ページの本文へ

Hitachi

株式会社 日立システムズ

2022年1月4日
株式会社日立システムズ
代表取締役 取締役社長 柴原 節男

昨年は新型コロナウイルス(COVID-19)感染拡大による影響に加え、世界的な半導体不足の影響も重なり、事業活動が制限された1年でしたが、そのような中でも感染予防に努めながら事業活動を継続し、2021中期経営計画の達成に向けて取り組みました。
また、昨年10月1日をもちまして日立システムズは10周年を迎えました。10周年を記念して従業員のエンゲージメント向上などを目的としたイベントをオンラインで開催し、さらなる日立システムズグループの一体感醸成を図りました。

日立システムズグループでは、従業員とご家族の皆さまの健康と安全を第一に考え「健康と安全はすべてに優先する」の基本姿勢のもと、定期健診や再検診の受診フォロー、長時間労働者の就業環境改善、在宅勤務における心のケア等のさまざまな施策を推進しています。
日立システムズグループの従業員には、「健康と安全はすべてに優先する」を基本的な行動指針として活動し、以下の3点をお願いしています。

  • 1. 健康と安全の徹底
  • 2. 基本と正道の徹底
  • 3. 2021中期経営計画の達成と2024中期経営計画のスタートに向けて

日立システムズは今年4月、新たに2024中期経営計画をスタートします。
2024中期経営計画では、これまで固めてきた基盤を活用して、成長をめざすステージに移行していきます。
成長を加速するうえで2022年度を重要な年度と位置づけ、各事業グループや国内外のグループ会社、さらには日立グループ、パートナーと連携し、お客さまのデジタルトランスフォーメーション(DX)へのニーズにいち早く対応し、さまざまな側面から支援してまいります。

新しい年が、お客さま、パートナー、日立システムズグループ従業員および家族をはじめとする、すべてのステークホルダーの皆さまにとって、健康で公私ともに充実した明るい一年となることを祈念します。

以上

*
記載の会社名、製品名はそれぞれの会社の商標または登録商標です。
Adobe Readerのダウンロード
PDF形式のファイルをご覧になるには、Adobe Systems Incorporated (アドビシステムズ社)のAdobe Readerが必要です。

日立システムズは、システムのコンサルティングから構築、導入、運用、そして保守まで、ITライフサイクルの全領域をカバーした真のワンストップサービスを提供します。