ページの本文へ

Hitachi

株式会社 日立システムズ

インメモリ型BIツール
QlikView

圧倒的なスピードで、人間の思考をサポートするBIプラットフォーム!

直観的な操作で分析レポートを作成するBIプラットフォームです。
高度な分析、きめ細やかな設定が可能な「QlikView」、ビジネスの現場にいるユーザー自身で簡単に分析を行い、情報共有を実現する「Qlik Sense Enterprise」など、ユーザーの利用形態に合わせた使い分けが可能です。

対象の企業/団体さま
・現場の業務担当者向けのBIツールを導入し、業務効率を改善したいお客さま
・従来のBIツールでは分析しにくいデータの切り口など、柔軟に対応したいお客さま

概要・特長

圧倒的なスピードで、人間の思考をサポートするBIプラットフォーム!

「QlikView」は、ユーザーが自由な切り口でデータの分析を行い、結果を即座に表示できるBIツールです。
従来のBIツールは、データの定点観測となる軸(データマート、データキューブ)を事前に構築する必要があり、修正にも時間がかかるため、現場の担当者などがふと思いついた時にデータ分析を実行するといった、柔軟な使い方ができませんでした。
QlikViewは、すべてのデータを対象に、何をどう分析するのか、ユーザーが思考するスピードに合わせてデータを収集、可視化することで、自由な発想に基づいた分析を実現します。

インメモリ型BIツール QlikView 概要

導入効果

ビジネスの課題解決を促し、次世代への競争力を生み出します!

ビジネスの現場におけるさまざまな課題や情報をタイムリーに分析・検証して、意思決定へとつなげます。
検証から意思決定、モニタリング、評価といったサイクルを緻密に運用することで、ビジネスに関わる課題の早期解決を促します。

機能詳細

高いパフォーマンスを実現する「インメモリ」「連想」技術

QlikViewでは、連想技術を用いて、基となるデータを超正規化して容量を圧縮し、データを丸ごとメモリへ展開します。
すべての処理をメモリ上で行うことで、ボトルネックになりがちなディスクへのアクセスを排し、高速なレスポンスを実現します。

簡単操作で分析画面を構築

複雑な操作やプログラミングの知識は不要!
さまざまなデータソースから必要なデータを指定するだけで、項目をキーとして連結し、データを分析可能な状態にします。

Google Maps 連携

Google Maps 地図サービスと連携し、地図の範囲を広めたり狭めたりすることで、必要とするデータの範囲を定義することが可能です。
【活用例】全国展開するチェーン店の売り上げ状況の把握 など

画面データ

コラボレーション-分析結果の共有

分析結果にメンバーがコメントをつけて文書化し、検討のよりどころとして管理できます。
モバイル環境でも使えるため、外出先でも最新情報を閲覧・分析できます。

取込可能なデータ形式

図:導入の流れ

仕様

QlikView Server
プラットフォーム Microsoft Windows Server 2008 x64 Edition
Microsoft Windows Server 2008 R2
Microsoft Windows Server 2012
Microsoft Windows Server 2012 R2
Microsoft Windows Server 2016 
プロセッサ(CPU) Multi-core x64 と互換性のあるプロセッサ 
メモリ 最小4GB、データ量によってはさらに多くのメモリが必要
ディスク空き容量 インストールには計450MB が必要
セキュリティ ※1 Microsoft Active Directory (NTLM または Kerberos)
ローカル Windows ユーザー アカウント (NTLM)
サードパーティ製セキュリティ (QlikView Server Enterprise Edition が必要)
Webサーバー QlikView Web サーバー 
Microsoft IIS 7、7.5、8、8.5 または 10 
マネージメントコンソール ※2 Microsoft Edge
Microsoft Internet Explorer 9、10 および 11 
Mozilla Firefox (最新版) 
Google Chrome (最新版)
.NET フレームワーク 4.5.2 以上
QlikView Desktop
プラットフォーム Microsoft Windows 7 x64
Microsoft Windows 8.1 x64
Microsoft Windows 10 x64
Microsoft Windows Server 2008 x64 Edition
Microsoft Windows Server 2008 R2
Microsoft Windows Server 2012
Microsoft Windows Server 2012 R2
Microsoft Windows Server 2016 
プロセッサ(CPU) Multi-core x64 と互換性のあるプロセッサ
メモリ 最小4GB、データ量によってはさらに多くのメモリが必要
ディスク空き容量 インストールには計300MBが必要
セキュリティ ※1 Microsoft Active Directory (NTLM または Kerberos)
ローカル Windows ユーザー アカウント (NTLM)
サードパーティ製セキュリティ (QlikView Server Enterprise Edition が必要)
取込可能なデータ形式
各種DB Oracle Database
Microsoft SQL Server
HiRDB
他(OLE DB、ODBC経由)
各種データファイル Microsoft Office Excel
CSV
XML
HTML(テーブル)
固定長
SAP SAP ※3
  • ※1:QlikView Server がユーザ認証を行うために必要なセキュリティ要件です。
  • ※2:QlikView Server の管理画面へアクセスするためのブラウザ要件です。
  • ※3:別途「SAP Connector」の導入が必要です。
対応ブラウザ AccessPoint
QlikView ポータル ※4
Microsoft Internet
Explorer 用 QlikView ※5
QlikView Ajax
クライアント ※6
Microsoft Internet Explorer 11 ○ ※5
Microsoft Edge (最新版)
Mozilla Firefox (最新版)
Apple Safari 10、Apple Safari 11
Google Chrome (Microsoft Windows および Apple Mac の最新版)
Apple Mobile Safari (iOS 10 およびiOS 11 デバイス)
Android フォンおよびタブレット (Google Chrome ブラウザ バージョン 5.0 以降)
  • ※4:ユーザがQlikView Server にアクセスした際、最初に表示されるポータル画面です。
  • ※5:Internet Explorerで分析ドキュメントを閲覧する際、QlikView Desktop と同じ見た目を再現するためのプラグインです。個々ユーザのマシンに対しのてプラグインのインストールが必要です。
  • ※6:分析ドキュメントを閲覧する際に表示される画面です

