ページの本文へ

Hitachi

株式会社 日立システムズ

BIデータ活用・ダッシュボード
Dr.Sum EA/MotionBoard

豊富な表現力と直観的なインタフェースで「身近なBI」を実現。

BIデータ活用・ダッシュボード 「Dr.Sum EA/MotionBoard」は、多種多様なグラフ表現、地図上でのデータ見える化など豊富な表現力と、Webやエクセル上での直観的なデータ分析機能により様々なシーンでデータ活用できる「身近なBI」を実現します。

対象の企業/団体さま
対象の企業/団体さま
・報告資料、各種KPIなどを、「一目見て分かる」見える化を実現したいお客さま
・既存定型帳票フォーマットへの数値プロットを、BIツールを用いて実現したいお客さま
・Excelを利用してBIを実現したいお客さま
・携帯端末でBIを実現したいお客さま

概要・特長

国内シェアNo.1 洗練されたBIを体感下さい!

「Dr.SumEA/MotionBoard」は、ユーザの用途に応じて、Web、Excel上でのデータ分析からダッシュボードでの見える化まで実現可能なBIツールです。

データは多様なデータソースから直接、可視化ツールのMotionBoardへの連携が可能。さらに集計エンジンであるDr.SumEAを介在させることで、高速集計を実現します。

集計定義やダッシュボード定義の作成に関してデータキューブの生成不要。ノンプログラミングでBIソリューションを実現し、経営者、アナリスト、部門マネージャ、一般社員、様々な役割の方にご利用頂けます。

純国産ベンダならではの洗練されたBIを是非体感下さい!

導入効果

自由な切り口でのデータ分析機能、集計表/各種グラフ/地図表示などデータ特性に応じた豊富な見える化の機能により、「無作為なデータ」を「価値ある情報」として様々な利用者にご提供。今まで気付くことができなかったデータの傾向、本質を探ることが可能となります。

また、Excelとのインタフェースも確立されており、従来の帳票フォーマットへのレポーティングも可能。

「データを見やすいレポートにまとめること」(レポーティング)から「新たな気付きを得ること」(データディスカバリ)まで、有益にかつ戦略的にデータを活用することができます。

機能詳細

柔軟なライセンス体系

Dr.SumEA/MotionBoardではお客さまのご利用想定状況に沿って柔軟にライセンスを選択頂く事が可能です。
従来のオンプレミス想定のライセンス(サーバチャージ、CPU/コアチャージ、クライアントチャージ)に加えてクラウド型(AWS)のライセンスも選択可能です。

Excelインタフェース

Dr.SumEAにはExcelアドオンの機能があります。
従来の帳票フォーマット資源とのデータ連携、数値プロットも可能です。
MotionBoard Ver5からは新たにExcelシートのデータ取り込み、Excelシート側へのデータ反映も可能になりました。

携帯デバイスをサポート

Android 及び iOS 用のアプリも提供されている為、場所を選ばずデータ分析、可視化が実現できます。

インメモリ採用

新たにインメモリ方式を採用し従来よりも大量データ高速処理が可能になりました。
(MotionBoard Ver5からの新機能で、10億件データで数秒:ウイングアーク1st社の参考数値による)

地図データの標準搭載

新たに地図データが標準搭載され、エリアに起因した可視化ソリューションが可能となりました。
(MotionBoard Ver5からの新機能)

数値データとテキストデータのハイブリット分析

Dr.SUM EA TextOPAPでは数値データに加え、ソーシャルデータやログデータといった情報からのテキストデータ分析が可能です(事前にグルーピング設定が必要です)。

グローバルに観点を置いた地図ボードサンプル

ヒートマップを利用した地図ボードサンプル

人や物の移動(from-toのデータ)を見える化した地図ボードサンプル

仕様

Dr.Sum EA Server

サーバOS Microsoft Windows Server 2008,
Microsoft Windows Server 2008 x64 Edition,
Microsoft Windows Server 2008 R2,
Microsoft Windows Server 2008 R2 x64 Edition,
Microsoft Windows Server 2012,
Microsoft Windows Server 2012 x64 Edition,
Microsoft Windows Server 2012 R2,
Microsoft Windows Server 2012 R2 x64 Edition
CPU 64bit(x64)  2GHz以上
メモリ 最小4GB(8GB以上を推奨) 
HDD 800MB以上(実行モジュール格納領域)+内部データベースファイル領域
動作可能なJDK Java Development Kit 5.0(Update 12以上) 
Java Development Kit 6.0(Update 3以上) 
Java Development Kit 7.0(Update 7以上) 
動作可能な.NET Framework Microsoft  .NET Framework  2.0,
Microsoft  .NET Framework  3.0,
Microsoft  .NET Framework  3.5,
Microsoft  .NET Framework  4.0,
Microsoft  .NET Framework  4.5

