ページの本文へ

Hitachi

株式会社 日立システムズ

AIを活用したサービスを強化するためDataRobot社とパートナー契約を締結

機械学習自動化プラットフォーム「DataRobot」を活用したサービスを提供

このニュースリリースに記載されている情報(価格、仕様、サービスの内容、発売日、お問い合わせ先、URLなど)は、発表時点のものです。最新の情報につきましては、こちらのお問い合わせ先にご確認ください。

2019年2月8日
株式会社日立システムズ

株式会社日立システムズ(代表取締役 取締役社長:北野 昌宏、本社:東京都品川区/以下、日立システムズ)は、AIを活用したサービスを強化するため、AI(機械学習)による予測モデルを自動生成するソフトウェアを提供しているDataRobot,Inc.(CEO:Jeremy Achin、本社:アメリカ合衆国マサチューセッツ州/以下、DataRobot社)とSIコンサルティングパートナー契約を締結しました。
本契約に基づき、日立システムズはDataRobot社の機械学習自動化プラットフォーム「DataRobot」を活用したデータ分析サービスの提供を開始します。

近年、多くの企業で業務効率の向上や業務コストの削減、新たな価値の創造などに向けて、AIの活用が検討されています。AIの中でも機械学習は、マーケティング業務におけるキャンペーンの効果予測や顧客の離脱予測、人事業務における従業員の退職予測や採用応募者の選定、製造業における生産設備の自動診断などの幅広い領域での活用が注目されています。機械学習を活用するには統計学などをはじめとする高い専門知識などを有するデータサイエンティストの存在が不可欠ですが、多くの企業では優秀なデータサイエンティストの確保が難しい状況にあります。また、予測モデルの生成に時間を要し、完成時には既にそのモデルが陳腐化してしまうケースもあり、これらの課題を解決する新たな仕組みが求められています。

こうした背景のもと、日立システムズは予測モデルを誰でも簡単かつ高精度に生成することが可能な機械学習プラットフォーム「DataRobot」に着目し、同プラットフォームを活用したサービスの提供開始に向けて、DataRobot社とSIコンサルティングパートナー契約を締結しました。
DataRobot社の「DataRobot」は、世界トップクラスのデータサイエンティストの知見や経験、ベストプラクティスが集約されたエンタープライズ向けの機械学習プラットフォームです。分析対象のデータをアップロードして予測する内容を選択するだけで、数百種類におよぶ機械学習アルゴリズムの中から特にデータとの相性が良いアルゴリズムを自動で選定して表示するなど、予測モデル生成のプロセスを自動化しているため、これまで高い専門知識を有するデータサイエンティストが必要であった予測モデルの生成作業を簡単かつ高精度にできるようになります。

日立システムズは、昨年12月から社内で「DataRobot」を活用し、システム開発プロジェクトを効率的に運営するためのプロジェクトステータス推移や、健康経営戦略の一施策として従業員の健康維持・増進の支援など、複数の予測モデルの検証に取り組んでいます。これらの社内での活用ノウハウと日立システムズが持つさまざまな業種における業務知識を組み合わせ、このたび、「DataRobot」を活用したコンサルティング型サービスやSI型サービスなどのデータ分析サービスを提供開始します。

今後は、「DataRobot」のライセンス販売も可能な販売代理店契約の締結をめざしていくほか、日立システムズが保有するMA(Marketing Automation)ツールやBI(Business Intelligence)ツールと連携し、セミナー誘致や販売促進メールを配信する際に確度が高いと思われるお客さまを予測するモデルや、お客さまのニーズが高いと思われる製品・サービスを予測するモデルなどについて検証を進め、そこで得た知見やノウハウをデータ分析サービスに生かしていく予定です。

なお、今回の契約締結にあたり、日本市場でビジネスを展開しているDataRobot Japanから以下のコメントをいただいています。

DataRobotは、日立システムズ様のSIコンサルティングパートナーシップを歓迎いたします。
DataRobotは、機械学習を自動化することにより利用者の裾野を広げるプラットフォームです。
日立システムズ様の豊富な導入実績や経験、高い技術力により、DataRobotを活用した高度な機械学習ソリューションを日立グループならびに日立グループのお客さまにご提供できるものと確信しております。

DataRobot Japan カントリーマネージャー 原沢 滋

機械学習自動化プラットフォーム「DataRobot」の画面イメージについて

機械学習自動化プラットフォーム「DataRobot」の画面イメージ

DataRobot社について

DataRobotはあらゆるレベルのユーザーが機械学習・AIを迅速に活用、ビジネスへ展開するためのエンタープライズ向け機械学習自動化プラットフォームを提供しています。数百種類におよぶパワフルなオープンソースの機械学習アルゴリズムから成るライブラリを組み込んだDataRobotのプラットフォームは、予測モデルのトレーニングと評価のプロセスを自動化し、またそれらを同時並行に行うことで、大規模なAI処理を可能にします。DataRobotはあらゆる規模の組織や企業が、最速でAIの導入と活用を成功できるようにサポートいたします。 日本では、すでに大阪ガス株式会社、トランスコスモス株式会社、パナソニック株式会社、三井住友カード株式会社、株式会社リクルートホールディングスなどを含む幅広い企業で導入され、成果をあげています。

日立システムズについて

株式会社日立システムズは、幅広い規模・業種システムの構築と、データセンター、ネットワークやセキュリティの運用・監視センター、コンタクトセンター、全国約300か所のサービス拠点などの多彩なサービスインフラを生かしたシステム運用・監視・保守が強みのITサービス企業です。多彩な「人財」と先進の情報技術を組み合わせた独自のサービスによってお客さまのデジタライゼーションに貢献し、新たな価値創造に共に取り組み、お客さまからすべてを任せていただけるグローバルサービスカンパニーをめざします。

お客さまからのお問い合わせ先

株式会社日立システムズ
商品お問い合わせ窓口:TEL 0120-346-401(受付時間:9時~17時/土・日・祝日は除く)

報道機関のお問い合わせ先

株式会社日立システムズ
CSR本部 コーポレート・コミュニケーション部 杉山、藤原
〒141-8672 東京都品川区大崎一丁目2番1号
TEL:03-5435-5002(直通)
E-mail:press.we@ml.hitachi-systems.com

以上

*
記載の会社名、製品名はそれぞれの会社の商標または登録商標です。
Adobe Readerのダウンロード
PDF形式のファイルをご覧になるには、Adobe Systems Incorporated (アドビシステムズ社)のAdobe Readerが必要です。

日立システムズは、システムのコンサルティングから構築、導入、運用、そして保守まで、ITライフサイクルの全領域をカバーした真のワンストップサービスを提供します。