ページの本文へ

Hitachi

日立システムズ

対話型自動応答AIサービス
CAIWAとは

「CAIWAエンジン」は、言語学と人工知能の知見を取り入れた自然言語処理技術によって開発された、
言葉(自然言語)の意味を理解し、最適な返答をするためのエンジンです。
「CAIWA」は、Communication Agent with Intelligent Word Analyzerの頭文字から命名されました。

対話型自動応答AIサービス CAIWA概要

「CAIWA」の仕組み

CAIWAは自然文の意味を解析する「意味認識エンジン」、会話状態を制御する「会話制御エンジン」(併せてCAIWAエンジン)、そして知識の元であるナレッジベース(知識のデータベース)から構成されています。
ユーザーからの入力文の意味を解釈し、ナレッジベース内を検索します。
そして入力に対してふさわしい回答文をユーザーに返し、会話を成立させる仕組みとなっています。

「CAIWA」の仕組み

特長

単純なキーワードマッチングで入力文と知識の比較を行っているのではなく、入力文全体の意味をとらえます。そして、入力に対する適切な回答を返すことを特長としています。
意味解析の処理には次のような判定が可能であり、ユーザーの入力の意図をとらえたり、入力で発生する言葉の”ゆらぎ”の吸収などを実現しています。

  • 主部、述部などの構文解析
  • 「~したい」が願望、「~したくない」が願望の否定を表わすなど、入力文の意図や肯定否定の判定
  • 意味ネットワーク辞書における、単語の関係性(同義や上下など)判定など。
    さまざまなアルゴリズムで文章全体の意味をとらえます。
  • 「お腹が空いた」は「空腹」と同じ意味だという、成句判定を行います。

対話型自動応答AIサービス
「CAIWA Service Viii」とは

「探す」から「聞く」へ。
AIがもたらす新しいコミュニケーションのカタチ

Viiiとは"Virtual interactive intelligent interface"の略称で、
Webサイト上で「問い合わせ対応」「ページ案内」「お客さまの声の収集」を行う、
AI会話エンジン「CAIWA(カイワ)」を搭載した対話型自動応答AIサービスです。

お客さまの規模や運用コスト、セキュリティポリシー等でサービス提供形態(SaaS型/オンプレミス型)を
ご選択いただくことが可能です。

「CAIWA Service Viii」を動画で紹介

CAIWAでは、お客さまのビジネスにお役立ていただけるよう、動画コンテンツを用意しています。ビジネスのヒントや情報収集に、ぜひご覧ください。

「CAIWA Service Viii」の導入メリット

カスタマーサポート業務(ヘルプデスク)の効率化

サイトユーザビリティの向上と
24時間365日対応による顧客満足度向上

チャット形式による顧客接点(チャネル)の増加

ユーザーインサイトの引き出し(顧客分析)

「CAIWA Service Viii」の機能

主な機能 内容
スタート時発話 最初にチャットボット画面を立ち上げた際に、挨拶・利用方法の説明・よくある質問の表示など自由に設定可能
回答内容振り分け 同じ質問でも、時間・曜日・再訪問などの条件によって回答内容を変えることが可能
関連WEBページ表示 回答の際に詳細な内容が載っているWEBページを開く
画像・動画表示 回答の際に画像や動画を表示
絞り込み・関連情報提示 曖昧な質問が来たときや回答できなかったときなど、聞き返しをしながら候補を出して絞り込みが可能。また質問に関連性の高い情報の提示も可能。
サジェスト(入力補助) 2文字入力するとその文字を含んでいる候補Qを表示。入力の手間を省きます。
無ヒット時発話 回答できない場合の発話を設定可能。メールフォームからの問い合わせに誘導したり、電話番号を表示したりが可能。
問題解決評価 回答が役に立ったかどうか利用者から評価してもらう機能。正答率分析が可能。

「CAIWA Service Viii」の仕様

対応デバイス PC、タブレット、スマートフォン
対応ブラウザ
(知識管理画面:CAIWA Robot Manager)
Internet Explorer 11.0以降、Edge(最新版)、Chrome(最新版)
対応ブラウザ
(チャットボット画面:標準UI)
Internet Explorer 8.0以降、Edge(最新版)、Chrome(最新版)、Firefox(最新版)、Safari(最新版)
対応サービス提供形態 SaaS型、オンプレミス型
利用プロトコル HTTPS

サポート体制

導入中は、知識の管理者向け教育だけでなく、お打合せの場で、知識準備方法、知識登録方法、
知識メンテナンス方法のノウハウを、ご提供させて頂きます。

導入後は、CAIWAに関する機能や操作方法、および知識メンテナンス(回答精度向上)方法に関して、
サポートが可能です。

「CAIWA Service Viii」の導入フロー

Step 1
独自のキャラクターやプロフィールなどシナリオを設定し、
ユーザーインターフェースの画面配置などを設計します。

Step 2
既存のFAQなどの情報を最適化し、知識データベースを作成します。

Step 3
独自用語や言い回しなど新しい知識を提供します。
(知識データベースチューニング)

Step 4
Webページに組み込み、公開します。

Step 5
定期的に自動応答結果や効果を測定し、新しい知識を提供します。
(知識データベースチューニング)

AIチャット検索
「CAIWA CoReDA」とは

更新頻度の高いビッグデータをAIが自動正規化。
チャット型での高精度な情報検索を実現!

データの自動正規化をおこなう「iDSA」という中間DBによって、商品データなど大量の更新頻度の高いデータをチャットボットの知識データとして利用します。
曖昧な言葉での検索および絞り込みの機能によって目的情報を容易に得ることが可能です。

*
正式リリースは2018年後半を予定しておりますが、ご興味がございましたらお問い合わせください。

「CAIWA CoReDA」の導入メリット

構築・メンテナンス工数削減

知識データにおけるキーワード登録、シナリオ構築、メンテナンスが不要。

短時間で的確な情報取得

曖昧な言葉での検索および絞り込みの機能によって目的情報を容易に得る事が可能。

CAIWAサービスご利用の
代表的な企業さま

トピックス

2018年11月01日
CAIWAをご利用いただいております新明和ソフトテクノロジ株式会社様のロゴマークを掲載しました。
2018年10月31日
CAIWAをご利用いただいております株式会社わかさ生活様のロゴマークを掲載しました。
2018年09月14日
2018年11月22日(木)に開催される「BestValueSolution2018 in NAGOYA」に出展します。
2018年09月13日
Webサイトをリニューアルしました。
2018年08月06日
2018年9月14日(金)に開催される「日立システムズ 第二回総務部門向けITフェア2018」に出展します。
*
「CAIWA Service Viii」と「CAIWA Service CoReDA」は株式会社イクシーズラボの提供商品です。
Top

日立システムズは、システムのコンサルティングから構築、導入、運用、そして保守まで、ITライフサイクルの全領域をカバーした真のワンストップサービスを提供します。