ページの本文へ

Hitachi

株式会社 日立システムズ

ファイル連携・データ連携ソリューションスイート
ASTERIA WARP

アステリア

システム間のデータ連携を短期間・低コストで構築するインターフェースミドルウェア。

「短期開発」(ノン・コーディングで開発工程を3割削減)、「手軽な運用」(一元化、可視化、自動化で運用の負荷を軽減)、「ITコストの抑制」(無駄を省いてコストを抑える)。それが「ASTERIA」が提供する3大メリットです。

概要・特長

ファイル・データ連携ソリューション「ASTERIA WARP」

現在、企業の情報システム部門では、コストの低減とともに、既存資産を有効活用して、すぐに結果が出るようなIT環境の構築が期待されています。

ホストの資産のオープン化を検討しつつもそのボリュームに躊躇されていたり、業務別に最適なシステムを作ってきたような、システムやアプリケーションが散在してデータ(既存の資産)がうまく活用できないなど、色々な状況でデータ連携に関連する課題を耳にします。

このようなデータ連携における課題を『ASTERIA WARP』が解決します。

マスターデータ管理「ASTERIA MDM One」

ASTERIA MDM Oneシリーズは販売開始以来、着実に導入企業様での評価を得ています。

MDMに特化した製品としては非常に安価であり、開発生産性が高い点が特長です。また、スモールスタートが可能であり、検討や評価も具体的に進められる製品です。

ASTERIA MDM Oneシリーズで既存業務を活かしたまま、仮想的にマスタデータを統合することができます。

ASTERIA

詳しく知りたい方はこちら

日立システムズは、システムのコンサルティングから構築、導入、運用、そして保守まで、ITライフサイクルの全領域をカバーした真のワンストップサービスを提供します。