ページの本文へ

Hitachi

株式会社 日立システムズ

Windows 10への移行やセキュリティ対策などの運用を支援するサービスを体系化

SOCから運用・監視を行う「Windows 10向けセキュリティ運用サービス」を新たに販売開始

このニュースリリースに記載されている情報(価格、仕様、サービスの内容、発売日、お問い合わせ先、URLなど)は、発表時点のものです。最新の情報につきましては、こちらのお問い合わせ先にご確認ください。

2019年4月10日
株式会社日立システムズ

株式会社日立システムズ(代表取締役 取締役社長:北野 昌宏、本社:東京都品川区/以下、日立システムズ)は、米国Microsoft CorporationによるWindows 7の製品サポート終了に伴いWindows 10へのPC環境の移行や刷新を行う企業を支援するため、移行計画の策定、初期導入作業、セキュリティ対策などの運用を支援するサービスを体系化しました。
また新たに、Windows 10のセキュリティ機能と、日立システムズのセキュリティオペレーションセンター(SOC)を活用した「Windows 10向けセキュリティ運用サービス」を本日から販売開始します。
日立システムズは、これらのサービスと、多くの企業のPC移行や運用を支援してきた実績・ノウハウを生かし、セキュアで管理がしやすく、お客さまの働き方改革を後押しするPC環境の実現を支援します。

2020年1月14日に米国Microsoft CorporationによるWindows 7の製品サポートが終了する予定です。それに伴い、企業などではクライアントOSのWindows 10への移行が進んでいます。Windows 10は、セキュリティを中心とした機能の拡充が図られているほか、WaaS(Windows as a Service)というコンセプトに基づき、機能の改善や追加を行うための大容量更新プログラムを定期的にインストールすることが必要になるなど、運用面に変更があります。これらの変更に伴い、既存プログラムの動作検証に加え、更新プログラム適用時のネットワーク環境の検証、セキュリティ対策など、移行だけでなく移行後の運用体制やインフラの整備が求められています。

こうした背景を踏まえ、日立システムズはWindows 10への移行や運用を支援するサービスを体系化するとともに、「Windows 10向けセキュリティ運用サービス」を新たに販売開始します。
日立システムズは、今回、お客さまの課題や状況に合わせて本サービスを活用し、Windows10へPCを移行する際の計画策定から初期導入作業に加え、移行後に必要となる更新プログラムの配布やそれに伴うネットワークの見直し、セキュリティ対策、ヘルプデスクなどの運用サポートまでを幅広く支援します。
さらに、新たに提供を開始する「Windows 10向けセキュリティ運用サービス」は、PCの異常行動を検知する「Windows Defender ATP*1」のアラート(警報)を日立システムズのSOCから監視し、万一異常を検知した場合には、不審プロセスの停止やネットワークの隔離などを行うサービスです。Windows 10の優れたセキュリティ機能を最大限活用し、日立システムズがこれまで提供してきたセキュリティ運用・監視サービスと組み合わせることで、お客さまに負担をかけずにセキュリティリスクの軽減を支援します。

*1
Windows Defender Advanced Threat Protection

また、日立システムズはWindows 7と同時期にサポートが終了するWindows Server 2008の移行も支援しています。例えば、日本マイクロソフト株式会社(以下、日本マイクロソフト)が提供するクラウドプラットフォーム「Microsoft Azure」への移行を支援するサービスや、期限までの移行が困難なシステムを保護するための仮想セキュリティパッチを提供するサービスなどをラインアップしており、クライアント環境とサーバー環境の移行をワンストップで支援することも可能です。
今後、日立システムズは、ITインフラを移行中の企業や、検討中の企業に向けて本サービスを積極的に拡販し、2021年度末までに累計100億円の売上をめざします。

なお、本サービスの開始にあたり、日本マイクロソフトから以下のコメントをいただいています。

日本マイクロソフトは、日立システムズによるWindowsの移行を支援するサービスの開始を心より歓迎いたします。
Windows 7のサポート終了まで1年を切った今、企業ではデジタルトランスフォーメーションが大きな課題となっています。日立システムズが、これまで多くの企業においてITインフラの最適化を支援した実績を基に体系化したサービスを提供することで、各企業のニーズにあったデジタルトランスフォーメーションが推進できるものと確信しております。日本マイクロソフトは引き続き日立システムズと連携し、企業のお客さまのデジタルトランスフォーメーションを推進してまいります。

