ページの本文へ

Hitachi

株式会社 日立システムズ

ローカル5G免許取得前に適切な無線通信システムの設計・構築を支援する「ローカル5Gアセスメントサービス」を販売開始

5Gなどの次世代無線通信技術を活用したワンストップソリューションの一つとして提供

概 要

株式会社日立システムズ(代表取締役 取締役社長:柴原 節男、本社:東京都品川区/以下、日立システムズ)は、ローカル5Gワンストップソリューションのラインアップの一つとして、ローカル5Gの導入において、免許不要の電波を用いて事前に電波干渉の有無や電波強度測定を行い、適切な基地局配置や無線通信システムの設計・構築を支援する「ローカル5Gアセスメントサービス」を本日から販売開始します。
本サービスは、ローカル5GやWi-Fi 6、sXGP方式(プライベートLTE)など、進化・多様化する次世代無線通信技術の動向を踏まえて提供するものです。本サービスや関連サービスの提供により、お客さまのニーズや業務環境に適した次世代無線通信技術を活用したネットワークシステムの設計・構築・運用を含め、お客さまのデジタルトランスフォーメーション推進を幅広く支援していきます。

本サービスによる電波測定の様子と測定結果のイメージ図
本サービスによる電波測定の様子と測定結果のイメージ図

背 景

高速・低遅延・同時多接続の特徴を持つ通信技術「5G」が世界的に注目されており、国内でも本年度から商用サービスの提供が開始され、今後もさまざまな分野での活用が期待されています。
しかし、5Gなどの次世代無線通信を利用するにあたっては、従来の無線ネットワークとは異なる電波特性を踏まえた適切な通信設計が求められます。さらに、所管当局への免許申請の手続き、近隣の地域広帯域移動無線アクセス(地域BWA)などとの電波利用の調整、適切な設置工事、実際に利用される際の保守・運用やセキュリティの確保など、構築や運用において多くの知見やノウハウが必要です。特に、ローカル5Gを導入するためには、一般的に基地局設備などの高額な機器を購入し、無線局免許の取得後でなければ電波干渉の有無や電波強度の測定ができないことが、導入企業にとって大きな障壁となっています。

詳 細

こうした背景の下、日立システムズが長年にわたり培ったオフィス、工場、プラントなどの現場における無線ネットワークの設計・構築・運用の実績やノウハウと、株式会社日立製作所の研究開発グループと共同開発した新技術「屋内位置連動無線性能測定技術(特許出願中)」を活用し、ローカル5Gの無線局免許取得前に電波干渉の有無や電波強度の測定などを実現する「ローカル5Gアセスメントサービス」を販売開始します。

ローカル5Gの電波を発信するには、事前に無線局免許の取得が必要であるため、無線LANのように電波干渉の有無や電波強度の測定などの導入前現場検証を行うことはできませんでした。そこで、免許不要な電波を利用した電波干渉の有無や電波強度の測定により、ローカル5G導入後の計測と類似の結果を得られる手法を確立しました。また、電波状況を高精度かつ短時間で測定できる新技術「屋内位置連動無線性能測定技術」を開発し、従来比1/3の時間*1で迅速な電波測定が可能となりました。これらの手法や技術は自社のローカル5G実験局の開局やパートナー企業とのPoCなどにも活用されており、その実証結果を反映してサービス化しました。
本サービスにより、適切な基地局配置や5G無線通信システムの設計を支援します。

*1
特定ケースにおける当社試算

日立システムズは、本サービスに加え、ローカル5G基地局の導入に必要となる移動通信システムの設計や基地局設置工事、配線工事などの設計・構築サービスを、日立システムズのグループ会社と連携し提供します。また、本サービスによるアセスメントの結果を踏まえ、お客さまのニーズや業務環境に適したネットワークシステムの設計・構築・運用の提案をローカル5G以外の通信技術も含めて実施します。

