ページの本文へ

Hitachi

株式会社 日立システムズ

インフォマティカ データ統合システム基盤

インフォマティカは、グローバルで9,500社、国内でも500社以上の先進企業で導入されており、データ連携や統合、品質改善、マスタ管理など多岐にわたるソリューションでデータの統合管理およびデータの利活用におけるさまざまな課題を解決します。
日立システムズではこれまで、業界・業種問わず、さまざまなお客さまへインフォマティカの導入を行っており、データ収集からデータ活用までをトータルでご支援するソリューションと組み合わせて提供することで、お客さまのDX化や業務効率化を図るための効率的なデータ管理・活用を実現します。

概要

近年の企業は巨大でかつさまざまな種類のデータが混在する複雑な環境となっていますが、「インフォマティカの豊富なソリューション」を導入することで、データの整流/清流化、統合・管理・可視化を実現することができます。
欲しいデータの在処を把握し、欲しい時にすぐ見られる環境を作ることでリアルタイム性のある経営判断や正確なマーケティング、セキュリティ・コンプライアンスの向上にもつながります。
データ統合・管理などの領域で、リーダーポジションを獲得するインフォマティカ社の製品群と、長年にわたり培った日立システムズのデータ利活用、システム運用のノウハウを組み合わせて、データ統合に関する各種課題を解決するソリューションを提供します。

データ利活用の流れとインフォマティカ対応製品概要図

インフォマティカ製品ラインナップ

データ連携・統合プラットホーム

  • 豊富なアダプタであらゆるデータへの容易なアクセスを実現
  • パイプライン処理によるパーフォーマンス向上
  • グリッド構成により処理性能向上と拡張性・高可用性を実現

ハブ&スポーク型のデータ統合プラットフォーム

  • システム間を疎結合化することで、データ連携の冗長性を排除・運用管理を一元化
  • データの流通経路の見える化

データ品質管理ソリューション

  • 現在のデータの品質を分析・評価
  • ルールを定義化し、データを標準化
  • 重複レコードの特定とゴールデンレコードの生成
  • 定義したルールに基づき、定常的にデータ品質を測定

データ品質管理ソリューション

  • さまざまな種類(ドメイン)のマスターデータを管理得意先/顧客仕入れ先製品・サービス組織・従業員資産など
  • ソースシステムのマスターコードを統一・変更することなくマスターを統合、コードの読替えが可能
  • 多言語・マルチチャンネルに対応した形で、データの品質を保ちながらより早く市場へ提供
  • あらゆる場所から発生する製品情報や画像を効率的に収集

ビックデータに特化したデータ統合プラットフォーム

  • 単一プラットフォームで、ETL・クレンジング・マスキングからストリーミングまでをサポート
  • より多くのソースからデータを迅速に統合し、Apache Hadoopで、より早く、柔軟で再利用可能なデータ連携を実行可能

企業情報カタログ

  • 各種システムから自動的にメタデータを収集
  • ユーザによる迅速なデータ検索とデータの特性・関連性を把握データプレパレーション
  • ユーザによるセルフサービスでのデータ抽出・加工・提供を支援

インフォマティカ/ 日立システムズの特長

データ利活用をトータルサポート

データ利活用におけるさまざまな課題を幅広い製品で網羅的に対応。

  • データ資産の見える化支援
  • データ品質管理
  • マスターデータ管理基盤構築
  • データ連携/クラウドデータ連携
  • データ分析基盤の構築
  • 規制対応/セキュリティー対応など

導入企業9,500社以上の実績

グローバルで9,500社以上、日本国内でも500社以上の導入実績。

顧客満足度12年連続No.1の信頼
※Kantar TNS社「2017年データ統合顧客満足度調査」

他にもさまざまな第三者機関にてリーダークラスの高評価を獲得。

×

豊富な導入・構築実績

国内において、インフォマティカの取り扱いを先行して開始し、これまで、業界業種問わず、数十社以上にのぼる導入・構築を実施。
データ連携のみならず、ビッグデータ活用の大規模プロジェクトも多数完遂。

データドメインナレッジが豊富な人財・組織体制

データ活用の構想策定~基盤構築~運用保守までのトータルサポートを実現。基幹システムを専任担当している部隊が担当。高い品質基準をクリアすることから導入済みのお客さまからの高い品質評価を頂き、継続した運用保守や、段階的な規模拡張まで、メインパートナーとして長きにわたり支援を実施。

DXを強力に推進するデータ活用におけるトータルソリューションを提供

データの統合だけでなく、50年以上のシステム構築経験を基に、各システム(ERP/CRM等)の構築や、データ蓄積(DWH/データレイク等)、データ分析(BI/AI)まで、データ活用におけるトータルソリューションをご提供。

||

お客さまの効率的なデータ管理・活用を実現
DX推進を長期的かつ強力にご支援いたします

事例紹介

半導体商社

約1年間/新規導入

実施事項
  • 環境構築(設計、開発手順の標準化までを対応)
  • オンサイト運用支援の傍らエンドユーザの教育および開発支援を実施

アパレル業

約3年間/切替導入

実施事項
  • 環境構築(設計、開発手順の標準化をすることでブラックボックス化が解消でき、開発効率も向上
  • I/F約400本の開発を実施
  • AWS上へのHA/GRID構成を国内初事例として構築を完遂

