ページの本文へ

Hitachi
お問い合わせお問い合わせ
株式会社 日立システムズ

特長

EV SSL証明書とは?

これまでのSSLサーバー証明書以上にWebサイトの信頼性を高め、フィッシング詐欺などのオンライン犯罪からユーザーを保護するSSLサーバー証明書です。

EV SSL証明書の特長

SSL証明書の信頼性が簡単に確認できるEV SSL証明書

EV SSL証明書で保護されたWebサイトは、鍵マークを「1Click」するだけでWebサイトを運営する組織名と証明書を発行した認証局名、SSL証明書の暗号化をあらわす鍵のアイコンも表示されます。

EV SSL証明書の世界統一認証基準

鍵マークを「1Click」するだけでEV SSL証明書の認証統一基準に則って、ドメイン名の所有権の確認、政府などの公的機関の認証書類に基づき、組織の実在性を検証した上で、正式に発行されたことを表します。
証明書の発行時の認証基準では、CA/ブラウザフォーラムによりこれまでのサーバー証明書にはなかった、全世界で統一された認証基準が策定されており、それに基づいて発行されるEV SSL証明書は、厳格な認証プロセスを経て発行されます。

  • ※2005年に、SSLサーバー証明書を発行するデジサート・ジャパンなどの認証局やマイクロソフト社などによって結成され、SSLサーバー証明書の標準的なガイドラインの策定を目的とした業界団体です。

なお、デジサート・ジャパンの提供するEV SSL証明書は通常のEV SSL証明書の特長に加えて下記のような特長があります。

商品概要

暗号化強度を高めるグローバル・サーバーID EV

通常40ビットまたは56ビットの暗号化しか利用できないブラウザーからの接続を自動的に128ビット(最大256ビット)にステップアップさせるSGC(Server Gated Cryptography)技術に対応したEV SSL証明書です。ほぼすべてのブラウザーに対応しており、約90%の携帯電話にも対応しています。従来のグローバル・サーバーIDより、EV SSL規格によりさらに信頼性が高まり、フィッシング詐欺対策としてもご利用になれるSSLサーバー証明書です。

幅広い利用環境に対応した セキュア・サーバーID EV

  • 40ビットから最大で256ビットの暗号化通信に対応しており、128bit以上の暗号化に未対応の一部ブラウザーでは、40bitまたは56bitでの暗号化通信を確立します。
  • SSL通信の強度(通信に利用される鍵のビット数)は、Webサーバー/ブラウザー双方の環境によって決定されます。
  • ほぼ全てのブラウザーに対応しており、約90%の携帯電話に対応しています。
  • 従来のセキュア・サーバーIDより、EV SSL規格によりさらに信頼性が高まり、フィッシング詐欺対策としてもご利用になれるSSLサーバー証明書です。

価格

製品名 有効期間 価格(税抜)
グローバル・サーバーID EV
(128ビット、256ビットSSL対応)
1年間 219,000円
セキュア・サーバーID EV
(40ビットから最大256ビットSSL対応)
1年間 162,000円

証明書の購入と更新の手順を、より簡単に運用・管理できるように、証明書を「1年単位、最大6年間」のサービス利用期間と共に、ご購入いただけるプランです。契約年数が長いほど、お得になります。

サーバーID取得手続き

【取得に関する注意事項】

  • バウチャー納品後は、1カ月以内にサーバーIDの取得をお願いいたします。
  • バウチャーには有効期限がございます。バウチャーの有効期限経過によりサーバーIDが取得できない場合は、再度ご購入いただくこととなりますので、ご注意ください。
  • ご購入いただいたバウチャーの交換、返品はお受けできませんので、ご注意ください。

サーバーID EV取得に関するお問い合わせ

サーバーID EV取得につきましては、下記よりお問い合わせください。

株式会社日立システムズ デジタルIDサポート係
受付時間:当社営業日9時00分~12時00分、13時00分~17時00分

  • DX活用事例先進事例など100件以上公開中

  • 導入事例一覧
  • 日立システムズお役立ちセミナーポータル

詳しく知りたい方はこちら

日立システムズは、システムのコンサルティングから構築、導入、運用、そして保守まで、ITライフサイクルの全領域をカバーした真のワンストップサービスを提供します。