ページの本文へ

Hitachi

株式会社 日立システムズ

ネットワーク機器
APRESIA

アプレシア

多彩な機能を搭載した高信頼性スイッチ。

イーサネットスイッチ「APRESIA」と長年培った当社ネットワーク設計構築技術を融合し、高品質、高信頼性の情報ネットワーク基盤をお客さまへ提供します。

概要・特長

APRESIA

高度に進化した企業ネットワーク向けL2、L3スイッチです。セキュリティ管理やQoS機能を搭載しつつ、ローコストを実現します。

  • NA機能により、さまざまな認証(ユーザー認証・端末認証)を実現
  • 認証スイッチによる検疫ネットワークの実現
  • ※Quality of Serviceの略。アプリケーションが効率よくネットワークを活用するための機能。例えば、帯域幅指定やプライオリティ制御など。

機能詳細

機能

VB
VirtualBoxCore
最大32台のAPRESIAを仮想的な単一装置として扱うことができます。運用管理を飛躍的に向上させるネットワーク機器の新しい仮想化技術です。
BFS
BoxCoreFabricSystem
クラウド時代に求められる俊敏かつ柔軟な拡張要件に対応可能なスケールアウト型イーサネットファブリックです。
MLAG
Multi-chassisLinkAggregation
2台のL2スイッチにまたがったLAG接続を実現。ループ防止ネットワークの堅牢化とシンプル化を両立します。
AccessDefender 強固なセキュリティと柔軟性に富んだネットワークを実現。 ExternalSecurityにおけるUTMの思想をInternalSecurityへ適用します。「ネットワークセキュリティ=ネットワーク認証」の固定概念を覆す InternalSecurityです。
MMRP-Plus スパニングツリーの欠点を克服し、より機能性を向上させた高速リダンダント機能を提供します。
ユーザーループ検知 簡単設定でユーザー誤接続を自動排除/復旧、手間いらずでトラブル防止し、高度なハードウェア技術による確実なループ検知を実現します。
SDカードブート 圧倒的に簡単、そして高速な保守が可能になり、手順の簡素化・保守コスト削減を実現します。

「AccessDefender」による統合ネットワークセキュリティ

インターネットセキュリティの現状

情報漏えいがクローズアップされる昨今、認証スイッチなどの導入が進みつつあります。しかし、外部に対するセキュリティに比べ対策が遅れることにより、日々進化する脅威に対応する準備が必要な現状です。そこで単なる認証ではなく、インターネットセキュリティに特化した新たな対策として開発されたのが「AccessDefender」です。

特長
  • ネットワーク認証を中心に、さまざまなセキュリティ機能を融合
  • 強固なセキュリティと柔軟性に富んだネットワークを実現 

「AccessDefender」実装機能

AccessDefender実装機能

製品ラインアップ

製品の詳細情報は、APRESIA Systems株式会社「APRESIA」公式サイトへジャンプします。

APRESIAシリーズ

  10/100 ALL 1G 1G+10G/40G uplink 10G+40G
48ポート

Apresia3448G-PSR

SFP×4Port
10/100-TX×48Port

Apresia13200-52GT-PSR

SFP×4Port
10/100/1000-T×48Port

Apresia15000-64XL-PSR-1GLIM

QSFP×2Port
SFP/SFP+×8Port
SFP×56Port
※40Gポートは、10G×ポートとの選択式となります。

Apresia1500-64XL-PSR

QSFP×2Port
SFP/SFP+×64Port
※40Gポートは、10G×4オートとの選択式となります。

Apresia3448GT

SFP×2Port
10/100/1000-T×2Port
10/100-TX×48Port

Apresia13200-52GT

SFP×4Port
10/100/1000-T×48Port

Apresia13200-48X-PSR

SFP×4Port
10/100/1000-T×48Port

24ポート

Apresia3424GT-SS

SFP×2Port
10/100/1000-T×2Port
10/100-TX×24Port

Apresia13200-28GT

SFP×4Port
10/100/1000-T×24Port

Apresia15000-32XL-PSR-1GLIM

QSFP×2Port
SFP/SFP+×8Port
SFP×24Port
※40Gポートは、10G×ポートとの選択式となります。

Apresia15000-32XL-PSR

QSFP×2Port
SFP/SFP+×32Port
※40Gポートは、10G×4オートとの選択式となります。

Apresia3424GT-HiPoE

SFP×2Port
10/100/1000-T×2Port
10/100/1000-T(802.3af準拠)×24port

Apresia13200-28GT-PoE

SFP×4Port
10/100/1000-T(802.3at準拠)×24port

12ポート

Apresia5412GT-PoE

SFP×4Port
10/100/1000-T(802.3at draft3.3準拠)×8Port

   

Apresia5412GT-HRSS

SFP×4Port
10/100/1000-T×8Port

ApresiaLightシリーズ

  10/100 10/100/1000
ノンインテリジェント インテリジェント ノンインテリジェント インテリジェント
52ポート      

ApresiaLightGM152GT

SFP×4Port
10/100/1000-T×24Port

24ポート  

ApresiaLightFM124GT-SS

SFP×2Port
10/100/1000-T×2Port
10/100-TX×24Port
※SFPと10/100/1000-Tは合わせて最大4Portの使用となります。

 

ApresiaLighGM124GT-SS

SFP×4Port
10/100/1000-T×24Port
※最大24Portの使用となります。

16ポート

ApresiaLightFB116-SS

10/100-TX×16Port

ApresiaLightFM116GT-SS

SFP×2Port
10/100/1000-T×2Port
10/100-TX×16Port
※SFPと10/100/1000-Tは合わせて最大4Portの使用となります。

ApresiaLightGB116-SS

10/100/1000-T×16Port

ApresiaLightGM118GT-SS

SFP×4Port
10/100/1000-T×18Port
※最大18Portの使用となります。

ApresiaLightFM116GT-PoE

SFP×2Port
10/100/1000-T×2Port
10/100-TX×16Port
※SFPと10/100/1000-Tは合わせて最大4Portの使用となります。

8ポート
  • ApresiaLightFB108-SS※販売終了

ApresiaLightFB108-SS

10/100-TX×8Port

ApresiaLightFM108GT-SS

SFP×2Port
10/100/1000-T×2Port
10/100-TX×8Port
※SFPと10/100/1000-Tは合わせて最大4Portの使用となります。

ApresiaLightGB108-SS

10/100/1000-T×8Port

ApresiaLightGM110GT-SS

SFP×4Port
10/100/1000-T×10Port
※最大10Portの使用となります。

ApresiaLightFM108GT-PoE

SFP×2Port
10/100/1000-T×2Port
10/100/1000-T(802.3af準拠)×8Port
※SFPと10/100/1000-Tは合わせて最大4Portの使用となります。

4ポート  

ApresiaLightFM104GT-PoE

SFP×2Port
10/100/1000-T×2Port
10/100-TX(IEEE802.3af準拠)×4Port
※SFPと10/100/1000-Tは合わせて最大2Portの使用となります。

   

ソフトウェア

ApresiaManager

スイッチングハブのフロントパネル画面を表示し、運用管理には必要なポート・機器の状態情報などをお手軽に管理できます。

ApresiaManager画面イメージ

関連サイト

さらに詳細な情報は、公式サイトをご覧ください

  • ※記載の会社名、製品名は、それぞれの会社の商標または登録商標です。

詳しく知りたい方はこちら

日立システムズは、システムのコンサルティングから構築、導入、運用、そして保守まで、ITライフサイクルの全領域をカバーした真のワンストップサービスを提供します。