ページの本文へ

Hitachi

株式会社 日立システムズ

Azure Stackの導入から保守までをトータルに支援する「Azure Stack 導入・運用サービス」を販売開始

Microsoft Azureと組み合わせたハイブリッドクラウド化も支援し、開発・運用コストを低減

このニュースリリースに記載されている情報(価格、仕様、サービスの内容、発売日、お問い合わせ先、URLなど)は、発表時点のものです。最新の情報につきましては、こちらのお問い合わせ先にご確認ください。

2018年6月13日
株式会社日立システムズ

株式会社日立システムズ(代表取締役 取締役社長:北野 昌宏、本社:東京都品川区/以下、日立システムズ)は、ハイブリッドクラウド環境の実現を支援するサービスの一つとして、日本マイクロソフト株式会社(以下、日本マイクロソフト)が提供するクラウドプラットフォーム「Microsoft Azure」と一貫性のあるアプリケーション開発・運用プラットフォームを、プライベートな環境に導入して利用できる「Azure Stack」の導入から監視・運用、保守までをトータルに支援する「Azure Stack 導入・運用サービス」を本日から販売開始します。
本サービスは、3種類の提供タイプの中から、お客さまの要望にあった形でのAzure Stackの導入と、日立システムズが長年提供し、実績のある監視・運用、保守をトータルに支援するサービスです。Microsoft Azureと、本サービスを組み合わせて利用することで、開発・運用効率や拡張性が高く、一貫性のあるハイブリッドクラウド環境を実現することが可能です。

近年の「所有」から「利用」というIT環境の変化に伴い、企業では業務効率化やコスト削減を目的としたクラウドの導入が急速に進んでいます。しかし、個人情報保護の観点や法的規制などにより、システムの一部をパブリッククラウドに移行できないケースなどもあり、パブリッククラウドとプライベートクラウドを組み合わせて活用するハイブリッドクラウドのニーズが高まっています。しかし、これまでパブリッククラウドやプライベートクラウドを部分的に導入してきた企業の多くは、さまざまなプラットフォームが混在した複雑な環境で運用しており、開発・運用の両面で負担がかかっていました。

こうした背景を踏まえ、日立システムズは、「Azure Stack 導入・運用サービス」を販売開始します。
Azure Stackとは、Microsoft Azureの主要機能を自社環境に導入可能なアプライアンス製品(マイクロソフト社のソフトウェアと対応ハードウェア*1をセットにした製品)です。Azure Stack はMicrosoft Azureと組み合わせて利用することを前提に設計されているため、Microsoft Azureと一貫性のある機能、操作性を持ち、共通のアプリケーションを稼働させることが可能です。
今回、新たに販売開始する「Azure Stack 導入・運用サービス」は、お客さまの拠点や日立システムズのデータセンターなど、設置場所や提供方法が異なる3種類の提供タイプから、お客さまの要望にあった形でAzure Stack導入を支援するとともに、その後の監視・運用、保守までをサポートすることで、Azure Stackを活用したプライベートクラウドの構築をトータルに支援します。また、日立システムズは、Microsoft Azureの安定運用を支援するリモート監視・運用などの関連サービスを提供しており、お客さまの要望に応じて、「Azure Stack 導入・運用サービス」とMicrosoft Azureの関連サービスを組み合わせたワンストップな月額サービスとして提供可能です。

お客さまは、「Azure Stack 導入・運用サービス」により、パブリッククラウドとプライベートクラウドが混在するハイブリッドクラウド環境においても、一貫性のある開発・運用管理を実現できるようになり、開発・運用コストの低減が可能になります。さらに、Microsoft Azureの関連サービスを組み合わせて活用することで、さらなる業務効率化や運用コストの低減が可能になります。

今後、日立システムズは、株式会社日立製作所とも連携しながら、主に中堅から大規模企業向けに「Azure Stack 導入・運用サービス」およびMicrosoft Azureの関連サービスを拡販し、今後5年間で累計20億円の販売をめざします。

*1
日立システムズは日本ヒューレット・パッカード株式会社(以下、日本ヒューレット・パッカード)のハードウェアを採用しています。

サービスの概要

図:Azure Stack 導入・運用サービスの概要

日立システムズは、従来からMicrosoft Azureの提供と運用、監視サービスを行ってきました。今回の「Azure Stack 導入・運用サービス」のラインアップ追加によって、Microsoft AzureとAzure Stackのハイブリッドクラウド環境と、それらをマネージする運用・監視、保守などのマネジメントサービスをワンストップの月額サービスとして提供可能になりました。さらに、他のクラウドサービスやオンプレミスと組み合わせた、マルチクラウド環境をサポートするサービスも提供可能です。
Azure Stackの設置場所として、日立システムズのデータセンターを利用いただく場合は、情報セキュリティマネジメントシステムの国際規格であるISO/IEC27001認証を取得した日本全国のデータセンターを活用いただけます。また、監視やリモート運用サービスを利用いただく場合は、ITサービスマネジメントシステムの国際規格であるISO/IEC20000に適合した高品質なサービスを提供します。

