ページの本文へ

Hitachi

株式会社 日立システムズ

専門家コラム:ロボティクスとIT業界の未来

【第2回】ロボットとIoT、AIの融合による、価値創出の方向性

第1回ではロボットの市場の成長可能性と課題をご紹介した。現在さまざまなロボットが出現し始めているが、まだ技術的には発展途上であり、機能的にはロボット単体では十分な効果が期待できない分野が多く存在する。
しかしながら、ロボットはIoTやAIの分野と連携することで本来以上の効果を発揮することが期待される。今回は、ロボットの課題を整理するとともにIoT分野との連携による更なる可能性を解説する。

ロボット単独での限界

現在多くの企業がロボット分野に参入しており、多種多様な形状のロボットが世間に存在する。しかしながら、現在は人と全く同じ機能を有する「汎用人型ロボット」は存在せず、得意な機能に特化したものがほとんどである。

作業(腕)に特化したロボット

  • アームロボット
  • 双腕ロボット
  • ピッキングマシーン

移動に特化したロボット

  • 搬送ロボット

特定業務ロボット

  • 清掃ロボット
  • ドローン(撮影)
  • 介護ロボット
  • セキュリティロボット

人に装着するロボット

  • 装着型ロボット(身体的能力のサポート)

コミュニケーションに特化したロボット

  • コミュニケーションロボット
  • 観光案内ロボット

上記で記載したロボットは特定用途には有効性が高いが、その特定用途にしか利用することができず、機能単独で見た場合の経済性はそれほど高くない。工場などで大量に単一の作業をさせる場合には経済効果は見込めるが、多品種少量の生産プロセスや、一般消費者の市場における幅広い分野で汎用的に活用する場合には、まだ不十分であると言えるだろう。

IoT&AIとの連携による付加価値創出

上記のとおり、現在ロボットは単独ではその効果は未成熟であるが、IoT(モノのインターネット)とAIで広い視野で考えると異なる見解が得られると思われる。

IoTによってロボットだけでなくさまざまなデバイスに接続することで、ロボット単一の機能が協調・連携することが可能になる。それによって、単体では不十分だったロボットが、トータルで見ると非常に機能することが可能にある。
また、多くのセンサーやデバイスから入手できるデータをAIによって学習することで、人がロボットに指示を出すことがなくても、ロボット側から「情報」を教えてくれるようになる。
将来的にはデータによって常に最適な状態にロボット側が自動で動くようになり、人が作業や指示をすることがほとんどなくなる日がくることも予想できる。

ロボットとIoTによって成長が見込める分野・職種

IoTとの連携によって、ロボットは多種多様な活用が期待できる。特に今後、日本は人口減少に伴って、労働力不足が多くの企業で課題となることが懸念されている。
ロボットとIoTによって成長が期待できる分野・職種は、以下が予想される。

  • ホワイトカラーの事務職
  • 接客分野
  • 金融・保険などのサービス業のバックヤード職
  • 介護・サービス分野
  • 物流・ロジスティクス分野
  • 飲食などのサービス分野

いずれもロボット単独の機能ではなく、背後に必要なバックシステムが重要なカギとなる。次回はIoTとロボットの融合したサービスを展開するべきソフトウェアの必要性と、システムインテグレーターの今後の役割についてお届けする。

※ コラムは筆者の個人的見解であり、日立システムズの公式見解を示すものではありません。
※ 記載の会社名および商品名は、各社の登録商標または商標です。

関連ページ

ロボティクスサポートサービス

ロボティクスサポートサービス
ロボティクスサポートサービスは、Pepper(ペッパー)やドローン、マッスルスーツなど、多彩なロボットのビジネス活用を協創し、お客さまのビジネスシーンに応じたロボット導入から運用まで安心フルサポートします。
 

メールマガジン

最新のイベント情報、商品情報など、お役立ち情報をご紹介するメールマガジンをお送りしております。

メールマガジン登録

  • 日立システムズFacebook 公式アカウント
  • Webから直接、クラウドサービスの注文・導入ができるオープンクラウドマーケットプレース

データセンター紹介ページへ

データセンター紹介
ゆるぎない信頼のパートナー 日立のデータセンター

ハイパーダイヤの専用サイトを別ウィンドウで表示します。

交通のことならハイパーダイヤ
乗換案内・路線情報検索サイト。英語・中国語にも対応。

日立システムズの
Microsoftソリューション
Microsoftとの力強い協力体制で、お客さまのソリューションを支えます。

日立システムズは、システムのコンサルティングから構築、導入、運用、そして保守まで、ITライフサイクルの全領域をカバーした真のワンストップサービスを提供します。