ページの本文へ

Hitachi

株式会社 日立システムズ

標的型攻撃対策ソフトウェア
FFRI yarai(エフエフアールアイ ヤライ)

標的型攻撃対策に特化したセキュリティソフトウェア
約430企業82,000ライセンスのお客さまにご利用いただいています

標的型攻撃対策に特化し、未知のウイルス・ぜい弱性攻撃からクライアントPCを防御するセキュリティソフトウェアです。評価版による30日間のフリートライアルが可能です。

  • ※2017年12月現在

「先読みする防御」が⾒据える次の脅威 ファイルレスマルウェアから守るセキュリティ技術

概要・特長

FFRI yarai

FFRI yaraiは、クライアントPCに危害を与えようとしたプログラムファイルをウイルスとして検知する“振る舞い検知型”のウイルス対策ソフトです。従来のウイルス定義ファイル型の対策ソフトでは検知できない“ゼロデイ攻撃”や“亜種を利用した攻撃”に対し、標的型攻撃に特化した5つの振る舞い防御エンジンでクライアントPCを多層防御します。
また、ウイルス定義ファイルに依存しないため、更新作業などの運用負担から解放されます。

FFRI yaraiシリーズ評価版提供中!機能制限なく、30日間無料でお試しいただけます。

このようなお客さまにおすすめです

  • 金融機関や教育現場など、個人情報や機密情報の取り扱いがあるお客さま
  • 日々進化、増殖する未知のウイルス攻撃や標的型攻撃を防ぎたいお客さま
  • ウイルス定義ファイル型の対策ソフトを利用しているが、更新作業が社内へ徹底できていないお客さま

FFRI yarai の5つの振る舞い防御エンジン

アプリケーションをぜい弱性攻撃から守る

ZDPエンジン
メールやWebページ閲覧時の攻撃など、既知・未知のぜい弱性を狙ったウイルス攻撃を防御。独自の技術で、任意コード実行型ぜい弱性の攻撃を防御。

マルウェアを検出する

Static分析エンジン
プログラムを動作させることなく分析。「PE構造分析」、「リンカー分析」、「パッカー分析」、「想定オペレーション分析」など多数の分析手法「N-Static分析」で検知。
Sandboxエンジン
仮想CPU、仮想メモリ、仮想Windowsサブシステムなどで構成される仮想環境上でプログラムを実行。独自の「U-Sandbox検知ロジック」で命令の組み合わせに基づいて検知。
HIPSエンジン
実行中プログラムの動作を監視。他プログラムへの侵入、異常なネットワークアクセス、キーロガーやバックドア的な動作などの挙動を独自の「DHIPSロジック」で検知。
機械学習エンジン
ソフトウェア製造元のFFRIが収集したマルウェアに関するビッグデータを元に実行中のプログラムを監視。ビッグデータ上の振る舞い特性を抽出し、機械学習で分析した特徴により端末上の悪意ある挙動を検知。

標的型攻撃の特徴(ゼロデイ攻撃)

標的型攻撃は、狙いを定めた企業・団体に対してのみ有効なウイルスを作成し送付されるという特徴があります。大量配布感染を狙った従来型のウイルスと違い早期検知が難しく、ウイルス定義ファイル型の対策ソフトの場合、定義ファイルの更新が間に合わず、被害を受けることがあります。

FFRI yarai の主な防御実績

FFRI yarai の主な防御実績
2017年5月 ランサムウェア「WannaCry(WannaCrypt)」
2016年2月 ランサムウェア「Locky」
2015年6月 日本年金機構を狙うマルウェア「Emdivi」
  • フリートライアル

機能詳細

対策 ~さまざまな脅威から、クライアントPCを守ります~

セキュリティぜい弱性、
標的型攻撃メール対策
セキュリティぜい弱性を狙った攻撃から防御します。また、特定人物に対し、ウイルスが添付されたメールを送りつける標的型攻撃から守ります。
情報漏えい対策 WinnyなどのP2Pファイル共有システムで広まるウイルス、不正ネットワークアクセス、不正なプロセスへの介入など、情報漏えいにつながるさまざまなアクションをシャットアウトします。
キーロガー対策 クレジットカードや、ネットバンキングのパスワードを盗みとる「キーロガー」攻撃から防御します。
ウイルス対策 ウイルスをはじめ、トロイの木馬、ボット、ワームなどから防御します。日々進化、増殖する未知・亜種のウイルスも見逃しません。
Web型ウイルス対策 Webページ閲覧のみで感染する「Web型ウイルス」から防御します。
  • フリートライアル

価格・料金(税抜)

ユーザー数 価格/1ユーザー ユーザー数 価格/1ユーザー
5~99 9,000円 1,000~4,999 5,000円
100~499 8,000円 5,000~9,999 4,000円
500~999 7,000円 10,000~ 3,000円
  • ※記載している価格は、2018年2月現在のものです。
  • ※1年更新のサブスクリプションライセンスです。

その他の商品情報

画面サンプル

「統合管理コンソール画面」

統合管理コンソール画面
図の拡大

管理者用の統合管理コンソール画面です。クライアントPCにインストールされたFFRI yaraiのバージョン情報などが確認できます。

「FFRI yaraiトップ画面」

FFRI yaraiトップ画面
図の拡大

クライアントPCにインストールされたFFRI yaraiのトップ画面です。ウイルススキャンやアップデートなどが行えます。

シリーズ製品

FFRI yarai 脆弱性攻撃防御機能

FFRI yarai 脆弱性攻撃防御機能

【販売終了およびサポート終了時期のご案内】

  • 新規販売終了日 : 2015年8月31日 当社ご注文受付分まで
  • 継続販売終了日 : 2017年11月30日 当社ご注文受付分まで
  • サポート終了日 : 2018年12月31日まで

昨今、標的型攻撃においてマルウェアを直接添付したケースが増加しており、またマルウェアも巧妙化の一途をたどっております。このような状況から今後も進化を続けるサイバー脅威に対し、より迅速に対応していくため、「FFRI yarai 脆弱性攻撃防御機能」と同じ検知エンジンを有し、マルウェア検知エンジンを搭載した「FFRI yarai」に開発リソースを集約することから、販売終了への運びとなりました。

導入実績

約430企業82,000ライセンスのお客さまにご利用いただいています(2017年12月現在)

導入実績(一例)

銀行・金融サービス

約40,000ライセンス

運輸業

約17,000ライセンス

製造業

約7,000ライセンス

官公庁・自治体

約6,500ライセンス

情報・通信

約5,000ライセンス

TV放送局・メディア

約2,200ライセンス

文教(大学・高等学校)

約1,800ライセンス

ヘルスケア・食品業

約900ライセンス

素材・エネルギー

約800ライセンス

流通・消費者サービス

約500ライセンス

関連商品

セキュリティソリューション「SHIELD」

標的型攻撃対策サービス

日立システムズでは、FFRI yaraiのほかにも標的型攻撃・サイバー攻撃から情報資産を守るための企業ネットワーク全体の出入り口に対する対策として、「標的型攻撃対策サービス」を提供しています。

イメージ図:標的型攻撃対策サービス

  • ※「FFRI yarai」は、株式会社FFRIの製品です。
  • ※その他、記載の会社名および商品名は、各社の登録商標または商標です。

詳しく知りたい方はこちら

日立システムズは、システムのコンサルティングから構築、導入、運用、そして保守まで、ITライフサイクルの全領域をカバーした真のワンストップサービスを提供します。