ページの本文へ

Hitachi

株式会社 日立システムズ

ローカル5Gアセスメントサービス

ローカル5Gの活用でDX推進!ローカル5Gの活用でビジネス変革をおこします。

株式会社日立製作所(以下、日立製作所)と開発した技術を使って、ローカル5Gの導入に必要なアセスメントを行います。

このようなお悩みを抱えていませんか?

業務改革としてローカル5Gの導入を検討しているがシミュレーション不足で機材の過剰投資にならないか心配、Wi-Fiと違い調査するのにも免許が必要になり、計画が進まない、周波数毎の特性や基地局設置のノウハウがない、ローカル5Gがどのような場面で使われているか知りたい

日立製作所の研究所と開発した調査技術を使って免許不要の電波を用いて実電波と同等の高精度な計測を実現!ローカル5Gの導入を力強くサポートします!

ローカル5Gアセスメントサービスとは

ローカル5Gの導入にあたり、導入予定の環境を事前確認し、適切な基地局配置や無線通信システムの設計・構築を支援するサービスです。
無線局免許の取得前に、免許不要の電波を使い、数日程度で電波計測結果が得られます。
適切な基地局配置や無線通信システムの設計で過剰な設備投資や、導入後の不安定な挙動を防止につながります。
基地局設置後に想定していた通信エリアの確認や、レイアウト変更による品質に変化のトラブルシュート、sXGP方式やWi-Fiの導入調査も可能!複雑な環境要件の場合、3Dシミュレーションも提供できます!

精度の高さの秘密は・・点の調査から、線の調査へ進化!詳しくはこちら

ユースケースをご紹介

ケース1 :工場のDX化推進

精度の高い調査技術

日立製作所の研究所と開発した調査技術を採用

  • 屋内で高精度に自己位置を推定し、連続的に無線エリア測定を行う技術により、短期間で高品質な調査を実現します(屋内位置連動無線性能測定技術(特許出願中))

概要イメージ図

本サービスによる測定方法と測定結果のイメージ

従来の調査手法(ポイントでの調査)

従来の無線強度測定結果

従来の無線強度測定結果イメージ

  • 測定点に限りがある
  • 各点の間は計算によって補完するため、実際の状況と異なる可能性がある
本サービスの調査手法(線での調査)

本サービスの無線強度測定結果

本サービスの無線強度測定結果イメージ

  • 台車移動ライン上で測定を継続。ポイントでの測定よりも精度が高い
  • 移動が容易で、ポイントでの測定よりも短時間で実施可能

※サービス検証事例での効果(ポイントの調査と線の調査の当社比)

  • 測定量は従来手法の約7倍
  • 測定時間は従来手法の約1/3

ダウンロード資料

「ローカル5Gアセスメントサービス」のご紹介資料をご用意しております。

ローカル5Gアセスメントサービス リーフレット

ローカル5Gアセスメントサービス ホワイトペーパー
「Society 5.0実現へ加速する5G デジタル変革の切り札「ローカル5G」の可能性と課題 」 

Society 5.0 を支える中核インフラとして期待されている5Gに関して、ローカル5G のワンストップソリューションを提供する日立システムズ、通信デバイスとプラットフォームを展開するエイビット、そしてセキュリティベンダーのUbiq Security Japanが可能性と課題を発掘します。

ご紹介資料のダウンロードは以下のボタンよりお申し込みください。

ダウンロードはこちらから

価格

個別にお見積もりいたします。お気軽にお問い合わせください。

  • ※記載の会社名および商品名は、各社の登録商標または商標です。
  • セキュア映像通信サービス
  • ダウンロード資料
  • 5Gの取り組みを紹介しているコンセプトサイトはこちら

詳しく知りたい方はこちら

日立システムズは、システムのコンサルティングから構築、導入、運用、そして保守まで、ITライフサイクルの全領域をカバーした真のワンストップサービスを提供します。