ページの本文へ

Hitachi

株式会社 日立システムズ

【課題解決セミナー】現場で抱える保守部品・棚卸資産適正化

保守部品の欠品防止と棚卸資産削減のトレードオフの解消に向けて

本イベントは終了しました。ご来場まことに有難うございました。

「熟練者が長年かけて蓄積してきた在庫計画ノウハウの継承をデジタル技術でなんとかしたい」
「限られた在庫予算や縮小する人員のなかでサービスレベルを維持、向上したい」
「在庫量を適正に保ち、在庫を効率よく回転させてキャッシュフローを改善したい」

経営者および保守部品のご担当者の中にはこのような悩みを抱えている人は多いのではないでしょうか。

本セミナーでは、保守部品事業における当社の取り組みの紹介と、PTC社 ServicePartsManagement(SPM)の課題解決事例の紹介、SPMを使った現場課題解決の機能を紹介します。

皆さまのご参加を、心よりお待ちしております。

本イベントは終了しました。

保守部品の在庫計画の適正化

本セミナーでは、当社の保守実業ノウハウから得たアフター部品の在庫計画におけるポイント、また在庫適正化に向けた具体的な対応方法と効果を事例を交えながら紹介します。

対象者

  • 保守事業部門の在庫管理担当者さま、在庫計画担当者さま
  • 経営企画部門、情報システム部門のご担当者さま

開催概要

開催概要
日程 2019年12月3日(火曜日)
14時30分~17時10分(受付:14時~)
会場

ソリューションスクエア東京

株式会社日立システムズ
ソリューションスクエア東京
(品川区大崎1-2-1)

参加費 無料(事前登録制)
定員 40名
主催 株式会社日立システムズ
協力 PTCジャパン株式会社
  • ※定員に達し次第、受付を終了いたしますので、あらかじめご了承ください。
  • ※SIer、同業他社などはお断りさせていただく場合がございます。

プログラム

プログラム
14時30分~14時40分
ご挨拶
株式会社日立システムズ
14時40分~15時20分
第一部「日立システムズのロジスティクスと棚資削減プロジェクトの紹介」
日立システムズのロジスティクスは40年以上の歴史があり、いち早く自社でWMSを開発運用するなど、積極的にロジスティクスに取り組み、2010~2015年度(6年間)の棚資削減プロジェクトで棚資半減を実現。そのノウハウを紹介します。
株式会社日立システムズ ロジスティクスサポートセンタ
15時20分~16時
第二部「PTCジャパン 事例からみる棚卸資産の削減と欠品減量の実現方法」
保守部品在庫担当者が悩む棚卸資産削減と欠品ゼロへ向けたトレードオフな課題。
課題解決に向けた検討や取り組みを行うものの、なかなか上手くいかないケースは少なくありません。
本セッションでは、課題解決を実現した各企業さまの事例をケーススタディを通じ説明します。
PTCジャパン株式会社
16時~16時10分 休憩
16時10分~16時50分
第三部「アフター部品在庫計画サービス 主要機能活用および当社ノウハウによる業務課題解決と業務効率化」
本セッションでは、アフター部品在庫計画サービスの主要機能である「需要予測」、「在庫計画」、「発注・補充計画」を活用し、それぞれの現場業務課題の解決方法について解説します。また、日立システムズが持つ保守部品在庫業務全体の豊富な実業ノウハウを活用し、単なるツール導入にとどまらず、保守部品在庫計画業務のサポートのについて説明します。
株式会社日立システムズ
16時50分~17時10分 質疑応答/個別相談会

※プログラムは変更が生じることがありますので、あらかじめご了承ください。

セミナー・イベントに関するお問い合わせ・お申し込み

現場で抱える保守部品・棚卸資産適正化セミナー事務局
担当:神倉(かみくら)、永井(ながい)
TEL:03-5435-1042

本イベントは終了しました。

日立システムズではお客さまに、最新のセミナー・イベント情報や商品情報など、お役立ち情報をご紹介するメールマガジンをお送りしております。

メルマガ登録

メールマガジン

最新のイベント情報、商品情報など、お役立ち情報をご紹介するメールマガジンをお送りしております。

メールマガジン登録

日立システムズは、システムのコンサルティングから構築、導入、運用、そして保守まで、ITライフサイクルの全領域をカバーした真のワンストップサービスを提供します。