Dr.Sum EA Datalizer Express for Excel

サーバOS Microsoft Windows XP,
Microsoft Windows 7,
Microsoft Windows 7 x64,
Microsoft Windows 8,
Microsoft Windows 8 x64
CPU 1GHz以上
メモリ 1GB(2GB以上を推奨)
HDD インストールには50MB以上の空き容量が必要
必要なソフトウェア1 Microsoft Office Standard Edition 2003,
Microsoft Office Professional Edition 2003,
Microsoft Excel 2007,
Microsoft Excel 2010
必要なソフトウェア2 Microsoft .NET Framework 2.0,
Microsoft .NET Framework 3.0,
Microsoft .NET Framework 3.5,
Microsoft Visual Studio 2005 Tools for Office Second Edition Runtime

MotionBoard Ver.5.0(サーバー環境)

サーバOS Microsoft Windows Server 2008 R2  SP1 x64 Edition,
Microsoft Windows Server 2008 R2  SP2 x64 Edition,x64 Edition,
Microsoft Windows Server 2012,
Microsoft Windows Server 2012 R2
CPU Intel Xeonプロセッサ1GHz以上
メモリ 16GB以上
HDD 1.5GB以上の空き容量(データ領域を除く)
その他のソフトウェア Adobe Flash Player 10.2以降

MotionBoard Ver.5.0(クライアント環境)

サーバOS Microsoft Windows 7,
Microsoft Windows 7 x64,
Microsoft Windows 8,
Microsoft Windows 8 x64
CPU 1GHz以上(推奨Intel Coreプロセッサ以上)
メモリ 1GB以上(推奨2GB以上)
Webブラウザー Microsoft Internet Explorer 7.0,
Microsoft Internet Explorer 8.0,
Microsoft Internet Explorer 9.0,
Microsoft Internet Explorer 10.0(32bit),
Microsoft Internet Explorer 11.0(32bit)
Mozilla Firefox 6以降(32bit)
Google Chrome
必要なソフトウェア1 Adobe Flash Player 10.2以降
Adobe Reader 10.0.0以降

MotionBoard Ver.5.0(+Mobileアプリケーション)

モバイルOS Android 2.3,
Android 3.1,
Android 3.2,
Android 3.2.1,
Android 4.0,
Android 4.1,
Android 4.4
iOS 4.3,
iOS 5.0,
iOS 5.1,
iOS 6.0,
iOS 7.0
メモリ 空き容量100MB以上(256MB以上を推奨)

価格・料金

お客様のご利用用途に沿ったライセンスおよび価格をご案内しております。
詳細お見積もりは当社まで、気軽にご質問・お問い合わせください。

導入フロー

ヒアリング
お客さまのご要望、ご要件をヒアリングし、分析及び見える化の対象領域、KPI、データの選定をお客様と共に推進いたします。
データ連携支援
分析及び見える化対象となるデータをDr.SumEA/MotionBoardへ連携させる為、必要に応じてインフラ面も含め配置を整備し、データの連携基盤を構築します。
環境構築
Dr.SumEA/MotionBoard及び関連製品のインストールと、各種環境パラメータ設定を行います。
導入開発
ヒアリング工程での内容、及び対象データの性質を考慮の上、Dr.SumEA/MotionBoardの分析インタフェース(ダッシュボード画面、集計画面、リスト定義)の実装及びテストを行います。
移行支援
必要に応じて、現行データを運用へ向けて分析インタフェースへのデータソースへ移行するための支援作業を行います。
運用支援
利用開始時の操作教育及び、利用開始後のお問い合わせに対応いたします。

実績

国内シェアNo.1(富士キメラ総研 ソフトウェアビジネス新市場2013年度BI ツール累計導入実績数)

詳しく知りたい方はこちら

日立システムズは、システムのコンサルティングから構築、導入、運用、そして保守まで、ITライフサイクルの全領域をカバーした真のワンストップサービスを提供します。