ページの本文へ

Hitachi

株式会社 日立システムズ

A10ネットワークス社製ロードバランサ(負荷分散装置) Thunder/AXシリーズ

コストパフォーマンスに優れた、次世代ロードバランサ(負荷分散装置)

サーバー負荷分散をはじめとしたアプリケーションデリバリー機能、高速なDDoS防御やWAF、アプリケーション認証機能などのセキュリティ対策、IPv4枯渇対策/IPv6移行機能などを実現する、コストパフォーマンスに優れた製品です。

対象の企業/団体さま
・Webサーバーのレスポンスを高速化したいお客さま
・IPv4枯渇対策/IPv6移行をご検討中のお客さま
・大容量のDDoS対策をご検討中のお客さま

お知らせ

写真:「Best 2nd Tier Partner Award」受賞式

「Best 2nd Tier Partner Award」受賞

日立システムズは、A10ネットワークス株式会社(以下A10)製品の販売において、成績優秀なパートナーを表彰するセールスアワードを受賞しました。
本賞は2016年度におけるA10製品の販売において、2次店として最も高い成長率を記録したことが評価され、受賞に至りました。

今後も豊富なA10製品の導入実績のノウハウを生かし、お客さまのお役に立つソリューションを提供してまいります。
A10製品の導入については、ぜひ日立システムズにご相談ください。

概要・特長

A10ネットワークス社ロゴ

Thunder/AXシリーズは、アプリケーションを高速に配信するために必要なロードバランシング機能、Webサイトを安全に運営するためのセキュリティ機能、IPv4枯渇問題に対応するCGN機能など包括的にサポートし、さらにパフォーマンスや拡張性、運用性に優れたアプリケーションサービスゲートウェイ製品です。

コンパクト&ハイパフォーマンス

A10ネットワークスのThunder/AXシリーズは、A10の独自OS ACOS(Advanced Core Operating System)と64ビット対応の専用ハードウェアにより、のパフォーマンスを実現します。ACOSは、マルチコア・マルチCPU構成で、各CPUが完全に独立した並列処理を実現し、マルチコアCPU特有の問題であるデータコピーやロッキングをなくすことにより、CPUのパフォーマンスを最大限に発揮させることを可能にしています。

アプリケーションスループット4Gbpsから150Gbps以上まで幅広いラインアップが選択可能なハードウェアアプライアンス、さらには汎用サーバー上で利用可能な仮想アプライアンス製品まで多数のラインアップを提供しているため、用途やビジネスの規模に応じて適した機種をご選択いただけます。

導入効果

運用コストと環境負荷の削減

独自OS(ACOS)による高性能化によって、1Uのコンパクトな筐体で高いパフォーマンスを実現します。スペース効率が向上するだけではなく、既存の機器の集約が可能になり保守コストを削減します。また、全モデルで高い電源効率を提供する80PLUS プラチナ規格に準拠した電源を採用し低消費電力化を実現。データセンターのグリーン化にも大きく貢献します。

オールインワンライセンスモデルによる優れたコストパフォーマンス

Thunder/AXシリーズはすべての機能を標準で搭載し、機能の追加利用に追加のライセンス購入は不要です。将来のサービスの変化に合わせて、すべての機能が使用したい時にすぐに利用可能です。

イメージ図:Advanced Core  Operating System(ACOS)

高いスケーラビリティによる投資効率の向上

Thunder/AXシリーズは業界でいち早く64ビット化を果たし、さらにCPUの性能を最大限引き出す独自OS(ACOS)によって、同価格帯の製品と比較しはるかに高いパフォーマンスを実現します。そのため、従来製品よりも少ない台数で十分なパフォーマンスを提供します。
A10独自の仮想化技術によって、サービスの拡大や縮小に合わせて柔軟にパフォーマンスを増加・減少することが可能なため、投資効率を向上します。

