ページの本文へ

Hitachi

株式会社 日立システムズ

専門家コラム:ロボティクスとIT業界の未来

産業分野に始まり、今後サービス分野において成長が見込まれるロボット。
既にさまざまなロボットが出現し始めているが、将来的にIoTやAI分野と連携することで、本来以上の活躍が期待される。
本コラムでは、ロボティクス産業の進化とIT業界の役割、双方の今後の可能性を語っていく。

テーマ

【最終回】ロボティクス市場活性化に向けたIT業界の役割とは?

最終回ページへ

前回並びに前々回と、ロボット市場の可能性やIoTなどとの融合による成長機会について述べてきた。最終回の今回は、ロボットの市場活性化における課題と、今後のシステムインテグレーターやソフトウェア会社の活躍の方向性について述べていきたい。

続きを読む

【第2回】ロボットとIoT、AIの融合による、価値創出の方向性

第2回ページへ

第1回ではロボットの市場の成長可能性と課題をご紹介した。現在さまざまなロボットが出現し始めているが、まだ技術的には発展途上であり、機能的にはロボット単体では十分な効果が期待できない分野が多く存在する。しかしながら、ロボットはIoTやAIの分野と連携することで本来以上の効果を発揮することが期待される。今回は、ロボットの課題を整理するとともにIoT分野との連携による更なる可能性を解説する。

続きを読む

【第1回】ロボティクス市場の成長と課題とは?

第1回ページへ

従来、ロボット産業は、産業用ロボット分野で成長してきており、製造業の効率化自動化の流れに合わせて進化を遂げてきていた。しかし昨今サービス分野での実証実験や活用事例が出てきており今後はサービス分野での市場創出と成長が見込まれる。
本回では現時点のロボットの技術状況とサービス分野での可能性を解説する。

続きを読む

筆者のご紹介

水上 晃(Akira Mizukami)

PwCコンサルティング合同会社 ディレクター

ICT戦略コンサルタント、経営コンサルタント。情報通信分野特化コンサルとしてICTを活用した新しい分野の取り組みを多く実施。IoTを活用した新しいビジネスモデルの提案、ビックデータ時代のデータドリブンサービスの展開、ロボットを活用した新しいB2C・B2B産業の創出、デジタルコンテンツプラットフォームをベースとしたソフトウェア流通モデルの創出など。

* コラムは筆者の個人的見解であり、日立システムズの公式見解を示すものではありません。

 

メールマガジン

最新のイベント情報、商品情報など、お役立ち情報をご紹介するメールマガジンをお送りしております。

メールマガジン登録

  • 日立システムズFacebook 公式アカウント
  • Webから直接、クラウドサービスの注文・導入ができるオープンクラウドマーケットプレース

データセンター紹介ページへ

データセンター紹介
ゆるぎない信頼のパートナー 日立のデータセンター

ハイパーダイヤの専用サイトを別ウィンドウで表示します。

交通のことならハイパーダイヤ
乗換案内・路線情報検索サイト。英語・中国語にも対応。

日立システムズの
Microsoftソリューション
Microsoftとの力強い協力体制で、お客さまのソリューションを支えます。

日立システムズは、システムのコンサルティングから構築、導入、運用、そして保守まで、ITライフサイクルの全領域をカバーした真のワンストップサービスを提供します。