ページの本文へ

Hitachi

株式会社 日立システムズ

「人」と「IT」で実現する新たなコンタクトセンターを体験してみませんか?スマートデバイスの普及、少子化による雇用確保の課題、働き方改革。時代の流れと共にコンタクトセンターも変化していかなくてはなりません。多様化するチャネルに対応し、人とAI技術を組み合わせることで迅速 かつ きめ細やかな対応を行う。それが、お客さまの笑顔につながる。次世代を思わせるコンタクトセンターを、日立システムズが提供します。

概要

スマートデバイスが普及し、コンタクトセンターへの問い合わせが電話からWEB、チャットなどに変化してきました。
また、コンタクトセンター運営では、少子化や働き方改革推進により業務の効率化が求められます。
その中で、日立システムズは長年コンタクトセンターを運営してきたノウハウを生かし、「ユーザニーズの多様化」「コンタクトセンターの運用工数削減」に対応するインフラを提供します。
現状の課題を把握するコンサルティングを行い、下記4つのメニューを取り入れて、時代の流れに沿ったコンタクトセンターの立ち上げを支援します。導入後も運用代行を行うなどサポートをします。

導入までのイメージ図

サービスメニュー

サービスメニュー
サービスメニュー 概要 こんなときに
音声認識システム導入支援
  • AI技術によって通話をリアルタイムに可視化し応対品質を強化
  • 通話以外の業務効率化を支援
  • 通話内容を自動でテキスト化し、応対履歴の作成など事務作業を削減したい
データ分析サービス
  • 蓄積された通話データやソーシャルデータを見える化
  • 潜在的な課題やお客さま要望に合わせた分析データを提供
  • 通話データやソーシャルデータを分析し、商品開発に生かしたい
チャットボットサービス
  • FAQなどを元にチャットボットが自動応答、センター運用コストを削減
  • 難解な問い合わせにはチャットボットから人への切り替えも可能
  • 人とチャットボットを組み合わせた運用を行いたい
  • オペレーターによる応対を減らし、運用コストを削減したい
AI型FAQサービス
  • AI型のFAQを整備することでお客さまの自己解決を支援
  • 電話対応が減ることで、オペレーターの工数を削減
  • 24時間お客さまからの問い合わせに対応したい
  • オペレーターの工数を削減したい

詳しく知りたい方はこちら

日立システムズは、システムのコンサルティングから構築、導入、運用、そして保守まで、ITライフサイクルの全領域をカバーした真のワンストップサービスを提供します。