64 n/a 8
100GbEポート
(40GbE自動切り替え)
20 n/a 16 n/a
40GbEポート
(10GbE自動切り替え)
n/a 32 n/a n/a
25GbEポート 16 n/a 16 n/a
10GbEポート 32 64 32 12
10Gbase-T
(1GbE自動切り替え)
n/a 64 16 n/a
12Gb / 6Gb SASポート n/a 64 32 4
サポートするストレージ
ネットワークプロトコル
NVMe/FC、FC、iSCSI、NFS、pNFS、CIFS / SMB NVMe/FC、FC、FCoE、iSCSI、NFS、pNFS、SMB NVMe/FC、FC、iSCSI、NFS、pNFS、CIFS / SMB FC、FCoE、iSCSI、NFS、pNFS、SMB
OSのバージョン ONTAP 9.4 RC1以降 ONTAP 9.1 RC1以降 ONTAP 9.7 RC1以降 ONTAP 9.4 RC1以降
シェルフとメディア NVMeドライブパック
DS224C(2U、24ドライブ、2.5インチSFF)、DS2246(2U、24ドライブ、2.5インチSFF)
DS224C(2U、24ドライブ、2.5インチSFF)、DS2246(2U、24ドライブ、2.5インチSFF) NS224(2U、24ドライブ、2.5インチSFF NVMe)、DS224C(2U、24ドライブ、2.5インチSFF)、DS2246(2U、24ドライブ、2.5インチSFF) DS224C(2U、24ドライブ、2.5インチSFF)、DS2246(2U、24ドライブ、2.5インチSFF)
サポートするホスト / クライアントOS Microsoft Windows 2000、Windows Server 2003、Windows Server 2008、Windows Server 2012、Windows Server 2016、Linux、Oracle Solaris、AIX、HP-UX、Mac OS、VMware、ESX

1︓実効容量は、ストレージ容量削減比率を5:1と想定し、SSDを最大数搭載した場合で算出したものです。実際の比率は、ワークロードやユースケースに応じて高くなる場合があります。

日立システムズは、システムのコンサルティングから構築、導入、運用、そして保守まで、ITライフサイクルの全領域をカバーした真のワンストップサービスを提供します。