ページの本文へ

Hitachi

日立システムズ 日立 製造・流通業向け基幹業務ソリューション FutureStage

用語 個別原価計算
読み方 こべつげんかけいさん
分野 原価管理
個別原価計算とは、生産にかかった原価を受注ごとに集計する原価計算。
受注生産見込み生産ロット生産で、多品種少量の製品を生産する企業向けの計算方法である。
この個別原価計算を行う場合、製造指示書や作業指示書によって生産する形式になる。
受注ごとに原価を把握できるため、損得がすぐに分かるという利点があり、以後の原価見積の基礎資料にすることができる。
ただし、受注ごとに原価を把握するため、多くの時間と費用がかかるという欠点もある。

日立 製造・流通業向け基幹業務ソリューション FutureStageに関する資料請求・お問い合わせは・・・

  • 資料請求・お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ(フリーダイヤル)0120-346-401 受付時間9時から17時(土・日・祝日は除く)

日立システムズは、システムのコンサルティングから構築、導入、運用、そして保守まで、ITライフサイクルの全領域をカバーした真のワンストップサービスを提供します。