ページの本文へ

株式会社 日立システムズ NEW GRADUATE RECRUITING SITE

ページの本文へ

ワンストップソリューション「ICTの枠を超えたお客さまとの協業範囲の深耕」常識からの脱却。非ICTの領域までビジネスに。

社会のあらゆるものがデジタル化され、ニーズも一段と多様化するこの時代、ICT企業に求められるサービスも従来のような「システム構築や運用」「保守メンテナンス」だけでは十分とは言えない。IoTの促進により今後ますますデジタライゼーションが進む社会において、従来の常識では計れない新たな市場、新たなサービスが求められるはずだ。
そうした世の中の変化、ニーズの変化に対応すべく日立システムズでは、ICTの域を超えた要望にまで、これまで培ったノウハウを活かした価値あるサービスを創出しようとしている。それはICT企業から“総合ICT企業”への進化と言っても良いかもしれない。毎日のように現場へ足を運び、ICT、非ICTにかかわらずそこで顕在化するニーズを拾い上げ、そのニーズを満たすための先進的な情報技術サービスをワンストップで提供する。
まさにこれからのICT企業の姿を先取りし、実践している社内のチームを、ここではクローズアップする。

プロジェクト サマリー
現場で見つけた課題
  • 長年ICT領域のサービスを提供していた建設業界の顧客だったが…
  • 非ICT領域以外の要望が顧客から高まる
  • 顧客の社長や役員と定期的に会い、職人不足の解決を依頼される
社会に届けたもの
  • 現場を知っているからできる大規模システム移行に成功
  • 多様なICT・人・サービスを日立グループ横断で提供
  • ICT領域にとどまらない、顧客の経営課題の解決も行う
小田 洋司 ビジネスクラウドサービス事業グループ ビジネスクラウドサービス営業統括本部 本部長 コンサルティング営業

「初めての試み」は、可能性の原石。

この企業さまの業務については、日々必死についていっている、という状況ですね。私たちにとっても初めての試みというものも多々ありますから。ただ、見方を変えると新しいビジネス領域の開拓とも言えます。日立システムズが今後業務を拡大していくためには、こうした企業さまにいかに対応できるかが問われるのだと思います。

ICT企業で取り扱う業務範囲をはるかに超える、お客さまからの数々のご要望。積極的に対応することで、信頼を積み重ね、新たなビジネスの可能性を模索する。

私たちが今、意欲的に取り組んでいるのは、長年のお客さまであり、協業のパートナーでもある建設関連業の企業さまの業務です。この企業さまからのご要望はバラエティに富んでおり、ICTの範疇を超えるものも少なくありません。こうしたご要望をいただくのは、日立システムズを単なるICT企業としてではなく、多種多様なソリューションを持つ企業として認めていただいている証拠で、期待の表れでもあると思います。私たちとしてはその期待にお応えするためにも、お客さまの業務を熟知したメンバーによりお客さまのマネジメントセンターを受託させていただいたり、お客さま先に当社のエンジニアを2名常駐させるなど、常にご要望に対応できる態勢を整えています。こうした取り組みは私たちにとっても有益で、結果的にICTだけにこだわらない複数分野への業務拡大に繋がっています。今後は私たちのみならず、日立グループ全体のチカラを活用し、今以上に幅広い分野のソリューションを、ワンストップでご提供できるようにしたいと考えています。


求められるのは、業務のスピード。数段ハードルが高くなる要望に、社内外のコミュニケーションを積極的に取ることで対応しています。

この企業さまは、とにかくスピードを重視されます。そのため、業務のハードルが格段に上がってしまうこともしばしば。ですが、私たちの尺度で考えてはいけないと思っています。むしろ、お客さまの求める要求が普通なのだと。そこに私たちがいかに対応できるか。それが大切ですから。この企業さまの場合ですと、社長から直接SEに要望が出されることがほとんどです。ですので、営業とSEの情報共有は逐一行うようにしています。また、現場の担当者だけでなく、私たちの上司と先方の社長や役員の方たちとの幹部会も定期的に行うようにしています。会社レベルで情報の共有ができていないと、求められるスピードで要望にお応えするのは難しいですからね。


山坂 慶介 ビジネスクラウドサービス事業グループ スマートソーシング&サービス事業部 部長 システムエンジニア

アイデアを現実化させてこそ、真のビジネス。

とにかく、社長がアイデアマンなんです。新しい発想で、次々にビジネスのアイデアが湧いてくる。凄いなと思う反面、そのアイデアを実現させるのは、本当に大変ですね。実際、社長の要望に対してお応えできているのは、まだ50%程じゃないかと…。ですので、もっともっと期待に応えないといけないと思っています。

ICT企業だから自分たちには関係ない。そう思えるような話でも、その中には、新たなビジネスチャンスが潜んでいることも。

この企業さまのお仕事は、とにかく非ICTの要望が多いというのが特徴です。例えば今、実際に取り組みとして進んでいる案件としては、全国的に職人が不足しているという問題を、日立システムズのCEや日立グループから人員として調達し解消できないか、というもの。最初にお話を聞いた時はさすがに困惑しましたが、小田本部長に相談してみたところ、日立グループにも働きかけていただき、前向きに検討がなされています。話だけ聞くとまったくICTと関係のない業務に思えますが、ビジネスとして考えると需要と供給がマッチするということでは両社にとってWin-Winの関係なんですよ。全国に拠点を持つ日立システムズとしても、決して実現不可能な話ではありませんから。こんな要望にも対応できるICT企業なんて、たぶん他にはないと思いますよ。


通常では成し得ない案件でも、お客さまのためにできる限りの誠意を尽くす。その熱意と行動が、時に不可能を可能に変えることもあります。

このお客さまのもとへは、週に3日は足を運ぶようにしています。社長からも「ここを客先だとは思わないように」と言っていただいています。信頼していただけているからこそですよね。そんな信頼に応えるためになら、どんなに高いハードルがあったとしても、なんとか実現させたいという気持ちになります。以前にも60台ものシステムを競合他社から当社へ、非常に短時間な6時間以内に移行するという難易度の高い業務を依頼されたことがありました。一般的にクラウドはブラックボックスになっており、どういうシステムで構築されているのか知ることはできません。ですが、私たちは交渉と調査を重ねることで、 何とか競合ベンダーのクラウド基盤の現状を十分に把握し、移行計画を作成、トラブルなく時間内での移行を実現できました。熱意が常識を覆した稀なケースですね。ここまでお客さまに尽くすというのはイレギュラーなのかもしれませんが、お客さまのニーズがあれば、その実現に向けて積極的に取り組む姿勢こそ、この先のICT企業のあるべき姿だと思いますよ。


日立システムズは、システムのコンサルティングから構築、導入、運用、そして保守まで、ITライフサイクルの全領域をカバーした真のワンストップサービスを提供します。