ページの本文へ

Hitachi

株式会社 日立システムズ

オートビジネスサービス株式会社様

マルチクラウドソリューション

オートビジネスサービス株式会社様集合写真

基幹システムの「脱オンプレミス」をAmazon Web Servicesで実現
社内にクラウド技術者がいなくても、安心なクラウド利用が可能に

オートビジネスサービス株式会社様は、基幹システムのリプレイスにともない、システムの稼働基盤をオンプレミスからAmazon Web Servicesを利用したクラウド環境へと移行しました。社内には情報システム部門がなく、専任のクラウド技術者もいない状況でしたが、日立システムズのサポートを受けてスムーズな「脱オンプレミス」を実現しました。システム運用業務の負荷軽減や業務継続性の向上など、さまざまなメリットが得られています。

導入前の
課題1
事業継続性の向上に向け、既存システムをオンプレミスからクラウドに移行したい
導入後の
効果1
システムとクラウドに精通した技術者による入念な調査および作業で、既存システムのスムーズなクラウド移行を実現
導入前の
課題2
社内にクラウド技術者がいなくても運用できるようにしたい
導入後の
効果2
日立システムズがクラウド基盤の要件定義、設定、運用をトータルにサポート。技術者がいなくてもクラウドを安心して利用できる
導入前の
課題3
IT機器の調達や、システム関連業務を複数のITベンダーに依頼する体制を見直したい
導入後の
効果3
ITのライフサイクル全領域をカバーする日立システムズのワンストップサポートにより、外部協力会社の一本化が実現

導入の目的

運用負荷の軽減、事業継続性の向上に向けて基幹システムの「脱オンプレミス」を実現したい

オートビジネスサービス様が数十年前に構築した基幹システムは、システム稼働基盤がオンプレミスのため、さまざまな業務課題が発生していました。磁気テープによる手動での日次データバックアップのほか、自社サーバールームの温度管理、5年に1度のサーバーリプレイス作業など、担当者さまは煩雑なシステム管理業務に追われていました。大規模災害発生時には基幹システムが利用不可能になるリスクも高いことから、オンプレミス環境の見直しを含めた基幹システムのリプレイスが行われました。

選定のポイント

充実のサポートにより、社内にクラウド技術者がいなくても安心してAWSを導入できる

可用性、拡張性の高いシステムをめざし、システムの稼働基盤にはクラウドが採用されました。クラウドサービスには業界トップクラスの導入シェアを持ち、オートビジネスサービス様の企業グループも推奨するAmazon Web Services(以下AWS)が選定されました。
オートビジネスサービス様には情報システム部門がなく、現在もITやクラウドの専任担当者がいません。そこで日立システムズは、「システムを同時利用するのは何人か」「システムの可用性をどこまで求めるか」「データ連携したい外部システムはあるか」などのヒアリングを丁寧に行い、オートビジネスサービス様が求める要件をAWSの設定に反映しました。

導入の効果

基幹システムのクラウド移行がスムーズに実現オンプレミス時代の複数課題を一挙に解決!

システム基盤のクラウド化により、さまざまな業務改善が実現しています。自社サーバールームは撤去され、これまで手動で行っていた日次のデータバックアップ作業はAWSにより自動化されました。5年に1度のサーバーリプレイス対応や、オフィスビルの計画停電への対応も不要となり、担当者さまの日常業務負担が軽減しています。基幹システムへの社外からのアクセスも可能になり、以前には難しかったリモートワークも実現しています。
システムログに異常があると、AWSから自動で通知メールが送信されるため、不具合への迅速な対応も可能になりました。発生した事象は日立システムズとの週次定例会で共有され、今後の対応に生かされます。
周辺システムとのデータ連携も柔軟に行えるようになりました。オートビジネスサービス様はCRMツールとしてSalesforceを利用していますが、AWSを介することで基幹システムとSalesforceのデータ連携を自動化することができました。データ分析など新たな取り組みに向けた可能性も広がっています。
今回のシステムリプレイスでは、日立システムズの技術者が2カ月にわたりオートビジネスサービス様オフィスに常駐し、既存システムの調査やユーザーへのヒアリングを行いました。事前の課題洗い出しや要件定義を綿密に行ったことで、システムリプレイスは大きなトラブルもなく、無事に稼働を迎えることができました。新たなシステム稼働基盤をフルに活用することで、オートビジネスサービス様は今後ビジネスをさらに加速させていく計画です。

お客さまプロフィール

オートビジネスサービス株式会社ロゴ

オートビジネスサービス株式会社

設立
1985年7月15日
資本金
5,000万円
従業員数
77名(2022年4月時点)
代表者
代表取締役社長 久保寺 慶治
事業内容
リース契約の取りまとめ、メンテナンスなど社用車業務アウトソーシングサービスの提供
URL
https://www.abs-tokyo.co.jp/

社有車管理全般に関わる業務を受託する車両管理BPO(Business Process Outsourcing)業務のパイオニアとしてさまざまなサービスを提供しています。車両管理業務にお手間を感じている企業さまのお悩みを解決します。お客さまの目線に立ち、満足して頂くことを第一とし、的確なコンサルティングと高品質なカーソリューションを提供するABSへお気軽にご相談ください。

熱意あるサポートで、当社のクラウド化を推進してくれました

技術者の方が2カ月ほどオフィスに常駐をして、まるで自社の社員のようにプロジェクトを推進してくれました。AWSの要件定義では可用性、バックアップ、監視、災害対策など各項目を漏れなく丁寧にヒアリングをして、設定や運用体制の提案をしてくれました。技術用語も丁寧に解説をしてくれるので、クラウドの選任担当者がいない当社でも安心して作業をお任せすることができました。何かあれば数時間でかけつけてくれる熱意あるサポートにはいつも助けられました。本当に感謝しています。

担当より一言

AWSを活用したビジネス変革を、お客さまに寄り添いながら実現していきます

クラウド利用は一般化しつつありますが、クラウドに詳しい技術者を社内に確保できている企業さまはそれほど多くありません。私たちは、そのような企業さまにとって信頼のおけるクラウドパートナーでありたいと考えています。これからも積極的にAWSのビジネス活用をご提案していきます。

今回の取材にご協力いただいたお客さま

ご協力ありがとうございました。
*本内容は2022年6月時点の情報です。

本事例に記載の情報は初掲載時のものであり、閲覧される時点では変更されている可能性があることをご了承ください。

詳しく知りたい方はこちら

日立システムズは、システムのコンサルティングから構築、導入、運用、そして保守まで、ITライフサイクルの全領域をカバーした真のワンストップサービスを提供します。