高い操作性による運用性向上

Thunder/AXシリーズは、WebベースのGUIとCLIの両方をサポートしています。GUIは、日本語に対応しているため、簡単に操作することができます。日本語に対応したWebベースのGUIでは、安全なアクセス環境を提供するため、監視用のモニターモードと設定変更用のコンフィグモードの2分割された構成となっています。

画面イメージ:わかりやすい日本語GUI

機能詳細

Thunder/AXシリーズが提供する主な機能
-アプリケーションを高速化するアプリケーションデリバリー機能

ロードバランシング機能
高速なL4サーバーロードバランシングから柔軟な条件付けが可能なL7ロードバランシングまで柔軟に対応。サーバーの負荷を軽減し、アプリケーション全体のパフォーマンスを向上します。
SSLアクセラレーション機能
Thunder/AXシリーズには、SSL暗号化/複合化専用のASICを搭載しており(一部モデルを除く)、負荷が高いSSLの処理をサーバーからオフロードすることが可能です。サーバーはその処理能力をアプリケーション処理に専念させることができ、システム全体を高速化します。
GSLB機能
GSLBは、物理的な場所やサイトの稼働状況などを総合的に判断し、ユーザーを適切なサイトに誘導する機能です。
ADP機能
1台のThunderを仮想的に複数のパーティションに分割し、複数のADCとして稼働させることができます。これにより、今までサービスごとに用意していた機器は集約が可能になったり、新たなサービス開始までの時間が大幅に短縮できます。

大容量の攻撃を高速に防ぐセキュリティ機能

DDoS防御
代表的なDDoSアタックパターンを定義したIPアノマリー・フィルタを搭載。攻撃パケットをThunder/AXシリーズで排除し、サーバーに不要な負荷をかけません。正しいリクエストのみをサーバーに転送しつつ、サーバーを外部の攻撃から守ります。 ThunderにはDDoS攻撃に特化した専用ASIC「FTA」を搭載しています。(一部モデルを除く)DDoS攻撃の処理をCPUではなくFTAが行うことにより高速な防御処理が可能になります。
WAF
Webサイトを攻撃から守り、コードの脆弱性を保護するとともに、データの漏えいを防ぎます。 A10のWAF機能は、既存のアプリケーションデリバリー機能と連携して動作し、Webサーバーをトータルでサポートします。
AAM
AAM機能によって、サーバー側における認証処理の負荷を軽減します。
不要なトラフィックや認証されていないトラフィックをバックエンド側のサーバーが受け取らないようにすることでデータセンターのインフラ保護を強化し、サーバーの効率を向上させます。
SSL インターセプト
クライアントのSSL暗号化通信を外部へ転送する前に一旦復号化し、平文でサードパーティ製のトラフィック検査装置(ファイアウォール、UTMアプライアンスなど)に転送した後、再び暗号化することで、SSL通信でも通信内容を検査することが可能になり、企業内へのウイルスの侵入防御や情報漏えいを防止します。

*ラインアップにより搭載機能が異なります。

IP4枯渇対策/IPv6移行機能

IPv4枯渇対策とIPv6移行機能
Thunder/AXシリーズは、IPv4、IPv6の両方に対応するだけではなく、混在環境での動作や、上記すべての変換機能を標準で搭載しており、1台であらゆるIPv4枯渇対策とIPv6移行技術を提供することができます。
CGN
グローバルIPv4アドレスを複数のユーザーで共有することにより、IPv4アドレスの節約する技術です。ユーザー宅内とサービス提供事業側で多段NATにすることで、保有しているグローバルIPv4アドレスに、より多くのユーザーが接続できるようになります。
IPv6移行機能
DS-Liteや6rd、NAT64/DNS64、464XLATにより、IPv4からIPv6の混在環境からIPv6移行後までThunder/AXシリーズで幅広くサポートします。

