株式会社 日立システムズ NEW GRADUATE RECRUITING SITE

ページの本文へ

ページの本文へ

歩みは止められない。
日進月歩のサービスに
携わる限り。

ビジネスクラウドサービス事業グループ
ネットワークセキュリティサービス事業部
センタ長 システムエンジニア

佐々木 慎一Shinichi Sasaki[2007年入社]

優れているだけでは意味がない
伝わることではじめて価値が生まれる

私が所属しているセキュリティ部門のサービスは、実はお客さまにとっても生産性が伴いにくく、投資へのジャッジが難しいサービスなんです。というのも、お客さまにとっては自社の弱みを見せつけられたようなもので、さらにそこにコストをかけなければいけない必要性まで出てきます。ですので、私たちは極力客観的なお話をさせていただき、感情的な部分には立ち入らないようにしています。その中で、セキュリティにコストをかける必要性を理解していただければ、どういう方法があって、どれくらいのコストが必要なのかをさらに具体的にご提案させていただきますね。セキュリティのサービスは、その性能が優れているというだけではなかなか利用していただけません。そのサービスがどういう機能を持っていて、どういった価値を提供できるのかをお客さまに理解していただく「説明力」が必要になります。私たちもその点はしっかり意識して、営業部門の方たちにもアドバイスをいただきながら、日々の業務に取り組んでいます。


大切なのは、バランス感覚
そう気づかされたマネジメント経験

これまでのキャリアを振り返ってみると、時には苦慮した経験もありました。ある時、突然の組織変更に伴いセキュリティのコンサルティング業務を担当するチームのリーダーに任命されました。その仕事自体、あまり経験が長くなかったということもあり、不安も大きく、日々新しいことを学びながらチームをまとめていくという状況でした。その中でチームのメンバーに仕事を教えていかなければならないわけですが、当時は「しっかり教えなければ」という思いが強かったため、業務のすべてを細かく伝えることに集中しすぎ、その結果、仕事の背景にあるお客さまの目的を理解せずに業務に当たってしまうという弊害が生まれてしまいました。一方で、この状況に気づいたと同時に、メンバーが私の仕事のスタイルを真似していることにも気がつきました。背中を見て学ぶとはまさにこのこと。教え過ぎてもダメ。教えなくてもダメ。そのバランスが大切なんだということに気づかされましたね。チームをまとめるという立場になって、初めて気づくことも多く、苦慮した反面、とても貴重な経験ができたと思っています。


  • 出社
    まずはメールチェック。1日の仕事のプランを組み立てます。
  • 情報確認
    その日のセキュリティ情報をチェックします。新しい脆弱性が発見された時は、当社サービスの影響範囲を調べます。
  • お昼休憩
    ここで一息入れて、午後からの仕事に備えます。メリハリが大切です。
  • プロジェクト週次定例会
    セキュリティ教育のための資料を作成します。
  • ミーティング
    SEから相談を受け、セキュリティレベル向上のミーティングに同席。
  • 海外の情報確認
    海外のセキュリティドキュメントに目を通します。
  • 退社
    英語の勉強のため、早めに退社。業務後に自分の時間が持てるのは、とてもありがたいです。

My Step Up

  • 2008年
  • 2009年

急な組織変更により、小さなチームではありますがリーダーに任命されました。その仕事自体が半年程度の経験でしたので、大いに不安でしたし、日々新しいことを学びながら、なんとかまとめていったことを記憶しています。

海外ベンダーのサービスを活用して、新しいセキュリティサービスを立ち上げました。実際にそのベンダーまで出向き、サービスの良さを理解しながら進めたのですが、当初はなかなか評価が上がらず、思うような販売結果に至りませんでした。少しずつ説明の仕方を変えたり、分かりやすさを心がけた営業ツールを作ったりした結果、徐々に評価いただけるようになりました。相手の立場に立って物事を考える重要性を実感しました。

Q & A

Q1あなたの思う日立システムズの魅力は?
新しいチャレンジがしやすいところです。顧客の領域や規模が幅広く、様々な機能を持ち合わせた日立システムズだからこそ、チャレンジできるフィールドも豊富にあります。
Q2休日はどのように過ごされていますか?
子どもと遊びますね。将棋大会やテニススクールに同席したりしています。子どもの成長を見られるのは、嬉しい限りです。
Q3学生時代に熱中していたことは?
プログラミングにハマっていました。まだインターネットが流行り始めた頃に、JAVAで仮想空間を作っていました。
Q4就職活動中の学生へメッセージをお願いします。
悔いのない毎日を。そして、なんでも良いので、「何かをやり遂げる」という経験をしてください。必ずあなたの今後に繋がっていきます。
西原 優子
作山 拓也
鈴木 遼人

日立システムズは、システムのコンサルティングから構築、導入、運用、そして保守まで、ITライフサイクルの全領域をカバーした真のワンストップサービスを提供します。