ページの本文へ

Hitachi

株式会社 日立システムズ

2021年4月1日
株式会社日立システムズ
代表取締役 取締役社長 柴原 節男

本日、209名の新入社員を「株式会社日立システムズ」の新たな仲間として迎えたことを大変うれしく思い、心から歓迎の意を表し、お祝いを申し上げます。

はじめに、日立創業時からの企業理念「優れた自主技術・製品の開発を通じて社会に貢献する」を実現するために、日立グループが大切にしている価値「日立創業の精神」をお伝えします。職場で自由に議論をし、一度結論が出たら全員が一致団結して協力する「和」の心、常にお客さまに誠意をもって接し、社会からの信頼を得るよう努力する「誠」の心、そして、失敗を恐れず、困難なことに進んで挑戦する「開拓者精神」の3つです。企業理念とは、さまざまな事業の場面で悩んだ時の判断の幹となるよりどころですので、心の中にいつも持っていてください。

続いて、日立システムズがめざす事業の方向性について説明します。日立システムズが掲げる事業ブランド「Human*IT」には、「多彩な人財と先進の情報技術を組み合わせた独自のサービスによって新たな価値を創造していく」という決意が込められています。日立システムズは、これからも現場力を生かしたサービスの提供を通じて、お客さまのデジタルトランスフォーメーション(DX)と企業価値向上を支援し、新たな価値を創造していきます。

次に、私が皆さんに期待することを3点、お話しします。
1つ目は、「焦らずに、マイペースで仕事、技術を身に付ける」こと。仕事に必要な技術を身に付けるのには、それなりの時間、経験と努力が必要です。焦らずに、じっくりと仕事に取り組んで、基礎を身に付けてください。
2つ目は、「上司・同僚・部下とのコミュニケーションをよくする」こと 。自分から進んで疑問点を上司にぶつけて解決し、技術を身に付けるようにしてください。
3つ目は、「一日一日を楽しめるよう努力する」こと。自己管理です。幸福感を持って仕事をする人は、仕事の生産性が高いと言われています。何事にも一人称で、精いっぱい取り組んでください。

最後に、昨年は新型コロナウイルスの感染が全世界中に拡大しました。現在も収束の兆しは見えていない状況です。日立システムズでは、事業継続の基本方針設計や感染リスク低減に向けた予防など、日々さまざまな対応にあたっています。また、テレワークの拡大など、新たな働き方へ対応していくと共に、従業員の皆さんの活力向上、健康づくりを支援する環境整備など、健康経営を推進しています。皆さんも「自分の健康は自分で守る」ことを認識して、普段の生活、仕事に取り組んでください。

以上

*
記載の会社名、製品名はそれぞれの会社の商標または登録商標です。
Adobe Readerのダウンロード
PDF形式のファイルをご覧になるには、Adobe Systems Incorporated (アドビシステムズ社)のAdobe Readerが必要です。

日立システムズは、システムのコンサルティングから構築、導入、運用、そして保守まで、ITライフサイクルの全領域をカバーした真のワンストップサービスを提供します。