日本マイクロソフト株式会社
執行役員 パートナー事業本部
パートナービジネス統括本部長
金古 毅

今回、体系化されたWindows 10関連の各種サービス

体系化されたWindows 10関連の各種サービス
サービス区分 サービス名称 サービス概要
Windows 10向け
移行計画サービス
移行計画策定 Windows 10導入による影響を、ワークショップを通してお客さまに理解いただき検討・課題を整理し移行計画の策定を行います。(アプリケーション移行は対象外となります。)
Windows 10向け
初期導入サービス
クライアント設計 Windows 10に必要な機器の性能、構成、導入後の運用に必要なクライアント環境を設計します。
更新プログラム
配布環境導入
更新プログラムの配布に必要なWSUS(*2)・SCCM(*3)の導入環境設計・構築を行います。
VDI(*4)導入 Windows 10移行に関してVDI化による移行サービスを提供します。
PCキッティング 既存PCのWindows 10へアップグレードするためのマスタ作成、アップグレードの作業を代行します。
Windows 10向け
運用サービス
PC運用管理サービス ソフトウェア情報の管理とライセンス監視を実施。更新プログラムの配布前の検証と評価。検証後の更新プログラムの配布と管理を実施します。
マルチクラウド
運用サービス
Windows 10導入時にOffice365などのクラウド利用に伴う監視・運用をサポートします。
仮想ネットワーク提供 Office365などのクラウド導入後、性能やセキュリティ等の課題に対して、適切なネットワーク構築を支援します。
Windows 10
ヘルプデスクサービス
Windows 10全般に対する問い合わせに受付・回答し、管理者の負担を軽減します。
【新規提供】
Windows 10向けセキュリティ運用サービス
Windows 10のDefender ATPにより既知の脅威や未知の攻撃に対しての感染後の検知、対応策、利用者からの問い合わせ対応などセキュリティの運用をサポートします。
*2
WSUS:Windows Server Update Services
*3
SCCM:System Center Configuration Manager
*4
VDI:Virtual Desktop Infrastructure

価格(税抜)

個別見積もり

Windows 10への移行や運用を支援するサービスに関するWebサイト

「Windows 10向けセキュリティ運用サービス」のWebサイト

日立システムズについて

株式会社日立システムズは、幅広い規模・業種システムの構築と、データセンター、ネットワークやセキュリティの運用・監視センター、コンタクトセンター、全国約300か所のサービス拠点などの多彩なサービスインフラを生かしたシステム運用・監視・保守が強みのITサービス企業です。多彩な「人財」と先進の情報技術を組み合わせた独自のサービスによってお客さまのデジタライゼーションに貢献し、新たな価値創造に共に取り組み、お客さまからすべてを任せていただけるグローバルサービスカンパニーをめざします。

お客さまからのお問い合わせ先

株式会社日立システムズ
商品お問い合わせ窓口:TEL 0120-346-401(受付時間:9時~17時/土・日・祝日は除く)

報道機関のお問い合わせ先

株式会社日立システムズ サステナビリティ・リスクマネジメント本部
コーポレート・コミュニケーション部 広報担当 城戸崎、藤原
〒141-8672 東京都品川区大崎一丁目2番1号
TEL:03-5435-5002(直通)
E-mail:press.we@ml.hitachi-systems.com

以上

*
*Microsoft、Azure、Office 365、Windows Serverは、米国 Microsoft Corporationの米国およびその他の国における登録商標または商標です。
*
記載の会社名、製品名はそれぞれの会社の商標または登録商標です。
Adobe Readerのダウンロード
PDF形式のファイルをご覧になるには、Adobe Systems Incorporated (アドビシステムズ社)のAdobe Readerが必要です。

日立システムズは、システムのコンサルティングから構築、導入、運用、そして保守まで、ITライフサイクルの全領域をカバーした真のワンストップサービスを提供します。