ページの本文へ

Hitachi

株式会社 日立システムズ

日立システムズが提供する「マルチクラウド運用サービス」の対象に「Oracle Cloud」を追加

マルチクラウド環境の導入、運用をサポートすることで企業担当者の負担を軽減

このニュースリリースに記載されている情報(価格、仕様、サービスの内容、発売日、お問い合わせ先、URLなど)は、発表時点のものです。最新の情報につきましては、こちらのお問い合わせ先にご確認ください。

2019年8月7日
株式会社日立システムズ

株式会社日立システムズ(代表取締役 取締役社長:北野 昌宏、本社:東京都品川区/以下、日立システムズ)は、既存サービスである「マルチクラウド運用サービス」の対象に、日本オラクル株式会社(以下、日本オラクル)が提供する「Oracle Cloud」を追加します。
日立システムズが、「Oracle Cloud」を含むマルチクラウド環境の構築から、構築後の監視・運用までをワンストップで対応することで、企業はマルチクラウド環境の導入を容易に実現でき、導入後は煩雑な運用から解放され、担当者の管理負担が軽減されます。

近年の「所有」から「利用」というIT環境の変化や経営のスピード化、働き方の多様化などに伴い、企業では業務効率化やコスト削減、システムの柔軟性や事業継続性の確保を目的に各種クラウドサービスの導入が進んでいます。さらに、業務内容やデータの重要度に応じて、異なるクラウド事業者のパブリッククラウドなどを組み合わせて利用し、セキュリティ確保とコスト削減を実現するマルチクラウドのニーズが高まっています。
マルチクラウド環境においては、お客さまごとに異なる複雑化したITシステム環境の一元管理や高品質な運用方法の確立などが必要になります。特に基幹システムへの採用率が高い「Oracle Database」をマルチクラウド環境下で使用する場合は、マルチクラウドを前提とした事前検証やデータベース環境の構築、さらにはコスト面、品質面を考慮した安定稼働を実現する運用設計が求められます。

こうした背景の下、日立システムズは、既存サービスである「マルチクラウド運用サービス」に、「Oracle Cloud」の導入・運用を支援する「Oracle Cloud 導入・運用サービス」を追加します。

「Oracle Cloud 導入・運用サービス」は、「Oracle Database」と親和性が高い「Oracle Cloud」を活用したクラウド環境を構築する際に必要となる事前検証やデータベース環境の構築、バックアップ取得などの業務から、構築後の環境における運用の妥当性や稼働状態の確認、データベース環境の管理・運用監視まで、日立システムズのOracle Databaseコンサルタントがワンストップで対応するサービスです。
本サービスを、既存の「マルチクラウド運用サービス」と組み合わせることで、「Oracle Cloud」を含めた煩雑なマルチクラウド環境下でも、ITシステム環境を一元的に管理し、システム障害対応やシステムオペレーション、稼働レポートサービスなどの運用・監視を24時間365日体制で行うことで、シームレスで安全かつ高品質な運用を提供します。
また、パブリッククラウドのインターコネクション(相互接続)に強みを持つエクイニクス・ジャパン株式会社(以下、エクイニクス・ジャパン)のデータセンターおよびインターコネクションサービスを活用することで、複数のメジャークラウドサービスに閉域網(*1)での接続を可能としました。

*1
閉域網:インターネットなどに直接接続されていないネットワーク

これらにより、企業は「Oracle Cloud」を含むマルチクラウド環境の導入、導入後の煩雑な運用から解放され、担当者の管理負担が軽減されます。また、業務内容や通信状況に応じてネットワーク構成のスピーディーな追加・変更、各環境の切り替えなど、プロアクティブに環境を変更することにより、企業のコスト低減や事業継続を支援します。

日立システムズは、日本オラクルとの連携を一層深め、「Oracle Cloud」の導入を検討中のお客さまに向けて「Oracle Cloud 導入・運用サービス」を拡販し、2021年度末までに累計240社への提供をめざします。
また、今後、「Exadata Cloud at Customer」を活用することで、「Oracle Cloud」をプライベートクラウドとしての利用を可能とするサービスの提供も予定しています。

なお、今回の「Oracle Cloud 導入・運用サービス」の販売開始にあたり、日本オラクルとエクイニクス・ジャパンから以下のコメントをいただいています。

日本オラクル株式会社は、株式会社日立システムズのこのたびの「Oracle Cloud 導入・運用サービス」の販売開始を歓迎いたします。
日立システムズとはこれまで「Oracle Database」を核とした基幹システムの導入、運用、保守を全国のお客さまに提供してまいりました。
今回販売を開始されるサービスは、日立システムズが有するエンタープライズにおける卓越した技術力とセキュリティ・ネットワークに関する高度な知見・設備・サービスをもって、「Oracle Cloud」をご利用の全国のお客さまに、よりセキュアで高信頼・高品質なマルチクラウド環境の提供を実現するものと確信しています。

