ページの本文へ

Hitachi

株式会社 日立システムズ

健康経営支援サービス

運動・食の観点から、お客さまの健康経営実現に向け支援します。

「健康経営支援サービス」は、株式会社タニタヘルスリンクとの連携により、同社の持つ健康経営実践ノウハウをベースに、測定データの管理から生活習慣の改善・定着までの健康づくりをトータルサポートするものです。

概要・特長

「健康経営支援サービス」は、株式会社タニタヘルスリンクとの連携により、同社の持つ健康経営実践ノウハウをベースに、測定データの管理から生活習慣の改善・定着までの健康づくりをトータルサポートするものです。

その中核が、 IoT 対応の体組成計・活動量計・血圧計を使った測定と管理、健康イベント、健康ポイント付与等のサービスです。 「はかる・わかる・きづく・かわる」といった健康づくりの PDCA サイクルの起点となるからだの状態の「見える化」をベースに、従業員の健康づくり全般のサポートを通じ、従業員の活力・生産性向上を図り、企業の継続的な成長につなげます。

サービス項目

機能詳細

健康ステーション

従業員が体重や体脂肪率、血圧などを気軽に測定できる「健康ステーション」を事業所内に設置。同ステーションには、体組成計や血圧計のほか、従業員一人ひとりが持つ活動量計のデータをクラウド上にアップロードする専用のリーダーライターを配置します。

健康ステーション

測定データの記録

従業員の方々には通信機能を搭載した活動量計を携帯していただきます。
この活動量計をリーダーライターにかざすだけで個人認証ができ、入力の手間なく体組成計、血圧計の測定データを自動でアップロード。活動量計で測定した歩数や消費カロリーとともに一元管理された自身のデータは、PCやスマホで確認でき、運動やからだの状態をいつでもチェックできます。

測定データの記録

  • 歩数、体組成やポイントデータを一括管理
    (管理サイトを開設)
  • タニタヘルスリンクの健康管理サイト
    「からだカルテ」が利用できます
  • 「からだカルテ」掲載の健康づくりに役立つコラムやレシピコンテンツが利用できます


健康管理サイト「からだカルテ」

健康ポイント

従業員のモチベーション維持、健康づくり習慣化に向けた日々の努力と成果(歩数・体組成データ・測定継続等)に応じた「健康ポイント」を付与・管理する仕組みを提供しています。貯まったポイントは汎用ポイントなどに交換できるため、従業員のモチベーション向上につなげることが期待できます。

健康ポイントの利用イメージ

健康ポイント

健康ポイントの例
参加した時 500ポイント
歩数に応じて 1日に1万歩くと30ポイント(上限有り)
データアップロード回数に応じて 10回アップロードするごとに100ポイント
イベントに参加した時 200ポイント
改善した時 BMI、体脂肪率、体重の改善で300ポイント(3カ月前比較)
継続した時 3カ月継続で300ポイント

詳しく知りたい方はこちら

日立システムズは、システムのコンサルティングから構築、導入、運用、そして保守まで、ITライフサイクルの全領域をカバーした真のワンストップサービスを提供します。