ページの本文へ

Hitachi

株式会社 日立システムズ

SkeedSilverBulletStandard

デスクトップからグローバルへ!大容量ファイル(リッチコンテンツなど)の手軽な送信を実現するユーティリティツール

アニメ制作会社や映像編集プロダクション、ゲームメーカーなどにおいては、素材のデジタル化とともにグローバル水平分業が進展しています。そういった事業環境の変化に対し、国内同様FTPなど従来のファイル転送手段でなんとかやりくりを、またUSBメモリーやHDDといった物理媒体の送付が代替手段となっています。

とはいえ、満足のいく解決手段には程遠く、

  • FTPでは転送時間がかかりすぎる、あるいは接続が切れてしようがないので何とかしたい…
  • 物理媒体の郵送では、媒体紛失の心配だ、物流リードタイムがもったいない、送付後の内容変更への対応が難しく、どうも業務効率がよくない…

というお悩みは依然として解決されていません。

SkeedSilverBulletStandardは、こういったテーマに対し、即効性・即時性のあるソリューションをもたらします。

ユーザーインターフェース

SkeedSilverBulletのGUIインターフェースは、従来の慣れ親しんだファイル転送のユーザーインターフェースを踏襲していますので、導入にあたって新たなマニュアルをお読みいただかなくても、直観的にお使いいただけます。

Mac版

Microsoft Windows版

商品機能

機能名称 説明
静的帯域制御 データ授受をする前に、使用する帯域幅に上限を設ける機能です。
動的帯域制御 データ授受をしながら、回線の混み具合をみながら、使用する帯域を制御することで、他ネットワーク通信の阻害を防止する機能です。〈特許出願中〉
レジューム機能 データ授受の途中で、ネットワークがダウン、また送信元、送信先のコンピューターがダウンした場合、復旧後に継続してデータ送信を行う機能です。
暗号化機能 グローバルスタンダードな公開鍵暗号方式と秘密鍵暗号方式を組み合わせて、セキュアな伝送を実現する機能です。
少量多数ファイル一括転送機能 多数(数百から数千)の小容量ファイル(100KB以下)を一括して送信する機能です。

* クライアントは多言語対応(日本語、英語)済みです。

稼動推奨環境

※2018年12月現在

環境項目 推奨バージョン等
サーバー側環境 HW CPU(マルチコア)・メモリ(4GB以上)
OS Red Hat Enterprise Linux 6 / 7、CentOS 6 / 7
macOS 10.11 ~ 10.13
Windows Server 2012 / 2012 R2
クライアント側環境 HW CPU(マルチコア)・メモリ(2GB以上)
OS Windows 7 SP1 / 8.1 Update / 10、macOS 10.11 ~ 10.13
ブラウザ Mozilla Firefox・Google Chrome の各最新バージョン
Microsoft Internet Explorer 11
Java Oracle Java 8、Oracle Java 11、OpenJDK 11
Java(macOSサーバーのみ) Oracle JDK 8
  • Windows Server、Windows、Microsoft Internet Explorerは、米国Microsoft Corporationの米国およびその他の国における登録商標または商標です。
  •  Linuxは、Linus Torvalds氏の日本およびその他の国における登録商標または商標です。
  •  Red Hatは、米国Red Hat, Inc. ならびにその子会社の登録商標です。
  •  Mozilla Firefoxは、米国Mozilla Foundation の米国およびその他の国における登録商標または商標です。
  •  macOS、Safariは米国その他の国で登録された Apple Inc.の商標です。
  •  Oracle Java, Java Runtime Environment, JDK, OpenJDKは、Oracle Corporation及びその子会社,関連会社の米国及びその他の国における登録商標または商標です。
  • 記載の製品名は各社の登録商標または商標です。

詳しく知りたい方はこちら

日立システムズは、システムのコンサルティングから構築、導入、運用、そして保守まで、ITライフサイクルの全領域をカバーした真のワンストップサービスを提供します。