ライセンス体系

ライセンス種類 備考
サーバーライセンス
QlikView Server Small Business Edition SBE:従業員数100名程度の企業向け
QlikView Server Enterprise Edition EE:ユーザー数無制限の大規模構成向け
CAL (クライアントアクセスライセンス)
QlikView Named User CAL 特定のユーザーに割り当てられ、許可されている全ドキュメントにアクセス可能
QlikView Named Document CAL 特定のユーザーに割り当てられ、1つのドキュメントにのみアクセス可能
QlikView Session CAL セッション数によりアクセスを管理するライセンス ※EE購入時のみ
QlikView Usage CAL 1ヶ月あたりのアクセス数を指定して管理するライセンス ※EE購入時のみ
オプション
QlikView Local Client QlikView開発用の追加ライセンス
QlikView Publisher セキュリティ設定やドキュメント配信を行うためのライセンス
QlikView Additional Server クラスタによる複数台構成を行うための追加サーバーライセンス
QlikView Test Server テスト・検証目的に利用可能なサーバーライセンス
QlikView Extranet Server QlikViewを購入した組織外(社外)ユーザー向けのサーバー ライセンス
Qlik NPrinting Server レポートの作成配信を行うためのライセンス

価格・料金

QlikView(クリックビュー)のライセンスの考え方、および価格については、提案時に説明しております。
どうぞお気軽にご質問・お問い合わせください。
詳細お見積もりは当社までお問い合わせください。

導入フロー

図:導入の流れ

導入支援

お客さまのご要望、ご要件をヒアリングし、導入の目的に沿ったスケジュール作りをサポートします。

構築サービス for QlikView
QlikView Server のインストール及び初期設定を行います。(1台)
※OS、ネットワーク等のインストールや設定は含みません。
初期導入支援サービス for QlikView(期間1ヶ月)
QlikView導入から分析画面開発、本番運用までをスムーズに行っていただくための支援を行います。
最大8回のオンサイト支援、メールでのQ&A対応(期間中無制限)
※QlikView開発者教育、QlikView管理者教育を受講頂くことが前提条件となります。
テクニカル支援サービス for QlikView(期間2ヶ月)
QlikViewを用いてお客様が開発・運用する上での課題解決に向けた支援作業を行います。
最大4回のオンサイト支援、メールでのQ&A対応(期間中無制限)
※QlikView開発者教育、QlikView管理者教育を受講頂くことが前提条件となります。

移行支援

必要に応じて、現行マスタデータや残データを「QlikView」へ移行するための支援をします。

教育

QlikViewの使い方や運用方法について、御社の業務内容に沿って説明します。

QlikView開発者向け教育サービス(2日間)
分析機能を開発するための集合教育を行います。
QlikView管理者向け教育サービス(1日間)
QlikViewServerを運用・操作するための教育を行います。

フリートライアル

フリートライアル
申し込みページへ(※日立社会情報サービス社のHPに移動します。)

※申し込みフォーム内の「そのほかご意見、ご要望などお聞かせください」欄に、
日立システムズHPより」と記載ください。

ハンズオンセミナー

Qlik製品ハンズオンセミナー
申し込みページへ(※日立社会情報サービス社のHPに移動します。)

※申し込みフォーム内で上記アイコンをクリックし、ご登録頂きます。「お問い合わせ内容」欄に、
日立システムズHPより」と記載ください。

詳しく知りたい方はこちら

日立システムズは、システムのコンサルティングから構築、導入、運用、そして保守まで、ITライフサイクルの全領域をカバーした真のワンストップサービスを提供します。