その他の商品情報

Thunder シリーズ

ローエンドモデル
Thunder 930 Thunder 1030S Thunder 3030S
Thunder 930 Thunder 1030S Thunder 3030S
  • Intel Xeon デュアルコアCPU
  • ギガビットカッパー x6 + ギガビットファイバー(SFP) x2
     + 1G/10Gファイバー(SFP+) x2
  • SSD
  • 8GBメモリ
  • L4/L7スループット 5Gbps / 5Gbps
  • Layer4 CPS 200,000
  • SSL CPS(1024/2048) 1,900 / 400
  • Intel Xeon クアッドコアCPU
  • ギガビットカッパー x6 + ギガビットファイバー(SFP) x2
     + 1G/10Gファイバー(SFP+) x2
  • SSD
  • 8GBメモリ
  • L4/L7スループット 10Gbps / 10Gbps
  • Layer4 CPS 450,000
  • SSL CPS(1024/2048) 25,000 / 7,000
  • Intel Xeon クアッドコアCPU
  • ギガビットカッパー x6 + ギガビットファイバー(SFP) x2
     + 1G/10Gファイバー(SFP+) x4
  • SSD
  • 16GBメモリ
  • L4/L7スループット 30Gbps / 30Gbps
  • Layer4 CPS 750,000
  • SSL CPS(1024/2048) 47,000 / 14,000
ハイエンドモデル
Thunder 5430S Thunder 6430 Thunder 6430S
Thunder 5430S Thunder 6430 Thunder 6430S
  • Intel Xeon 8コアCPU
  • 1G/10Gファイバー(SFP+) x16 + 40Gファイバー(QSFP+) x4
  • SSD
  • 64GBメモリ
  • L4/L7スループット 77Gbps / 75Gbps
  • Layer4 CPS 2,800,000
  • SSL CPS(1024/2048) 100,000 / 68,000
  • Intel Xeon 8コアCPU x2
  • 1G/10Gファイバー(SFP+) x16 + 40Gファイバー(QSFP+) x4
  • SSD
  • 128GBメモリ
  • L4/L7スループット 150Gbps / 145Gbps
  • Layer4 CPS 5,300,000
  • SSL CPS(1024/2048) - / -
  • Intel Xeon 8コアCPU x2
  • 1G/10Gファイバー(SFP+) x16 + 40Gファイバー(QSFP+) x4
  • SSD
  • 128GBメモリ
  • L4/L7スループット 150Gbps / 145Gbps
  • Layer4 CPS 5,300,000
  • SSL CPS(1024/2048) 134,000 / 130,000

AXシリーズ

ベーシックモデル
AX1030 AX2500
AX1030 AX2500
  • Intel XeonクアッドコアCPU
  • 1Gカッパー x6 + 1Gファイバー(SFP) x2
  • SSD
  • 8GBメモリ
  • L4/L7スループット 7.5Gbps / 7Gbps
  • Layer4 CPS 430,000
  • SSL CPS(1024/2048) 5,500 / 1,200
  • Intel XeonクアッドコアCPU
  • 1Gカッパー x8 + 1Gファイバー(SFP) x4
  • SSD
  • 6GBメモリ
  • L4/L7スループット 11Gbps / 10Gbps
  • Layer4 CPS 300,000
  • SSL CPS(1024/2048) 8,200 / 1,800
  • SSL CPS(1024/2048) 30,000 / 5,000 (-SSLモデル)
L4CPS/セキュリティ強化モデル
AX3400
AX3400
  • Intel Xeon 6coreCPU
  • 1Gカッパー x20 + 1Gファイバー(SFP) x4 + 1/10 Gファイバー(SFP+) x4
  • SSD
  • 8GBメモリ
  • L4/L7スループット 38Gbps / 37Gbps
  • Layer4 CPS 2,500,000
  • SSL CPS(1024/2048) 12,000 / 2,700
  • SSL CPS(1024/2048) 84,000 / 24,000 (-SSLモデル)

詳しく知りたい方はこちら

日立システムズは、システムのコンサルティングから構築、導入、運用、そして保守まで、ITライフサイクルの全領域をカバーした真のワンストップサービスを提供します。