ページの本文へ

Hitachi

株式会社 日立システムズ

このニュースリリースに記載されている情報(価格、仕様、サービスの内容、発売日、お問い合わせ先、URLなど)は、発表時点のものです。最新の情報につきましては、こちらのお問い合わせ先にご確認ください。

2018年11月19日
三井住友カード株式会社
株式会社日立システムズ

株式会社日立システムズ(代表取締役 取締役社長:北野 昌宏、本社:東京都品川区/以下、日立システムズ)は、国内外出張手配から旅費・経費精算までを一つのシステムで管理できる総合経費管理システム「Traveler’sWAN(トラベラーズワン)」と三井住友カード株式会社(代表取締役社長:大西 幸彦、本社:東京都港区/以下、三井住友カード)が提供する法人カード「三井住友コーポレートカード」との自動連携を本年12月より開始します。
具体的には、日立システムズの「Traveler’sWAN」と三井住友カードの「三井住友コーポレートカード」を導入した企業は、従業員が出張時などに法人カードで手配したチケットやその他の経費発生時に使用した法人カードの実績データを、自動的に「Traveler’sWAN」に取り込むことが可能となります。これにより、申請や承認時の手作業が削減され、業務効率化が図れるだけでなく、コーポレート・ガバナンスの強化を実現します。

近年、企業の経理管理業務では、業務効率化とコンプライアンス順守が課題となっており、交通系ICカードや法人カードとの連携による実績データ取り込みや入力支援、自動計算などの各種機能を実装した経費精算システムが求められています。また、日当精算といった日本市場特有の精算文化に対応しつつ、不正申請の温床になりやすい従業員による立替精算処理をシステム化するニーズが高まっています。

こうしたニーズを踏まえ、日立システムズは、「Traveler’sWAN」と「三井住友コーポレートカード」との自動連携を本年12月から開始します。

日立システムズは、「Traveler’sWAN」を国内企業のお客さまを中心に20年以上にわたり提供しており、これまで約740 社91万人*1のさまざまな規模、業種のお客さまに幅広く導入しています。チケットのオンライン手配や経路検索、法人カードサービス、交通系ICカード、BPOサービスなど、さまざまなサービスとの連携により、企業の旅費・経費精算業務の効率化、コスト削減、コンプライアンス順守などを支援可能なほか、日本企業特有の精算文化や、規程・ルールにも柔軟に対応しています。
一方、三井住友カードは、企業の経費決済や出張等の企業活動をサポートする法人カード「三井住友コーポレートカード」を幅広い業種・規模の企業向けに提供しており、仮払いの削減や現金出納事務、煩雑な精算業務の合理化を支援しています。「三井住友コーポレートカード」は、航空券チケットレス発券サービスや経費精算システムへのカード利用データ連携、管理しやすいマンスリー残高管理方式*2など、充実したサービスを用意しています。

今回、日立システムズの「Traveler’sWAN」と三井住友カードが提供する「三井住友コーポレートカード」を連携することで、法人カードを使用して精算した実績データが自動的に「Traveler’sWAN」に取り込まれます。これにより、申請者は精算の手間が省けるほか、立替精算処理がなくなり、企業は従業員による不正な申請を防ぐことが可能になります。
さらに、日立システムズが提供するBPOサービスを組み合わせることで、伝票チェックなどの単純作業をアウトソースすることが可能です。これにより、導入企業は経理業務を効率化し、貴重な人材をより重要度・優先度の高い業務へ配置することができます。

今後、三井住友カードと日立システムズは、今回の協業を機に、さらなる業務効率化を支援するサービスの開発にも両社で取り組んでいく予定です。

*1
2018年3月末時点、ファミリー製品を含む。
*2
締日の翌日にカード利用残高がクリアされる方式。

総合経費管理システム「Traveler’sWAN(トラベラーズワン)」のサービス概要図

総合経費管理システム「Traveler’sWAN(トラベラーズワン)」のサービス概要図

価格(税抜)

オンプレミス版
個別見積もり
プライベートクラウド版
個別見積もり
SaaS版
初期費用:400,000円~
月額費用:400円/人~
SaaS版のライセンスは50人単位での契約となります。

法人カード「三井住友コーポレートカード」について

総合経費管理システム「Traveler’sWAN」について

三井住友カードについて

三井住友カード株式会社は、1967年の発足以来、日本におけるVisaのパイオニアとして、またキャッシュレス化を先導する総合決済事業者として、約半世紀にわたり日本のクレジットカード業界を牽引しています。国内外のFinTech企業との提携をはじめ、インバウンド消費や地方創生を促進する最新の加盟店ソリューションの提供、世界中で使えるプリペイドカードの発行など、多様化する顧客ニーズに対応した商品開発と、時代の変化に応じた新たなビジネスモデルの構築を積極的に推進しています。

日立システムズについて

株式会社日立システムズは、幅広い規模・業種システムの構築と、データセンター、ネットワークやセキュリティの運用・監視センター、コンタクトセンター、全国約300か所のサービス拠点などの多彩なサービスインフラを生かしたシステム運用・監視・保守が強みのITサービス企業です。多彩な「人財」と先進の情報技術を組み合わせた独自のサービスによってお客さまのデジタライゼーションに貢献し、新たな価値創造に共に取り組み、お客さまからすべてを任せていただけるグローバルサービスカンパニーをめざします。

報道機関からのお問い合わせ先

株式会社日立システムズ
CSR本部 コーポレート・コミュニケーション部 杉山、藤原
〒141-8672 東京都品川区大崎一丁目2番1号
TEL:03-5435-5002(直通)
E-mail:press.we@ml.hitachi-systems.com

Traveler’sWAN(トラベラーズワン)に関するお問い合わせ先

株式会社日立システムズ
商品お問い合わせ窓口:TEL 0120-346-401(受付時間:9時~17時/土・日・祝日は除く)

以上

*
記載の会社名、製品名はそれぞれの会社の商標または登録商標です。
Adobe Readerのダウンロード
PDF形式のファイルをご覧になるには、Adobe Systems Incorporated (アドビシステムズ社)のAdobe Readerが必要です。

日立システムズは、システムのコンサルティングから構築、導入、運用、そして保守まで、ITライフサイクルの全領域をカバーした真のワンストップサービスを提供します。