ページの本文へ

Hitachi

株式会社 日立システムズ

SkeedSilverBulletBusiness

企業システムのグローバル連携向け!エンタープライズ活用を想定したファイル連携ソフトウェア

SkeedSilverBulletが持つ、グローバルネットワークにおける、大容量データを高速にファイル転送する、といった特長はそのままに、

  • システム管理機能の強化
  • ユーザー認証機能
  • 他システムとのAPIによるシステム連携

の3点において大幅に強化されたプロダクトです。

システム管理機能の強化

ユーザー管理やシステムリソースモニタリング、セッションおよびに転送処理といった必要となる管理機能をWEB Browserベースで管理できます。

管理画面(全体)

 システムリソースモニタリング

ユーザー認証機能

SkeedSilverBulletが備えている簡易内部DBだけでなく、外部のユーザー認証プロトコルへも対応、外部認証システムと連携したアクセスコントロールを実現します。  
外部の認証プロトコルとしては、LDAP(Active Directory)やKerberos認証はもとより、メール認証で用いられるPOP3/IMAPといったプロトコルへも対応しています。

他システムとのAPIによるシステム連携

ファイル転送における各種操作やシステム管理を、システム連携を通じて行うための、API(REST API)ライブラリーを用意しています。これにより、システムユーザーは、他システムによるファイル生成から転送までを、SkeedSilverBulletを意識することなく、実行することが可能になります。

SkeedSilverBullet Business機能一覧

共通機能

機能名称 説明
静的帯域制御 データ授受をする前に、使用する帯域幅に上限を設ける機能です。
動的帯域制御 データ授受をしながら、回線の混み具合をみながら、使用する帯域を制御することで、他ネットワーク通信の阻害を防止する機能です。〈特許出願中〉
レジューム機能 データ授受の途中で、ネットワークがダウン、また送信元、送信先のコンピューターがダウンした場合、復旧後に継続してデータ送信を行う機能です。
暗号化機能 グローバルスタンダードな公開鍵暗号方式と秘密鍵暗号方式を組み合わせて、セキュアな伝送を実現する機能です。
少量多数ファイル一括転送機能 多数(数百から数千)の小容量ファイル(100KB以下)を一括して送信する機能です。

SkeedSilverBullet Business独自機能

機能名称 説明
WEB管理機能 ユーザー管理機能、各種モニタリング(サーバー動作、システムリソース、システムログ、セッションおよび転送処理、ユーザー操作履歴)および管理機能を提供します。
ユーザー別操作履歴管理 ユーザーごとのシステム操作履歴状況を把握、管理する統制対応機能です。
ユーザー認証機能 LDAP(Active Directory)やKerberos認証、POP3/IMAP、簡易内部データベースと連携したユーザー認証を実現します。
システム連携用API 各種ファイル転送操作や管理機能を実現する、システム連携用のREST APIを提供します。
グローバルファイルレプリケーション グローバルでの拠点間をつなぐサーバー間において、ディレクトリ構造を意識しつつ、差分データを検出し、同期をとる機能です。

* クライアントは多言語対応(日本語、英語)済みです。

仕様

サーバーOS Windows Server 2003,2008,2012
Red Hat Enterprise Linux 5
CentOS 5以降
Mac OS X v10.5 Leopard以降
サーバーその他 Java Runtime Environment 6 以降
クライアントOS Windows XP SP3 以降
Windows Vista,7,8
Mac OS X v10.5 Leopard以降
クライアントその他 Java Runtime Environment 6 以降

詳しく知りたい方はこちら

日立システムズは、システムのコンサルティングから構築、導入、運用、そして保守まで、ITライフサイクルの全領域をカバーした真のワンストップサービスを提供します。