ページの本文へ

Hitachi

株式会社 日立システムズ

データレスPCソリューション Flex Work Place

Flex Work Placeは、お手元のPCを“データレス化”

・デバイスにデータが残らない →セキュリティ向上、盗難・紛失時のデータ漏えい、データ消失対策に
・さまざまなデバイスからデータへのアクセスが可能 →ユーザー利便性向上。通常のWindows PC と変わらない操作感

概要・特長

Flex Work Placeは場所を問わず柔軟で安全なPC環境を提供するソリューションです。

モバイル環境でもモバイル機器にデータを残さない「データレスPC」環境を実現し、モバイルワークやフレキシブルワークを強力にバックアップし、業務効率を高めます。

Flex Work PlaceはすでにWindows搭載のServerで運用されているファイルサーバーがあれば、クライアントアプリケーションをインストールだけで導入が可能です。日立システムズの「リソースオンデマンドサービス」と組み合わせてご利用いただくことで、作業効率やセキュリティの向上だけでなく、サーバーの運用管理の手間を大幅に削減することが可能です。

また、オプションでスマートデバイスなどからWebベースでファイルにアクセスできる機能にも対応しています。

機能詳細

Flex Work Placeは、VDIと異なりオフライン時でも継続したPC操作が可能です。

メモリ上に用意したテンポラリ領域である「Passage Plate」を用意し、ネットワークに接続できない環境でもファイルを編集することができます。
Flex Work Placeがインストールされた環境では、画面右下にPassage Plateというウィンドウが表示されています。Passage Plateは、メモリ上のテンポラリ領域を使用するためのユーザーインタフェースです。
Passage Plateに置いたファイルは、メモリ上のテンポラリ領域に置かれ、Passage Plate上のファイルに対して、「開く」、「編集する」、「保存する」など、一般的なファイル操作を行うことができます。
Passage Plate上のファイルを編集すると、更新アイコンが表示され同期ボタンを押すことで、更新されたファイルをネットワーク上のファイルサーバーに上書きすることができます。
このPassage Plateを利用すれば、ネットワークに接続できない環境でも必要なファイルを事前にPassage Plateに保存しておけば編集することが可能です。

Passage Plateのデータ保存先は、メモリ上のテンポラリ領域のため、PCの電源が停止すればデータは消失します。そのため、Passage Plateを使用することで、安全にデータを編集することができます。
また、Passage Plate上に同期を忘れたファイルがある状態で、PCをシャットダウンしようとした場合、警告が表示されます。そのため、誤ってPCをシャットダウンし、意図せず更新内容を消してしまう事故を防止できます。

仕様

クライアント

OS Windows 7 Professional/Enterprise/Ultimate SP1以降
Windows 8/8.1/10(*) Pro/Enterprise
(*)機能に一部制限があります。
CPU 1.6GHz以上のCPU
メモリ 2GB(x86)以上のメモリ
4GB(x64)以上のメモリ
HDD 11GB以上の空き容量
※ユーザープロファイル領域+1GB以上の空き容量
※運用環境によって異なります。

サーバー

OS Windows Server 2008 以降
CPU 2GHz以上、かつ、2コア以上のCPU
メモリ 4GB(x86)のメモリ
8GB(x64)以上のメモリ
HDD ※運用環境によって異なります。

*「Flex Work Place」は横河レンタ・リース株式会社の製品です。
*その他記載の会社名、製品名は、それぞれの会社の商標または登録商標です。

  • 商品について詳しく知りたい方は
  • 商品専用サイト

詳しく知りたい方はこちら

日立システムズは、システムのコンサルティングから構築、導入、運用、そして保守まで、ITライフサイクルの全領域をカバーした真のワンストップサービスを提供します。