ページの本文へ

Hitachi

日立システムズ 統合会計・人事/給与パッケージ SuperStream

経理部門の業務に役立つ資料をダウンロードできます。

改正電子帳簿保存法に対応、契約書や領収書の電子化で経理業務のペーパーレス化

経費精算の書類に領収書を糊付けして提出するようなアナログな管理や作業が多く行われる日本企業。特にさまざまな証憑書類を扱う経理部門では、こうした紙ベースの管理や煩わしい作業に頭を抱えている人は多いのではないでしょうか。

このような状況に大きな影響をもたらしたのが、2016年1月から運用が始まった改正電子帳簿保存法です。同年9月末からは、スマートフォンのカメラ機能やデジタルカメラを使って契約書や領収書などの証憑書類を電子化できるようになりました。

しかし、この法改正を業務の利便性につなげるためには、電子保存に対応した社内の仕組みやワークフローをシステムの面から変更する必要です。本ホワイトペーパーでは、証憑電子保存に関する法律の動きにいち早く注目し、経理部門の証憑管理の大幅な省力化を実現した製品の機能や導入メリットを紹介します。

【無料】全文ダウンロードはこちらから

【無料】全文ダウンロードはこちらから
上記「電子帳簿保存法」に関する資料をダウンロードできます。お申し込み返信メールにてダウンロードページをご案内します。

SuperStreamをご検討のお客さまはこちら

  • 資料請求・お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ(フリーダイヤル)0120-346-401 受付時間9時から17時(土・日・祝日は除く)

SuperStream-NX移行サービス

お役立ち資料ダウンロード

経理部門向けお役立ちコラム

2017年度「Product Award」受賞

IFRS(国際会計基準)について

日立システムズは、システムのコンサルティングから構築、導入、運用、そして保守まで、ITライフサイクルの全領域をカバーした真のワンストップサービスを提供します。