ページの本文へ

Hitachi

日立システムズ 日立 製造・流通業向け基幹業務ソリューション FutureStage

今回の機能強化では主に原価管理の機能を強化し、よりきめ細かで精度の高い原価計算をタイムリーに行えるようになりました。これにより、予定していた原価に対する差異分析の迅速化や原価低減・利益率向上に向けた事業計画の立案などを支援し、事業の収益力や競争力を強化します。

また、これまでの導入実績を生かし、FutureStageは製造業向けシリーズと卸売業向けシリーズを統合し、業種や業態を越えて高度なデータ連携が可能な製品へと進化しました。
販売、購買、在庫管理機能の強化に加え、新たに輸入管理機能を追加し、パッケージ価格は据え置きのままで、製造業のみならず卸売業のお客さまにもフル活用いただける統合業務パッケージとして提供します。

エンハンス機能(原価管理)

予実算・原価差異・賃率計算において、機能強化を実施します。製造業さまで必要な原価計算を盛り込み、よりきめ細かな原価計算が可能となります。 

総合原価計算機能

(1)予実算管理強化

①予算番号登録 予算原価のシミュレーションが可能となります。シミュレーション結果を選択し、生産管理機能の標準原価として適用します。
②原価計算用登録 生産管理マスタ一括取込・原価関連マスタ一括取込・品番情報・部品構成情報・工程情報(内外作比率)・部署マスタ・予定賃率・労務経費ならびに、品番別月別生産予定数の設定

(2)多段階配賦機能

①配賦パターン登録 発生費用の部門・科目別に各種多段階配賦のシミュレーションが可能となります。
②配賦計算用登録 配賦基準マスタ・配賦パターンマスタ(部門・工程/ライン・製品)・配賦処理(材料費、加工費、生産時間、生産数)設定

(3)標準原価差異分析機能

①製品別・作業番号別原価差異照会 予算・実際原価計算結果に対し、材料費・加工費・間接費差異を照会可能とします。
②製品別原価要素内訳別・
作業番号別原価要素内訳別・
製品別直接加工費科目内訳差異照会
各種差異を照会可能とします。
③月別原価差異・月別賃率推移照会 材料費・加工費・間接費や賃率との月別推移、予算との差異を照会可能とします。

原価管理機能のイメージ図

原価管理機能のイメージ図

その他のエンハンス機能

販売管理 ・見積・受注・出荷・売上・入金すべての業務において機能強化を実施します。
・卸売業さまの商習慣を取り込んで、より効率的な受注・出荷・売上業務が可能となります。
在庫管理 ・在庫移動・預り品・セット品・貸し出し品について多面的に機能強化を実施します。
・卸売業さまの商習慣を取り込んで、購入品と製品で在庫評価基準を変更できます。
購買管理 ・荷姿単位での取引が可能となるように機能強化を実施します。
・卸売業さまの商習慣を取り込んで、より効率的な発注・受入・仕入業務が可能となります。
輸入管理 ・新規リリース機能です。従来製品の機能を取り込んで実現します。
・為替管理、諸掛費用の配賦計算などにより効率的な輸入手配が可能となります。
会計連携 ・SuperStreamとのシームレスな仕訳連携を実施します。
・取引先マスタ・売上・入金・仕入・支払・在庫データ連携が可能となります。
管理機能 ・業務進捗管理機能強化を実施します。
・受注後の手配進捗確認(製造指示・発注・受入・出荷・売上)が可能となります。

日立 製造・流通業向け基幹業務ソリューション FutureStageに関する資料請求・お問い合わせは・・・

  • 資料請求・お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ(フリーダイヤル)0120-346-401 受付時間9時から17時(土・日・祝日は除く)

日立システムズは、システムのコンサルティングから構築、導入、運用、そして保守まで、ITライフサイクルの全領域をカバーした真のワンストップサービスを提供します。