ページの本文へ

Hitachi

株式会社 日立システムズ

株式会社日立システムズ(代表取締役 取締役社長:北野 昌宏、本社:東京都品川区/以下、日立システムズ)は、日経BP社(社長:吉田 直人、本社:東京都港区)が2019年9月30日に発表した「日経BPガバメントテクノロジー 自治体ITシステム満足度調査 2019-2020」の「システム運用関連サービス部門」、「ERP部門」の2部門で1位を獲得したことをお知らせします。

日経BPガバメントテクノロジー 自治体ITシステム満足度調査 2019-2020
日経BPガバメントテクノロジー 2019年秋号 自治体ITシステム満足度調査 2019-2020
システム運用関連サービス部門、ERP部門1位

日立システムズは、日立グループが長年培った自治体システムの豊富な経験と最新の技術を結集したトータルソリューション、日立 自治体ソリューション「ADWORLD」などを全国の自治体のお客さまに提供しています。住民と職員の方々に配慮した利用しやすいシステムを安心のセキュリティ対策と充実のサポート体制で提供しており、本年2月にはRPA*1を活用して自治体職員の窓口業務や事務処理の効率化を支援する「ADWORLD 自治体向けRPAサービス」の販売を開始するなど、住民サービスの向上とともに、自治体経営を柔軟に支援しています。

*1
RPA(Robotic Process Automation):ソフトウェアロボットを活用した業務の自動化手法。

「日経コンピュータ 顧客満足度調査 2019-2020」の概要

「日経BPガバメントテクノロジー 自治体ITシステム満足度調査」は、日経コンピュータ誌が企画・実施した「顧客満足度調査」(対象は民間企業を含む1万2,116社・団体の情報システム部門)のうち、官公庁・自治体の計234団体からの回答を集計したもの(調査票発送数は1,633団体)。調査の実務は日経BPコンサルティングが担当した。官公庁・自治体に限定した回答率は14.3%。調査期間は2019年4月8日から5月21日まで。郵送法で実施した。

日立 自治体ソリューション「ADWORLD」について

日立システムズについて

株式会社日立システムズは、幅広い規模・業種システムの構築と、データセンター、ネットワークやセキュリティの運用・監視センター、コンタクトセンター、全国約300か所のサービス拠点などの多彩なサービスインフラを生かしたシステム運用・監視・保守が強みのITサービス企業です。多彩な「人財」と先進の情報技術を組み合わせた独自のサービスによってお客さまのデジタライゼーションに貢献し、新たな価値創造に共に取り組み、お客さまからすべてを任せていただけるグローバルサービスカンパニーをめざします。

報道機関のお問い合わせ先

株式会社日立システムズ サステナビリティ・リスクマネジメント本部
コーポレート・コミュニケーション部 広報担当 城戸崎、藤原
〒141-8672 東京都品川区大崎一丁目2番1号
TEL:03-5435-5002(直通)
E-mail:press.we@ml.hitachi-systems.com

以上

*
記載の会社名、製品名はそれぞれの会社の商標または登録商標です。
Adobe Readerのダウンロード
PDF形式のファイルをご覧になるには、Adobe Systems Incorporated (アドビシステムズ社)のAdobe Readerが必要です。

日立システムズは、システムのコンサルティングから構築、導入、運用、そして保守まで、ITライフサイクルの全領域をカバーした真のワンストップサービスを提供します。