ページの本文へ

Hitachi

株式会社 日立システムズ

複数企業間でセキュアな情報共有を可能にする「セキュアアーカイブサービス」を提供開始

秘密分散技術を活用した「グローバルセキュアデータ転送サービス」の機能を拡充

このニュースリリースに記載されている情報(価格、仕様、サービスの内容、発売日、お問い合わせ先、URLなど)は、発表時点のものです。最新の情報につきましては、こちらのお問い合わせ先にご確認ください。

2019年3月5日
株式会社日立システムズエンジニアリングサービス
株式会社日立システムズ

株式会社日立システムズエンジニアリングサービス(代表取締役 取締役社長:帆足 明典、本社:神奈川県横浜市/以下、日立システムズエンジニアリングサービス)は、株式会社日立システムズ(代表取締役 取締役社長:北野 昌宏、本社:東京都品川区/以下、日立システムズ)と連携し、秘密分散技術によってデータを一時的に無意味化(意味のない文字の羅列に変換)するなどの4重のセキュリティ対策により機密情報の安全な転送を実現する「グローバルセキュアデータ転送サービス」の機能を拡充しました。
具体的には、従来から提供しているセキュアに大容量データを送信できる「データ転送サービス」のセキュリティ機能を強化したほか、今回新たに、データをセキュアに長期保管して必要な時にだけ取り出せる「セキュアアーカイブサービス」を提供開始します。
これらのサービスを活用することで、CADなどの設計図面データを複数企業間でセキュアに転送・共有することや、監査資料などの機密性の高いデータを、クラウド上にセキュアに長期保管することなどが可能になります。

「グローバルセキュアデータ転送サービス」は、株式会社ZenmuTech(代表取締役社長:田口 善一、本社:東京都品川区)の秘密分散ソリューション「ZENMU」の技術とパブリッククラウドを活用したサービスです。本サービスはコストを抑えながら4重のセキュリティ対策(①秘密分散技術により機密情報を無意味化、②無意味化した情報を複数のデータにピース化(細分化)、③ピース化したデータを暗号化されたHTTPS通信を利用し転送、④複数のクラウドサーバーに分散保管)により、セキュアなデータ転送・共有を実現します。
日立システムズエンジニアリングサービスと日立システムズは、2017年10月から多くの企業に「グローバルセキュアデータ転送サービス」を提供してきましたが、データを転送・共有するだけでなく、安全に長期保管して必要な時にだけ取り出したいという顧客の強い要望を受けて、このたび、「セキュアアーカイブサービス」を提供開始します。

今回、新たに提供開始する「セキュアアーカイブサービス」は、機密情報を無意味化したうえで複数のサーバーにデータを分散することにより、セキュアな状態で自社他拠点や関連企業とデータを共有することが可能です。万一、サイバー攻撃によって第三者にピース化したファイルが盗まれても、組み合わせ方法が分からないため復元されず、データを保護することが可能です。
また、「データ転送サービス」では、MACアドレス(PCに固有に割り当てられた識別情報)を利用してログインできるPCを限定する機能や、上長承認後にデータを転送する機能、一時的に利用するユーザーに対してワンタイムパスワードを発行する機能などのセキュリティ機能を強化しました。
今後、両社は、「グローバルセキュアデータ転送サービス」を積極的に拡販し、企業の重要情報をよりセキュアに転送・共有できる環境の構築を支援します。

「グローバルセキュアデータ転送サービス」のセキュリティについて

データ処理と通信のセキュリティ

  • 4重のセキュリティで安心のデータ保管を実現! ①無意味化 ②ピース化 ③HTTPS ④分散保管
  • さらに、グローバルIPアドレスやPCのMACアドレスでの認証などで、セキュリティを強化します。

図:「グローバルセキュアデータ転送サービス」のセキュリティについて

「グローバルセキュアデータ転送サービス」のメニュー別利用例

グローバルセキュアデータ転送サービス
メニュー セキュアアーカイブサービス データ転送サービス
用途 データをセキュアに長期保管・共有する メールに添付できない大容量データを送受信する
利用例
  • 製品情報を取引先に展開(※1)
  • 保守資料の保管
  • 機密情報の長期別地保管(※2)
  • 出張先で利用するデータの保管 等
  • CADデータの関連企業間での設計、製造
  • 共同開発時やオフショア開発での設計資料、納品物
  • 機器障害時のログデータのやり取り
  • 工事現場の写真や動画の送付
  • 契約書等のPDFデータ 等

(※1)製品情報を取引先に展開【課題】製品プロモーション動画や拡販資料を販売店が必要な時に利用したい

(※2)機密情報の長期別地保管【課題】製品の設計資料などの機密情報を安全に保管したい

価格(税抜)

初期費用:なし

月額費用:3万円~

秘密分散ソリューション「ZENMU」について

「ZENMU」とは、株式会社ZenmuTechが提供するソリューションで、秘密分散技術によりデータを無意味化してさまざまな箇所に分散して保管し、必要なときに復元します。

日立システムズエンジニアリングサービスについて

株式会社日立システムズエンジニアリングサービスは、1970年の設立以来、システム開発、システム基盤設計・構築サービスや、システム運用サービス等、幅広いソリューションを提供し、これからもお客さまから真に信頼されるITサービス企業として、実効あるITトータルソリューションを提供し続けてまいります。

日立システムズについて

株式会社日立システムズは、幅広い規模・業種システムの構築と、データセンター、ネットワークやセキュリティの運用・監視センター、コンタクトセンター、全国約300か所のサービス拠点などの多彩なサービスインフラを生かしたシステム運用・監視・保守が強みのITサービス企業です。多彩な「人財」と先進の情報技術を組み合わせた独自のサービスによってお客さまのデジタライゼーションに貢献し、新たな価値創造に共に取り組み、お客さまからすべてを任せていただけるグローバルサービスカンパニーをめざします。

お客さまからのお問い合わせ先

株式会社日立システムズエンジニアリングサービス
営業本部 第二営業部 森口、松本
TEL:045-228-4292 FAX:045-664-3729

株式会社日立システムズ
商品お問い合わせ窓口:TEL 0120-346-401(受付時間:9時~17時/土・日・祝日は除く)

報道機関のお問い合わせ先

株式会社日立システムズ
CSR本部 コーポレート・コミュニケーション部 杉山、藤原
〒141-8672 東京都品川区大崎一丁目2番1号
TEL:03-5435-5002(直通)
E-mail:press.we@ml.hitachi-systems.com

以上

*
ZENMUは、株式会社ZenmuTechの登録商標です。
*
記載の会社名、製品名はそれぞれの会社の商標または登録商標です。
Adobe Readerのダウンロード
PDF形式のファイルをご覧になるには、Adobe Systems Incorporated (アドビシステムズ社)のAdobe Readerが必要です。

日立システムズは、システムのコンサルティングから構築、導入、運用、そして保守まで、ITライフサイクルの全領域をカバーした真のワンストップサービスを提供します。