ページの本文へ

Hitachi

株式会社 日立システムズ

Oracle Exadata向け運用支援サービス

知識・経験豊富なデータベースエンジニアの支援により運用管理者さまの負荷を軽減

日本オラクル株式会社(以下オラクル社)が提供する統合型サーバー製品である「Oracle Exadata Database Machine(以下Oracle Exadata)」の日々の運用に関し、運用管理者さまからのQ&Aおよび障害切り分けをOracleサポート歴20年以上のエンジニアが支援します。

概要・特長

日立システムズが、お客さまとオラクル社の間に立ち、運用管理者さまが抱えるOracle Exadataに関するご質問やお悩み、障害の早期解決に向け支援します。

Oracle Exadataの運用をシンプルに

お客さまのOracle Exadata環境で発生した問題は日立システムズの統合窓口へお知らせください。

専門技術者による支援体制で安心を

知識・経験豊富なエンジニアが運用管理者さまを支援します。

クラウド環境でも提供が可能

クラウド上のOralce Exadata環境でもオンプレミス環境と同様に支援します。

Oracle Exadata向け運用支援サービス提供体制

導入効果

統合窓口による問い合わせの効率化

データベース、OS、ハードウェア、クラウドなどのいずれの製品においても、同じワンストップ窓口に問い合わせることができるため、製品ごとの問い合わせ時間の考慮や契約情報の確認・製品ごとの個別の対応などの煩雑な作業が軽減されます。

夜間・休日体制のコストダウン

日立システムズで夜間・休日を含めて24時間365日の支援体制を確保します。
お客さまにおいては製品を熟知した人財の確保など、夜間・休日体制のためのコストを削減することが可能です。
また、運用担当者への高度な教育を省くことで短納期での導入に対する運用の不安も軽減できます。

問題解決

Oracle Exadataに精通した技術者が日立システムズに蓄積されたノウハウを活用して早期解決の支援を行います。またオラクル社へ問い合わせる際にも、経験豊富な技術者がお客さまに代わり、オラクル社との問い合わせ対応を行います。
さらに、オラクル社への問い合わせで前提となる問題個所の事前切り分けなどの高度なスキルを要する作業は、日立システムズのエンジニアが実施します。

機能詳細

問い合わせ対応

日立システムズにてお客さまから問い合わせいただいた問題の詳細確認、切り分け、オラクル社への問い合わせ(問い合わせ代行)を実施します。

問い合わせレポート提供

日立システムズへ問い合わせいただいた内容を集計し、問い合わせレポートとして提供します。

予防保守情報配信

オラクル社より配信されている最新の予防保守情報(不具合情報、パッチリリース情報)を取得し、お客さまへお伝えします。

  • * OracleとJavaは、Oracle Corporation およびその子会社、関連会社の米国およびその他の国における登録商標です。
    文中の社名、商品名などは各社の商標または登録商標である場合があります。

詳しく知りたい方はこちら

日立システムズは、システムのコンサルティングから構築、導入、運用、そして保守まで、ITライフサイクルの全領域をカバーした真のワンストップサービスを提供します。