ページの本文へ

Hitachi

株式会社 日立システムズ

日立システムズが文化体育クラブの一つとしてeスポーツ部を新設

eスポーツを通じて世代や組織を超えた交流を活性化

このニュースリリースに記載されている情報(価格、仕様、サービスの内容、発売日、お問い合わせ先、URLなど)は、発表時点のものです。最新の情報につきましては、こちらのお問い合わせ先にご確認ください。

2018年10月19日
株式会社日立システムズ

株式会社日立システムズ(代表取締役 取締役社長:北野 昌宏、本社:東京都品川区/以下、日立システムズ)は、企業活力向上施策「SMILE Work∞Life Action」の一環として、eスポーツを通じて世代や組織を超えた交流の活性化を図るため、文化体育クラブの一つとして、eスポーツ部を新設しました。

当面の活動方針としては、2019年10月に茨城で開催される予定の「全国都道府県対抗eスポーツ選手権 2019 IBARAKI」への出場を目標に掲げ、株式会社コナミデジタルエンタテイメントのサッカーゲームである「ウイニングイレブン2019」を中心に、勤務時間後の会議室における練習会に加え、日立グループの企業や取引先チームとの交流戦、社内から精鋭を集めて開催する社内大会などに取り組んでいく予定です。

今後日立システムズは、eスポーツの活動を通じて世代や組織を超えたコミュニケーションの活性化を図るとともに、従業員から優れたeスポーツ選手を輩出することを通じて、チャレンジングな企業風土を醸成し、デジタライゼーション事業の拡大、さらには経営ビジョンの実現へとつなげてまいります。

なお、eスポーツ部の活動の様子は、日立システムズ公式Facebookなどでも随時お知らせしていく予定です。ぜひご覧ください。

「全国都道府県対抗eスポーツ選手権 2019 IBARAKI」について

ウイニングイレブン2019公式Webサイト

企業活力向上施策「SMILE Work∞Life Action」について

日立システムズでは、「働き方改革」「健康経営」「ダイバーシティ」の推進とコミュニケーションのさらなる促進により、柔軟な働き方を拡大し、企業活力向上や生産性向上を実現することによって、多様な人財が多様な価値観を持っていきいきと活躍し、大きな成果を挙げることができる環境づくりに取り組んでいます。

日立システムズについて

株式会社日立システムズは、幅広い規模・業種システムの構築と、データセンター、ネットワークやセキュリティの運用・監視センター、コンタクトセンター、全国約300か所のサービス拠点などの多彩なサービスインフラを生かしたシステム運用・監視・保守が強みのITサービス企業です。多彩な「人財」と先進の情報技術を組み合わせた独自のサービスによってお客さまのデジタライゼーションに貢献し、新たな価値創造に共に取り組み、お客さまからすべてを任せていただけるグローバルサービスカンパニーをめざします。

報道機関のお問い合わせ先

株式会社日立システムズ
CSR本部 コーポレート・コミュニケーション部 杉山、藤原
〒141-8672 東京都品川区大崎一丁目2番1号
TEL:03-5435-5002(直通)
E-mail:press.we@ml.hitachi-systems.com

以上

*
記載の会社名、製品名はそれぞれの会社の商標または登録商標です。
Adobe Readerのダウンロード
PDF形式のファイルをご覧になるには、Adobe Systems Incorporated (アドビシステムズ社)のAdobe Readerが必要です。

日立システムズは、システムのコンサルティングから構築、導入、運用、そして保守まで、ITライフサイクルの全領域をカバーした真のワンストップサービスを提供します。