ページの本文へ

Hitachi

株式会社 日立システムズ

点滅映像検出支援ソフトウェア
FLICKER CHECK

フリッカーチェック

有害映像の検査や結果分析など映像検査業務をガイドラインに基づき支援

FLICKER CHECKとは

FLICKER CHECK(フリッカーチェック)は、ガイドライン(*1)に基いた映像検査で効率的に視聴者保護を実現します。

特長

有害映像の検査、映像検査の結果分析を容易に行うことができます。

豊富な導入実績

  • 20年以上の開発実績
  • 80局以上のテレビ局に導入

入力インターフェース

以下のフォーマットの入力ファイルをサポート

  • XDCAM(HD422)
  • P2(AVC-Intra100)

タイムライン表示

問題の箇所を、要因別にタイムライン表示。
クリックすると、詳細内容を表示。

アイコン画像と測定値の詳細表示

点滅

点滅の開始・変化点・終了のアイコン画像と、輝度差・面積の測定値を表示します。

反転・場面転換

反転・場面転換の前後のアイコン画像と、輝度差の測定値を表示します。

規則的パターン

規則的パターンのアイコン画像と、規則的パターンの面積の測定値を表示します。

サブリミナル

サブリミナルとその前後のアイコン画像と、サブリミナルの長さの測定値を表示します。

赤点滅

赤点滅とその前後のアイコン画像と、輝度差・赤色の面積の測定値を表示します。

フリーズ、ブラックアウト

映像中の一部のフレームが連続して同じ・または変化が極めて少ないフレームである場合、フリーズとして検出されます。

映像中の一部のフレームが真っ黒である場合、ブラックアウトとして検出されます。

Mute、位相

音声の一部が無音または極めて小さな音である場合、無音として検出されます。

音声データのL,Rの位相が逆転している場合、位相として検出されます。

音声ノイズ

音声データの編集点にみられる音声信号の不連続点で発生するノイズがある場合、音声ノイズとして検出されます。

ブロッキネス

エンコードのビットレート不足により、映像中の一部が四角に塗りつぶされたように見えるフレームの場合、ブロッキネスとして検出されます。

ラウドネス

平均ラウドネス、ラウドネスレンジ、各チャンネルのトゥルーピークを表示します。

字幕データチェック

字幕検査結果とエラーが検出されたタイムコードを表示します。

レポート出力

(リンク先にPDFの出力結果が表示されます。)

FLICKER CHECKの特長 アイコン画像と測定値の詳細表示 詳細レポート画面

詳しく知りたい方はこちら

日立システムズは、システムのコンサルティングから構築、導入、運用、そして保守まで、ITライフサイクルの全領域をカバーした真のワンストップサービスを提供します。