ページの本文へ

Hitachi

株式会社 日立システムズ

ローカル5Gなど次世代無線通信技術を活用した新たなデジタルサービスの開発に向けて実験局を開設

デジタル技術を活用した経営革新へのワンストップサポートをめざす

2020年3月31日
株式会社日立システムズ
株式会社日立システムズネットワークス
株式会社日立システムズフィールドサービス

概 要

株式会社日立システムズ(代表取締役 取締役社長:北野 昌宏、本社:東京都品川区/以下、日立システムズ)は、株式会社日立システムズネットワークス(代表取締役 取締役社長:新村 篤、本社:東京都品川区/以下、日立システムズネットワークス)や株式会社日立システムズフィールドサービス(代表取締役 取締役社長:飯間 正芳、本社:東京都江東区/以下、日立システムズフィールドサービス) と連携し、ローカル5G*1やWi-Fi 6*2、sXGP方式*3(プライベートLTE)など、進化・多様化する通信技術の動向を踏まえ、お客さまのニーズや業務環境に適したネットワークシステムや、新たなデジタルサービスを提供していくため、社内に5Gの次世代無線通信実験局を本年4月に開設します。
これまで長年にわたり培ってきたマルチベンダーネットワークサービスの提供実績のノウハウに加え、次世代無線通信実験局の開設を通じて環境調査、免許申請、構築、運用、セキュリティ対策、さらに各種サービスの実証で得る知見を活用して新たなデジタルサービスの開発を推進し、デジタル技術を活用した経営革新に取り組むお客さまにワンストップサポートの提供をめざしてまいります。

*1
ローカル5G:企業や自治体などが自らの建物や敷地内でスポット的に利用可能な第5世代移動通信システム。
*2
Wi-Fi 6:次世代の高効率無線LAN規格 (IEEE802.11ax)。
*3
sXGP方式:1.9GHz周波数帯を使用した自営通信用規格。

背 景

現在進められている移動体通信事業者による5Gサービスに加え、一般企業や自治体等が個別のニーズに応じて建物や敷地内に限定して利用できるローカル5G無線局の免許交付が始まっています。ローカル5G 無線局は、5Gの高速・低遅延・同時多接続といった特長を生かし、製造業のスマートファクトリー化や建設現場のデジタル化、交通機関などでの映像監視など、さまざまな分野で活用が期待されています。
しかし、実際の利用にあたっては解決すべき多くの課題があります。従来の無線ネットワークとは異なる電波特性を踏まえた適切な通信設計、所管当局への免許申請の手続き、近隣の地域広帯域移動無線アクセス(地域BWA)等との電波利用の調整、適切な設置工事、実際に利用される際の保守・運用やセキュリティの確保など、構築や運用において多くの知見やノウハウが必要となっています。

詳 細

こうした背景を踏まえ、日立システムズは、次世代無線通信におけるお客さま課題解決を目的とした実験局を開設します。ローカル5Gの検証をするとともに、Wi-Fi 6やsXGP方式のほか、今後新規に実用化される次世代無線通信技術の検証を随時行っていきます。
本実験局の開設を通じて、免許申請の手続きや、地域BWA等との電波利用の調整などのノウハウを蓄積するとともに、設計時や安定運用に必要な無線電波測定などのアセスメント技術、運用段階で必要とされるセキュリティ技術など、これまで長年にわたり培ってきた技術をさらに高度化させていきます。さらに、ネットワーク構築・工事・保守の分野で多くの実績を持つ日立システムズネットワークスや日立システムズフィールドサービスなど日立システムズグループ各社と連携し、適切な設置工事や保守・運用などのサービス提供体制を構築します。
これらの知見や体制を活用して、新たなデジタルサービスの開発を推進します。具体的には、製造現場における稼働データの一括収集や産業機械の制御、カメラ映像のリアルタイム収集・配信など、お客さまの経営課題の解決に向けた実証を積極的に行っていきます。また、これまで日立システムズが提供している、ドローンの操縦・撮影代行などをワンストップでサポートする「ドローン運用統合管理サービス」や現場作業の負荷軽減を支援する「CYDEEN フィールド作業支援サービス」など、次世代ネットワークと親和性の高いサービスとの融合にも取り組んでまいります。

日立システムズグループは、今回の取り組みを元に、日立の先進的なデジタル技術を活用したLumada*4ソリューションの提供を通じて、幅広いお客さまのデジタル技術を活用した経営革新の取り組みに貢献してまいります。

*4
Lumada:お客さまのデータから価値を創出し、デジタルイノベーションを加速するための、日立の先進的なデジタル技術を活用したソリューション・サービス・テクノロジーの総称

次世代無線通信実験局での主な検証内容について

  • 無線性能測定技術および電波データ解析技術のフィールド検証
  • 高品質担保無線ネットワーク運用技術の検証
  • 各種アプリケーションとの連携検証

日立グループにおける5Gの取り組みについて

日立グループは、長年、蓄積してきたOT*5のノウハウと、AIなどの先端のデジタル技術を活用し、お客さまのデジタルイノベーションを加速するLumadaソリューションを展開しています。
今後も、Lumada×5Gによって、OTとIT融合のさらなる進化とソリューションの高付加価値化を図り、グループの総力を結集してさまざまな社会課題の解決に貢献していきます。

*5
OT(Operational Technology)

日立システムズについて

株式会社日立システムズは、幅広い規模・業種システムの構築と、データセンター、ネットワークやセキュリティの運用・監視センター、コンタクトセンター、全国約300か所のサービス拠点などの多彩なサービスインフラを生かしたシステム運用・監視・保守が強みのITサービス企業です。多彩な「人財」と先進の情報技術を組み合わせた独自のサービスによってお客さまのデジタライゼーションに貢献し、新たな価値創造に共に取り組み、お客さまからすべてを任せていただけるグローバルサービスカンパニーをめざします。

日立システムズネットワークスについて

株式会社日立システムズネットワークスは、創業以来50年以上にわたり培ってきた経験とノウハウを基にお客さまの業務を支えるネットワークシステムを企画から販売、設計/構築、運用/保守までワンストップでご提供するベストパートナーとして幅広い分野のお客さまをサポートしています。先進のICTと多彩な人財の豊富な経験と技術力によって、スピード感と情熱をもって、お客さまに感動をもたらす価値を創造してまいります。

日立システムズフィールドサービスについて

株式会社日立システムズフィールドサービスは、インフラ構築から保守サービス、さらにビジネスサポートをワンストップで提供できる強みと本州全域のサービスインフラを生かし、お客さまのデジタライゼーションをよりスピーディーに支援するITサービス企業です。情報技術の提供を通じ、真に豊かな社会の実現に貢献するとともに、常にお客さまに一番近い存在として、新たな価値を創造し続けてまいります。

お客さまからのお問い合わせ先

株式会社日立システムズ
商品お問い合わせ窓口:TEL 0120-346-401(受付時間:9時~17時/土・日・祝日は除く)

以上

*
記載の会社名、製品名はそれぞれの会社の商標または登録商標です。
Adobe Readerのダウンロード
PDF形式のファイルをご覧になるには、Adobe Systems Incorporated (アドビシステムズ社)のAdobe Readerが必要です。

日立システムズは、システムのコンサルティングから構築、導入、運用、そして保守まで、ITライフサイクルの全領域をカバーした真のワンストップサービスを提供します。