ページの本文へ

Hitachi

株式会社 日立システムズ

日立システムズとFAプロダクツが工場のスマート化の分野で協業

IoTや協働ロボットを活用したサービスにより、業務負荷の低減や生産性向上、技術伝承などを支援

このニュースリリースに記載されている情報(価格、仕様、サービスの内容、発売日、お問い合わせ先、URLなど)は、発表時点のものです。最新の情報につきましては、こちらのお問い合わせ先にご確認ください。

2019年2月4日
株式会社日立システムズ
株式会社FAプロダクツ

株式会社日立システムズ(代表取締役 取締役社長:北野 昌宏、本社:東京都品川区/以下、日立システムズ)は、株式会社FAプロダクツ(代表取締役社長:貴田 義和、本社:東京都港区/以下、FAプロダクツ)と、工場のスマート化の分野で協業しました。
本協業に基づき、両社が有する産業ロボット分野やIT分野の知見・ノウハウに加え、協働ロボット*1やIoTなどを活用したサービスを提供開始します。協働ロボットの特性を生かし、これまで産業ロボットを導入してきた企業だけでなく、これからロボットの導入を検討する企業に対しても積極的に本サービスを提案し、業務負荷の低減やコスト削減、品質向上、技術伝承など、製造業の生産現場におけるさまざまな課題を解決します。

*1
協働ロボット:各種センサーを内蔵し、安全機能(人と接触したら停止する等)を組み込むことで速度/力制限、衝突防止/回避などを行い、人との協調作業に対応した次世代ロボット。生産ラインへの部分的な導入も可能。

日本は急速な少子高齢化が進んでおり、2015年に7,728万人*2だった就労人口は、2040年には5,978万人*3、2065年には4,529万人*4と減少を続けることが見込まれています。特に、製造業では人手不足やノウハウ・技術の伝承などの課題が顕著になっており、単純作業や繰り返し作業の自動化、作業品質の均一化などに向けて協働ロボットを導入したり、生産性向上に向けてIoTを活用した稼働監視システムや予知保全システムなどを導入することが検討されています。

*2,*3,*4
国立社会保障・人口問題研究所「日本の将来推計人口(平成29年推計)」

こうした背景の下、ITサービス企業の日立システムズは、ロボットSIerであるFAプロダクツと、工場のスマート化の分野で協業しました。

日立システムズは、IoTやクラウドを活用したさまざまなサービスを提供しているほか、全国約300か所のサービス拠点や24時間365日対応のコンタクトセンターなどのサービスインフラを活用した「ロボティクスサポートサービス」を提供しています。さらには、製造業の各工場に点在する資産や設備の正確な把握・管理を支援する「統合資産管理サービス」などの提供を通じて現場作業のデジタライゼーションをサポートしています。

FAプロダクツは自動車や電機、半導体や食品などの製造業全般に対して、稼働監視や予知保全、生産シミュレーター、ロボットシステムなどをパッケージ化して提供することで、製造現場の生産性向上に寄与する「スマートファクトリーパッケージソリューション」を手掛けています。昨年5月には株式会社オフィス エフエイ・コム(代表取締役:飯野 英城、本社:栃木県小山市)、ロボコム株式会社(代表取締役:天野 眞也、本社:東京都港区)とともに、「世界最新のリアルなロボット×IoTソリューションの体感」と「SIerの育成」を目的に、展示施設「Smart Factory Conductor LABO」を栃木県小山市に開設し、ロボットとIoTの先進的な活用事例を紹介しています。

今回の協業に基づき、日立システムズが有する多様なITサービスの実績・ノウハウやサービスインフラと、FAプロダクツのスマートファクトリー分野におけるコンサルティング力・設計力、さらには人と同じ空間で作業をする双腕ロボット「duAro」を販売する川崎重工業株式会社などのロボットメーカーと連携することでロボット事業における知見・ノウハウを組み合わせ、現場業務のロボット化の企画から、設計・構築、保守・運用までをワンストップで対応する協働ロボットの導入サービスを提供していきます。

なお、日立システムズは、製造業向けのサービスだけにとどまらず、飲食業や物流業などの現場業務を改善するサービスの提供にも取り組んでいく予定です。

今回の協業スキーム図

協業スキーム図

日立システムズの「協働ロボットサポートサービス」のWebサイト

ロボット×IoTの展示場「Smart Factory Conductor LABO」の見学について

スマラボはロボット導入を検討される方向けに、事前予約制で公開しております。見学、相談をご希望の方は下記のお問い合わせフォームよりご連絡ください。

日立システムズについて

株式会社日立システムズは、幅広い規模・業種システムの構築と、データセンター、ネットワークやセキュリティの運用・監視センター、コンタクトセンター、全国約300か所のサービス拠点などの多彩なサービスインフラを生かしたシステム運用・監視・保守が強みのITサービス企業です。多彩な「人財」と先進の情報技術を組み合わせた独自のサービスによってお客さまのデジタライゼーションに貢献し、新たな価値創造に共に取り組み、お客さまからすべてを任せていただけるグローバルサービスカンパニーをめざします。

FAプロダクツについて

株式会社FAプロダクツは、「コネクテッド・インダストリーズを世界へ」をビジョンとし、スマートファクトリー構築支援、再生可能エネルギー導入支援を中心とした事業展開を行っております。エンジニアリング(技術)、インテリジェンス(知恵)、ストラテジー(戦略)、マーケティング(販促)の力を組み合わせ、「最新の技術」と「最高の技術」を「最強の組み合わせ」として提供することで、社会が抱える課題を解決することをめざしています。製造業向けIoT、ロボットパッケージの企画から販売、再生可能エネルギーシステムのトータル提供に加え、スマートファクトリー構築におけるプロデュースおよびコンサルティング業務を推進しています。

お客さまからのお問い合わせ先

株式会社日立システムズ
商品お問い合わせ窓口:TEL 0120-346-401(受付時間:9時~17時/土・日・祝日は除く)

株式会社FAプロダクツ
広報・マーケティング部 高見
TEL:03-6453-6761
E-mail : fa@fa-products.jp

報道機関のお問い合わせ先

株式会社日立システムズ
CSR本部 コーポレート・コミュニケーション部 杉山、藤原
〒141-8672 東京都品川区大崎一丁目2番1号
TEL:03-5435-5002(直通)
E-mail:press.we@ml.hitachi-systems.com

株式会社FAプロダクツ
広報・マーケティング部 高見
TEL:03-6453-6761
E-mail : fa@fa-products.jp

以上

*
記載の会社名、製品名はそれぞれの会社の商標または登録商標です。
Adobe Readerのダウンロード
PDF形式のファイルをご覧になるには、Adobe Systems Incorporated (アドビシステムズ社)のAdobe Readerが必要です。

日立システムズは、システムのコンサルティングから構築、導入、運用、そして保守まで、ITライフサイクルの全領域をカバーした真のワンストップサービスを提供します。