「Azure Stack 導入・運用サービス」のWebサイト

主な活用例

  • 法的規制に対応するため、データはAzure Stack上に保管しつつ、Microsoft Azure上でアプリケーションを利用するケース
  • 初期のデータ処理はプライベートクラウドで行い、高度な分析処理をMicrosoft Azure上で行うなど、IoTシステムなどのエッジコンピューティングとして利用するケース
  • システムの開発・運用効率を向上させるため、開発環境はパブリッククラウドのMicrosoft Azure上で行い、本番環境はプライベートクラウドのAzure Stack上で行うケース
  • トータルコストを低減するため、通常時はプライベートクラウドのAzure Stack上で利用するが、システムの稼働率が高まるピーク時のみ、パブリッククラウドのMicrosoft Azure上のエリアも活用するケース

「Azure Stack 導入・運用サービス」の「AzureStack」提供タイプ一覧

サービス
モデル
設置場所サービス概要価格
(税抜)
マネージドサービス型日立システムズの
データセンター
  • 日立システムズのデータセンターにAzure Stack環境およびネットワーク機器を構築。
  • 日立システムズにて監視・運用・保守までワンストップでサポート。
  • Azureの月額ライセンスを提供。
約264万円~/月
(初期費用は個別見積もり)
お客さまの拠点
(ご指定の場所)
  • お客さまの拠点(ご指定の場所)にAzure Stack環境を構築。
  • 日立システムズにて監視・保守をサポート。
  • Azure月額ライセンスを提供。
約134万円~/月
(初期費用は個別見積もり)
SI型
(機器売切り)
お客さまの拠点
(ご指定の場所)
  • お客さまの拠点(ご指定の場所)にAzure Stack環境を構築。
個別見積もり

パートナー企業からのコメント

なお、本サービスの販売開始にあたり、日本マイクロソフト、日本ヒューレットパッカードから以下のコメントをいただいています。

日本マイクロソフト株式会社は、株式会社日立システムズの「Azure Stack 導入・運用サービス」の販売開始を心より歓迎いたします。
企業のデジタルトランスフォーメーションによるクラウドの導入が急速に進む一方、さまざまな規制によりハイブリッドクラウドを必要としているお客さまが増加しています。日立システムズの導入、監視、運用、保守の一貫したサービスと、ハイパースケールなハイブリッドクラウド環境をお客さまへ提供することで、さらなるデジタルトランスフォーメーションが加速されると確信しております。今後も日本マイクロソフトは、日立システムズと連携し、クラウドサービスによってお客さまの事業の発展に貢献してまいります。

日本マイクロソフト株式会社 パートナー事業本部 ソリューション&ビジネス開発本部
業務執行役員 本部長 佐藤 久

日本ヒューレット・パッカード株式会社は、株式会社日立システムズの新サービス「Azure Stack 導入・運用サービス」の提供を心より歓迎いたします。
クラウド活用の現実解である、パブリッククラウドとプライベートクラウドを組み合わせたハイブリッドクラウドの市場ニーズは確実に高まっています。しかしながら、ハイブリッドクラウドの運用は、異なる環境を組み合わせて利用する必要があり、想像以上に複雑です。企業にとってハイブリッドクラウド導入の成功の鍵は、いかに導入と運用をシンプルに行えるかが重要であると弊社は考えます。
今回の株式会社日立システムズの新サービスと弊社ソリューションの組み合わせにより、企業のハイブリッドクラウドの実現を容易にし、ビジネスのスピードアップや運用コストの低減に寄与するものと確信しております。

日本ヒューレット・パッカード株式会社 執行役員 ハイブリッドIT事業統括 五十嵐 毅

日立システムズについて

株式会社日立システムズは、幅広い規模・業種システムの構築と、データセンター、ネットワークやセキュリティの運用・監視センター、コンタクトセンター、全国約300か所のサービス拠点などの多彩なサービスインフラを生かしたシステム運用・監視・保守が強みのITサービス企業です。多彩な「人財」と先進の情報技術を組み合わせた独自のサービスによってお客さまのデジタライゼーションに貢献し、新たな価値創造に共に取り組み、お客さまからすべてを任せていただけるグローバルサービスカンパニーをめざします。

お客さまからのお問い合わせ先

株式会社日立システムズ
商品お問い合わせ窓口:TEL 0120-346-401(受付時間:9時~17時/土・日・祝日は除く)

報道機関のお問い合わせ先

株式会社日立システムズ
CSR本部 コーポレート・コミュニケーション部 杉山、藤原
〒141-8672 東京都品川区大崎一丁目2番1号
TEL:03-5435-5002(直通)
E-mail:press.we@ml.hitachi-systems.com

以上

*
記載の会社名、製品名はそれぞれの会社の商標または登録商標です。
Adobe Readerのダウンロード
PDF形式のファイルをご覧になるには、Adobe Systems Incorporated (アドビシステムズ社)のAdobe Readerが必要です。

日立システムズは、システムのコンサルティングから構築、導入、運用、そして保守まで、ITライフサイクルの全領域をカバーした真のワンストップサービスを提供します。