ページの本文へ

Hitachi

株式会社 日立システムズ

EnterpriseZine Seminar

【CISO向けセミナー】裁判事例と経産省ガイドラインで読み解く、経営課題としてのセキュリティ対策

本イベントは終了しました。ご来場まことに有難うございました。

「判例およびガイドラインに見る経営課題としてのサイバーセキュリティ」をテーマにセキュリティ対策セミナーを開催しました。

ITプロセスコンサルタントの細川義洋氏、当社からは山野浩を講師に迎え、世の中のセキュリティへの意識が大きく変化する中で、セキュリティ裁判事例では何が起こっているのか、また昨年12月に経産省が公開した対策ガイドラインによって企業は経営者は何を考えるべきかなど、最新のセキュリティ対策事情について解説しました。

CISO、経営企画担当者の方などに向けたセミナーでした。

詳細はこちらから

本イベントは終了しました。

対象者

・CISO、経営企画担当者さま

開催概要

 

開催概要
日程 2016年3月14日(月)
14時30分~17時(受付:14時~)
会場

フクラシア東京ステーション
(東京都千代田区大手町2-6-1 朝日生命大手町ビル)
*JR[東京]駅・地下鉄[大手町]駅 地下直結、JR[東京]駅・日本橋口徒歩1分

参加費 無料(事前登録制)
定員 90名
主催 株式会社翔泳社 EnterpriseZine
協賛 株式会社日立システムズ

※定員に達し次第、受付を終了いたしますので、あらかじめご了承ください。
※SIer、同業他社などはお断りさせていただく場合がございます。

プログラム

 

プログラム
14時~14時30分 受付
14時30分~15時30分
第一部【セキュリティ関連判例に見る、経営リスクとしてのセキュリティ事故―その時、企業は何を問われるのか?】
不正アクセスに情報漏えい、内部犯行による情報流出など、もはや企業におけるセキュリティ事故は日常茶飯事となってまいりました。しかし、情報セキュリティへの重要性は認識しているものの、実際に投資を行うとなると、まだ慎重な企業も多く、実際のところ、どこまでセキュリティ対策をとればいいのか判断しかねている企業も多いようです。
情報漏えいが起きたときに企業が被る被害はどれくらいなのか?
不正アクセスは完全に防ぎきれるものなのか?
ウイルスに感染したからといってすぐに事故につながるものなのか?
内部犯行防止のために、どこまで対策を行うべきなのか?
そこで、本講演では実際に起きた情報セキュリティ関連判例を参照しながら、最低限これだけはやっておくべきという体制作り、仕組み作りについて解説します。
CIOをはじめとする、マネジメントを担うの方へお届けしたい講座です。本当の被害の見積もりはどれくらいなのか?判例から導き出された現実的な「セキュリティ対策の落としどころ」を伝授します。
ITプロセスコンサルタント
東京地方裁判所 民事調停委員 IT専門委員
細川 義洋 氏
15時30分~15時40分 休憩
15時40分~16時20分
第二部【サイバーセキュリティ経営ガイドラインから読み解く企業のすべきこと―そしてその段階的対策】
経営課題となったセキュリティリスクに対し、経済産業省から「サイバーセキュリティ経営ガイドライン」が発表されました。
本ガイドラインの内容を紐ときながら、限られたコストで継続的にセキュリティを保つためには具体的に何をすればいいのか。
リスクの優先度に応じ段階的な対策の進め方について説明します。
株式会社日立システムズ
クラウドICTサービス事業グループ ネットワークセキュリティサービス事業部
ネットワークセキュリティコンサル推進プロジェクト プロジェクトリーダ
山野 浩
16時20分~17時
第三部クロストーク【これでけは最低やっておきたい、セキュリティ対策に必要な10のこと】
細川 義洋 氏、山野 浩

※プログラムは変更が生じることがありますので、あらかじめご了承ください。

講師紹介

特別講師

写真:細川 義洋 氏

細川 義洋 氏 (ほそかわ よしひろ)
ITプロセスコンサルタント
東京地方裁判所 民事調停委員 IT専門委員

1964年神奈川県横浜市生まれ。立教大学経済学部経済学科卒。
大学を卒業後、日本電気ソフトウェア株式会社(現 NECソリューションイノベータ株式会社)にて金融業向け情報システム及びネットワークシステムの開発・運用に従事した後、2005年より2012年まで日本アイ・ビー・エム株式会社にてシステム開発・運用の品質向上を中心にITベンダ及びITユーザ企業に対するプロセス改善コンサルティング業務を行なう。
現在は、東京地方裁判所でIT開発に係わる法的紛争の解決を支援する傍ら、それらに関する著述も行なっている

おもな著書に、『なぜ、システム開発は必ずモメるのか? 49のトラブルから学ぶプロジェクト管理術』 日本実業出版社、『「IT専門調停委員」が教えるモメないプロジェクト管理77の鉄則』がある。

特別講師

写真:山野 浩

山野 浩 (やまの ひろし)
株式会社日立システムズ
クラウドICTサービス事業グループ ネットワークセキュリティサービス事業部
ネットワークセキュリティコンサル推進プロジェクト プロジェクトリーダ

セキュリティコンサルティングチームのリーダーとして、業種や規模を問わずさまざまな企業からのセキュリティ相談に応じている。
最近は経営レベルでのリスク対策の相談が多く、現状分析・アセスメントからはじまり対策組織の構築、運用プランのアドバイスや対策システムの導入までセキュリティ全般に及ぶ。

セミナー・イベントに関するお問い合わせ・お申し込み

Enterprisezine Seminar事務局

詳細はこちらから

本イベントは終了しました。

日立システムズではお客さまに、最新のセミナー・イベント情報や商品情報など、お役立ち情報をご紹介するメールマガジンをお送りしております。

メルマガ登録

メールマガジン

最新のイベント情報、商品情報など、お役立ち情報をご紹介するメールマガジンをお送りしております。

メールマガジン登録

日立システムズは、システムのコンサルティングから構築、導入、運用、そして保守まで、ITライフサイクルの全領域をカバーした真のワンストップサービスを提供します。