ページの本文へ

Hitachi

株式会社 日立システムズ

損保ジャパン日本興亜保険サービスがセキュアなデータレスPCソリューションを導入

お客さま情報を守るべく、情報セキュリティリスクの排除に向けたPC環境を短期間・低コストで実現

このニュースリリースに記載されている情報(価格、仕様、サービスの内容、発売日、お問い合わせ先、URLなど)は、発表時点のものです。最新の情報につきましては、こちらのお問い合わせ先にご確認ください。

2019年2月19日
株式会社日立システムズ

株式会社日立システムズ(代表取締役 取締役社長:北野 昌宏、本社:東京都品川区/以下、日立システムズ)は、損保ジャパン日本興亜保険サービス株式会社(代表取締役社長:松居 隆、本社:東京都新宿区/以下、損保ジャパン日本興亜保険サービス)が、日立システムズからデータレスPCソリューション「Flex Work Place」*1を導入し、昨年11月から全国約80か所の拠点で利用開始したことをお知らせします。
損保ジャパン日本興亜保険サービスは、本サービスの導入により、情報セキュリティの向上と働き方改革に向けたIT基盤の整備を、導入前後で操作方法もほとんど変えることなく、短期間かつ低コストで実現しました。

*1
「Flex Work Place」は、横河レンタ・リース株式会社の製品です。

損保ジャパン日本興亜保険サービスは、損害保険ジャパン日本興亜株式会社の100%出資代理店です。国内全域にサービス拠点を持つ国内最大級の保険代理店として、約70万人のお客さまに損害保険ならびに生命保険を中心とした「安心」「安全」「健康」に資する総合サービスを提供しています。昨年4月に損保ジャパン日本興亜保険サービスは新たな行動指針「お客さまへの誓い」を掲げ、情報システム部門ではお客さま情報を守るべく、約900台に上るPCの情報セキュリティリスクの排除に向けた対策をできる限り早期に実現したいと考えていました。

こうした背景を踏まえ、日立システムズは、データレスPCソリューション「Flex Work Place」を損保ジャパン日本興亜保険サービスに提案し、主に以下の点を評価されて採用されました。

  • 専用端末を購入することなく、既存のPC端末にソフトウェアをインストールするだけで、PC端末上にデータを保存できないようにし、情報セキュリティリスクを低減できる点
  • データの読み込み、書き込みのみをサーバー側と行い、データに対する処理はPC端末内部のOS、アプリケーションで行うため、物理PCと遜色のない快適な操作性である点
  • 操作方法がこれまでとほとんど変わらず、ITに詳しくない従業員でも苦労することなく利用できる点
  • 約2カ月での導入が可能である点
  • 全国47都道府県にある約80拠点にシステムを展開する際に、必要に応じて導入支援サービスや従業員からの操作方法に対応するヘルプデスクサービスなども提供できる体制が整っていた点

損保ジャパン日本興亜保険サービスは、本サービスの導入により、初期導入費用を抑えつつ、物理PCの快適な操作性とシンクライアントに近い高度なセキュリティを兼ね備えたPC環境を実現しました。これにより、お客さまにより安心してお任せいただける事業環境を、短期間で整備することができました。
また、これまでPCを持ち出す際に実施していた管理業務等が簡素化され、これまで以上にお客さまに向き合う時間が増え、より良いサービスの提供に向けた環境が整備されました。今後も1,000名を超える従業員が、育児や介護と仕事の両立に取り組みやすく、いきいきと働ける環境を提供し、SOMPOホールディングスグループが掲げる「健康経営」を推進するとともに、さらなる企業活力向上と付加価値サービスの提供に取り組んでいく予定です。

日立システムズは、今後も損保ジャパン日本興亜保険サービスの事業拡大ならびに働き方改革の推進をITサービスの側面から支援してまいります。また、今回の導入事例を生かしてPC環境のセキュリティ対策を検討している企業や働き方改革の推進を検討している企業に向けて本サービスを積極的に拡販し、2021年度末までに関連ソリューションの売上を含めて累計5億円の売上をめざします。

日立システムズが提供するデータレスPCソリューション「Flex Work Place」について

データレスPCソリューション「Flex Work Place」は、一般的な物理PCに専用のソフトウェアをインストールし、PC端末上のデータの保存機能を制御します。データの読み込み、書き込みのみをサーバー側と行い、端末に格納されたデータへの追加・変更などの処理はPC端末内部のOS、アプリケーションで行うため、サーバーにかかる負荷が抑えられ、処理が集中しても物理PCと遜色のない快適な操作性を実現できます。必要なデータは、作業時にだけサーバーから呼び出され、作業が終わるとまたサーバーに保存されます。PCの電源を切ると端末内のデータは消去されるため、端末の盗難、紛失、破損があっても情報漏えいを防ぐことができます。既存のPCやサーバーを流用でき、必要なものはソフトウェアのインストール作業と設定だけのため、初期導入費用を抑えつつ、短期間で導入することが可能です。

今回の導入事例に関するウェブサイト

損保ジャパン日本興亜保険サービスについて

損保ジャパン日本興亜保険サービス株式会社は、損害保険ジャパン日本興亜株式会社の100%出資の保険代理店として、損保ジャパン日本興亜、損保ジャパン日本興亜ひまわり生命などの商品を取り扱い、全国の支店ネットワークでお客さまに安心をお届けしています。昨年4月に損保ジャパン日本興亜保険サービスは新たな行動指針「お客さまへの誓い」を掲げました。すべての社員や提携代理店が心を一つにし、組織一体となってお客さまと向き合い、お客さまの「声」に共感し、「想い」を叶え、「暮らし」に寄り添うことを宣言しています。

日立システムズについて

株式会社日立システムズは、幅広い規模・業種システムの構築と、データセンター、ネットワークやセキュリティの運用・監視センター、コンタクトセンター、全国約300か所のサービス拠点などの多彩なサービスインフラを生かしたシステム運用・監視・保守が強みのITサービス企業です。多彩な「人財」と先進の情報技術を組み合わせた独自のサービスによってお客さまのデジタライゼーションに貢献し、新たな価値創造に共に取り組み、お客さまからすべてを任せていただけるグローバルサービスカンパニーをめざします。

お客さまからのお問い合わせ先

株式会社日立システムズ
商品お問い合わせ窓口:TEL 0120-346-401(受付時間:9時~17時/土・日・祝日は除く)

報道機関のお問い合わせ先

株式会社日立システムズ
CSR本部 コーポレート・コミュニケーション部 杉山、藤原
〒141-8672 東京都品川区大崎一丁目2番1号
TEL:03-5435-5002(直通)
E-mail:press.we@ml.hitachi-systems.com

以上

*
記載の会社名、製品名はそれぞれの会社の商標または登録商標です。
*
「データレスPC」は横河レンタ・リース株式会社の登録商標です。
Adobe Readerのダウンロード
PDF形式のファイルをご覧になるには、Adobe Systems Incorporated (アドビシステムズ社)のAdobe Readerが必要です。

日立システムズは、システムのコンサルティングから構築、導入、運用、そして保守まで、ITライフサイクルの全領域をカバーした真のワンストップサービスを提供します。