日本オラクル株式会社 執行役 副社長 アライアンス統括 石積 尚幸

エクイニクス・ジャパンは、日立システムズがこのたび提供開始する「Oracle Cloud導入・運用サービス」によるサポートサービスの拡充を心より歓迎いたします。エクイニクスのデータセンターおよびインターコネクションサービスを活用することで、エンドユーザー様は日本をはじめ世界中のOracle Cloud Infrastructure拠点へのセキュアでダイレクトなプライベート接続が可能になり、パフォーマンスの向上と優れたユーザーエクスペリエンスを体感いただけます。エクイニクスは今後も、日立システムズと共に、日本企業のハイブリッドならびにマルチクラウドへの移行およびそれに伴う課題の解決、そしてデジタルトランスフォーメーションのさらなる推進に貢献してまいります。

エクイニクス・ジャパン株式会社 代表取締役 古田 敬

「マルチクラウド運用サービス」について

「マルチクラウド運用サービス」は、お客さまのITシステム環境(パブリッククラウド、プライベートクラウド、お客さま拠点など)に合わせて、リモート接続方式やサービス提供方式などを検討し、堅ろうなデータセンター内の監視センターから、24時間365日体制で運用オペレーションを提供します。ITシステム環境に関わらず高品質な運用を提供することで、お客さまのITシステム環境の一元管理、安定稼働を実現します。

「Oracle Cloud導入・運用サービス」の機能一覧について

「Oracle Cloud導入・運用サービス」の機能一覧について
No 工程 サービス名 概要 費用
1 導入時 ライセンスチェック&
アセスメントサービス
購入済みのライセンスに関して棚卸しを行い、クラウド環境に移行する場合の最適なパスを診断 個別見積
※回線費用は含みません。
別途ご契約いただく必要があります。
2 PoCサービス 「Oracle Cloud」導入に向けた検証
3 環境構築サービス 「Oracle Cloud」上にデータベース環境を構築
4 移行サービス オンプレミス環境から「Oracle Cloud」への移行
※業務停止時間を最小限に抑えつつ安全にデータを移行
5 バックアップ・DRサイト構築サービス オンプレミス環境に対するバックアップサイト・DRサイト環境の構築
6 運用時 安定稼働診断サービス ・環境の設計・運用の妥当性について確認
・稼働状態を確認し、性能劣化等の可能性を確認
・システムの障害抑止に活用できる予防保守情報を提供
7 運用監視サービス 「Oracle Cloud」上のデータベース環境監視
※監視だけでなく、トラブル対応もリモートで実施
8 DB管理サービス 「Oracle Cloud」上のデータベース環境に対する作業代行
9 サポートサービス 日立システムズのノウハウを活用したサポートサービスを提供

日立システムズについて

株式会社日立システムズは、幅広い規模・業種システムの構築と、データセンター、ネットワークやセキュリティの運用・監視センター、コンタクトセンター、全国約300か所のサービス拠点などの多彩なサービスインフラを生かしたシステム運用・監視・保守が強みのITサービス企業です。多彩な「人財」と先進の情報技術を組み合わせた独自のサービスによってお客さまのデジタライゼーションに貢献し、新たな価値創造に共に取り組み、お客さまからすべてを任せていただけるグローバルサービスカンパニーをめざします。

お客さまからのお問い合わせ先

株式会社日立システムズ
商品お問い合わせ窓口:TEL 0120-346-401(受付時間:9時~17時/土・日・祝日は除く)

報道機関からのお問い合わせ先

株式会社日立システムズ サステナビリティ・リスクマネジメント本部
コーポレート・コミュニケーション部 広報担当 城戸崎、藤原
〒141-8672 東京都品川区大崎一丁目2番1号
TEL:03-5435-5002(直通)
E-mail:press.we@ml.hitachi-systems.com

以上

*
OracleとJavaは、Oracle Corporation及びその子会社、関連会社の米国及びその他の国における登録商標です。
*
記載の会社名、製品名はそれぞれの会社の商標または登録商標です。
Adobe Readerのダウンロード
PDF形式のファイルをご覧になるには、Adobe Systems Incorporated (アドビシステムズ社)のAdobe Readerが必要です。

日立システムズは、システムのコンサルティングから構築、導入、運用、そして保守まで、ITライフサイクルの全領域をカバーした真のワンストップサービスを提供します。