製造業

約2カ月間/新規導入

実施事項
  • 環境構築(全社標準となるデータ連携基盤構築に関してインフラ面での標準化を支援)
  • ランドスケープ定義、冗長化構成構築、性能チューニングなどで安定稼動実現。

製薬業

約3カ月間/新規導入

実施事項
  • EFP/CRM連携のI/F開発支援(約50本)を実施
  • I/F開発作業の傍らで、お客さま開発要員への技術指導を実施

グループ会社

約3カ月/切替導入

実施事項
  • 環境構築(全社標準となるデータ連携基盤の環境構築を実施
  • お客さま開発要員へ技術支援を行う

レジャー業

約6カ月間/新規導入

実施事項
  • BI/DWH構築プロジェクトにてAWS上へのETL環境構築および約300本のI/F開発を実質6カ月で完遂

総合商社

約4カ月/新規導入

実施事項
  • 環境構築(BI/DWH構築プロジェクトにてAWS上へのETL環境構築を支援。HA/GRID化にて構築を実施)

グループ会社

約1年間/新規導入

実施事項
  • 環境構築(全社標準となるデータ連携基盤構築に関してインフラ面での環境構築と設計、開発手順の標準化までを対応
  • I/F 約200本の開発を実施
  • 海外拠点システムと基幹システムの連携を実現

損害保険業

約4カ月間/新規導入

実施事項
  • 環境構築(全社標準となるデータ連携基盤構築に関してインフラ面での環境構築を支援)
  • セットアップ、パラメータ設計、ランドスケープ定義、性能チューニングなどで合計8環境の構築を支援

不動産業

約1年半/切替導入

実施事項
  • DataStage→Informatica PowerCenterへの切り替えにおいて、設計、開発手順の標準化までを対応
  • I/F約350本の開発を実施(オフショアの教育および受入対応を実施)

アパレル業

約3カ月/バージョンアップ

実施事項
  • 環境構築(インフォマティカ製品で構築されている既存データ連携基盤のバージョンアップ対応
  • 既存のInformatica PowerCenter及びオプション製品を9.6.1 HF4⇒10.2にバージョンアップし、安定稼働を実現

人材サービス

約1年半/新規導入

実施事項
  • 全社標準となるデータ連携基盤構築に関して開発面での支援を対応
  • I/F 約200本の開発
  • 当初、お客さまのみで進めていたが、遅延などが生じたため、途中参画し、支援対応を実施

共済関連

約6カ月/新規導入

実施事項
  • 環境構築(データ連携基盤構築のコンサルとして技術面や開発面での技術支援を担当)
  • I/F 約50本の開発を実施

グループ会社

約6カ月/新規導入

実施事項
  • 環境構築(全社標準となるデータ連携基盤構築に関してインフラ面での環境構築と設計、開発手順標準化及び開発支援を対応
  • I/F 約100本の開発を実施
  • 各グループの基幹システムと本体の基幹システムの連携を実現

製造業

約3カ月間/バージョンアップ

実施事項
  • 環境構築(インフォマティカ製品で構築されている既存データ連携基盤のバージョンアップ対応
  • 既存のPwC、DQ及びオプション製品を9.6.1 HF4⇒10.2にバージョンアップし、ICCS含めた安定稼働を実現

製造業

約6カ月/既存拡張

実施事項
  • 全社標準となるデータ連携基盤構築に関して開発面での技術支援を実施
  • エンドユーザの教育および開発支援を実施しつつ、約50本のI/F開発をお客さまと協同にて対応

損保会社業

約4カ月/新規導入

実施事項
  • 全社標準となるデータ連携基盤構築に関して開発手順の標準化及び開発支援までを対応
  • I/F 約60本の開発を実施
  • ユーザ教育及び開発作業を並行で実施し、お客さまへ運用保守を引継ぎ、安定稼働を実現

製造業

約6カ月/既存拡張

実施事項
  • 全社標準となるデータ連携基盤構築に関して開発面での技術支援を実施
  • エンドユーザの教育および開発支援を実施しつつ、I/F開発(約30本)をお客さまと協同にて対応

製造業

約3カ月/バージョンアップ

実施事項
  • インフォマティカ製品で構築されている既存データ連携基盤のバージョンアップ対応案件
  • 既存のPwC、DIH、MDM及びオプション製品を10.4 HF1にバージョンアップし、ICCS含めた動作の担保を実現

製薬業

約6カ月/新規導入

実施事項
  • 環境構築(全社標準となるデータ利活用基盤構築に関してインフラ面での環境構築と設計、開発手順の標準化及び開発支援、運用ルール策定までを対応)
  • I/F 約50本の開発を実施
  • インフォマティカ製品として、MDM以外のDEI、DEQ、EDC、EDP、DIアドオン、DQアドオンを一括導入したレアケースの案件。バージョンは2020/01時点の最新バージョンである10.4を採用

サービスメニュー

日立システムズでは、インフォマティカプラットフォームを活用したデータ統合の実現に関して構想策定から本番稼働後の運用支援までシステムライフサイクル全般をサポートします。

  • * Informatica、Informatica PowerCenter、Informatica Data Quality は米国ならびに世界各国におけるInformatica Corporation の商標または登録商標です。
  • * 記載の会社名、製品名はそれぞれの会社の商標または登録商標です。

詳しく知りたい方はこちら

日立システムズは、システムのコンサルティングから構築、導入、運用、そして保守まで、ITライフサイクルの全領域をカバーした真のワンストップサービスを提供します。