ページの本文へ

Hitachi

日立システムズ 福祉の森

顔認証で徘徊や失踪を未然に防止!

認知症患者の予期しない徘徊や、知的障がい者(児)の失踪を、顔認証システムで未然に防止します。

商品の特長

顔認証はIDタグ等の携帯は一切不要

施設内に設置した監視カメラで事前に撮影、あるいは写真データをシステム登録しておくことで、要介護者に精神的負担を与えることなく、自動・リアルタイムで顔の識別が可能です。

施設スタッフの業務に+αの信頼を

システムの目が常に利用者を見守ります。万が一介護スタッフがついていない時などに徘徊・失踪症状が発生した場合、施設の出入り口などに設置した監視カメラにより要介護者の顔を24時間検知でき、予期しない外出や徘徊を把握することができます。

施設内外どこにいても、スマホ・携帯にお知らせ

検知後はシステムの通知機能により、画面内の表示と、警告灯による検知アラート、ブザー音でお知らせします。担当スタッフの手が離せない時でも、他の介護スタッフにもお知らせが届きます。スタッフ同士の迅速な状況把握や、連携をスムーズにします。

顔認証システム 導入メリット

要介護者とそのご家族に

  • 徘徊や失踪による予期せぬ外出を防止し、事故・事件から要介護者を守ります
  • 要介護者の精神的・身体的な負担を軽減します

介護スタッフに

  • 介護者、施設スタッフの仕事の効率化を図ることで、要介護者へのサービス向上につなげます

顔認証システムを利用した施設内でのフロー

1.写真データを登録

事前に対象者を監視カメラで撮像し、データ登録をしておきます。監視カメラ以外にも、写真データなどからの入力も可能です。

2.徘徊症状や失踪が発生!

介護スタッフがついていないときなどに対象者の徘徊症状や失踪が発生!いつ症状がでるのかわからないので、予測が難しい!

3.監視カメラが検知

対象者が出入り口に移動することにより、設置してある監視カメラが要介護者を検知します。24時間いつでも検知ができます。

4.検知確認、お知らせ

設置してあるシステムが、検知を確認して発報!画面内の表示と、検知アラート(警告灯)、ブザーでお知らせします。

5.他の介護スタッフにも通知

担当介護スタッフの手が離せないときでも、システムの通知機能により、他の介護スタッフとの連携がスムーズに行えます。

6.迅速な対応

徘徊・失踪症状が発生した要介護者への迅速な対応が可能となるので、行方不明等の深刻な問題へ発展しないよう対策する事ができます。

*
本システムは失踪を完全に防止できるシステムではございません。失踪の恐れのある利用者を守る対策の製品であり、失踪による事故や損失の軽減を確約・効果保証は一切致しておりません。

日立システムズは、システムのコンサルティングから構築、導入、運用、そして保守まで、ITライフサイクルの全領域をカバーした真のワンストップサービスを提供します。