今後、日立システムズは、ローカル5Gの技術を活用した4K/8Kなど高精細カメラによる映像監視システムや、映像配信の高度セキュリティサービスなど、5G/ローカル5Gネットワークを活用した高付加価値サービスの提供、日立の先進的なデジタル技術を活用したLumadaソリューションとの連携によるデジタルトランスフォーメーションの推進支援まで含めて、ローカル5Gワンストップソリューションとして、さまざまなサービスを展開予定です。これにより、2025年度末までに累計25億円の売上をめざします。

なお、今回のサービス販売開始にあたり、100社限定の特別割引キャンペーン(2021年3月末時点の申込受付分まで)を実施します。

ローカル5Gワンストップソリューションのイメージ図

ローカル5Gワンストップソリューションのイメージ図

ローカル5Gワンストップソリューションのサービス内容

項目 内容
サイトサーベイ
(ローカル5Gアセスメントサービス)
※本年12月から提供開始予定
干渉波測定、エリアカバー測定、ネットワーク品質計測、電波伝搬シミュレーションを実施します。一般的に1週間はかかる調査を数日に短縮化して対応します。
以下、順次提供開始予定のサービス
機器設置コンサルティング サイトサーベイの結果を基にした、適切な周波数帯や基地局設置場所を提案します。また、ローカル5GやWi-Fi 6、sXGP方式など、環境やコストに合わせ多様な通信方式を提案します。
無線ネットワークの設計・構築 機器設置コンサルティングの結果を踏まえて、ローカル5GやWi-Fi 6、sXGP方式などの無線ネットワークシステムを設計・構築します。
無線ネットワークの運用・管理 基地局の稼働管理の他、SIMの運用管理など管理者のニーズに応えます。
5G活用ソリューション 5G/ローカル5Gのネットワークを生かした高付加価値サービスを提供します。

日立グループにおける5Gの取り組みについて

日立グループは、長年、蓄積してきたOT*2のノウハウと、AIなどの先端のデジタル技術を活用し、お客さまのデジタルイノベーションを加速するLumadaソリューションを展開しています。
今後も、Lumada×5Gによって、OTとIT融合のさらなる進化とソリューションの高付加価値化を図り、グループの総力を結集してさまざまな社会課題の解決に貢献していきます。

*2
OT(Operational Technology)

ローカル5GアセスメントサービスのWebサイト

Hitachi Social Innovation Forum 2020 TOKYO ONLINEでの紹介について

    日立が本年11月4日(水)~6日(金)に開催する「Hitachi Social Innovation Forum 2020 TOKYO ONLINE」において、「Lumada×5Gで描く新しい社会(SE02-02)」、「社会や企業のDX推進を支える5Gの取り組み(OV41-06)」など、日立グループの5Gソリューションに関するセミナーやオンデマンドムービーをご覧いただけます。

  • 詳細は https://hsiftokyo.hitachi/をご覧ください。

日立システムズについて

株式会社日立システムズは、幅広い規模・業種システムの構築と、データセンター、ネットワークやセキュリティの運用・監視センター、コンタクトセンター、全国約300か所のサービス拠点などの多彩なサービスインフラを生かしたシステム運用・監視・保守が強みのITサービス企業です。多彩な「人財」と先進の情報技術を組み合わせた独自のサービスによってお客さまのデジタライゼーションに貢献し、新たな価値創造に共に取り組み、お客さまからすべてを任せていただけるグローバルサービスカンパニーをめざします。

お客さまからのお問い合わせ先

株式会社日立システムズ お問い合わせWebフォーム

以上

*
記載の会社名、製品名はそれぞれの会社の商標または登録商標です。
Adobe Readerのダウンロード
PDF形式のファイルをご覧になるには、Adobe Systems Incorporated (アドビシステムズ社)のAdobe Readerが必要です。

日立システムズは、システムのコンサルティングから構築、導入、運用、そして保守まで、ITライフサイクルの全領域をカバーした真のワンストップサービスを提供します。