ページの本文へ

Hitachi

株式会社 日立システムズ

日立システムズが「平成29年度かながわ地球環境賞」を受賞

高効率設備の導入やエネルギー管理基準書に基づく運用対策の徹底など、温室効果ガス削減への取り組みが評価

このニュースリリースに記載されている情報(価格、仕様、サービスの内容、発売日、お問い合わせ先、URLなど)は、発表時点のものです。最新の情報につきましては、こちらのお問い合わせ先にご確認ください。

2018年2月15日
株式会社日立システムズ

株式会社日立システムズ(代表取締役 取締役社長:北野 昌宏、本社:東京都品川区/以下、日立システムズ)は、このたび、神奈川県から「平成29年度かながわ地球環境賞」を受賞したことをお知らせします。
本受賞は、神奈川県内の事業所において、LED照明や省エネルギー型空調設備などの高効率設備の導入を積極的に進めている点や、エネルギー管理基準書に基づく運用対策を徹底している点など、温室効果ガス削減への取り組みが評価されたものです。

写真
神奈川県の黒岩県知事(右)と
河村 保雄 当社スマートソーシング&サービス事業部第一運用本部データセンタサービス基盤統括部担当部長(左)

神奈川県とかながわ地球環境保全推進会議は、2015年7月に、県民の皆さんの日々の生活、企業の皆さんの事業活動、行政の取り組みの中で、地球環境問題を自分のこととして考え、解決するための行動を、10の項目、90個の行動メニューとして「私たちの環境行動宣言 かながわエコ10(てん)トライ」を取りまとめました。
「かながわ地球環境賞」は、この「私たちの環境行動宣言 かながわエコ10トライ」の具体的な取り組みに沿った実践的な活動や、神奈川県地球温暖化対策推進条例、神奈川県再生可能エネルギーの導入等の促進に関する条例に基づく優れた取り組みを行った団体(企業、行政、学校、NPO等)や個人に対し、その功績を称え、表彰するものです。

今回、日立システムズは、以下の取り組みが評価され、「温暖化対策計画書部門」で「平成29年度かながわ地球環境賞」を受賞しました。

  • データセンターを含む神奈川県内の14事業所において、LED照明や省エネルギー型空調設備に切り替えたほか、受変電設備を更新するなど高効率設備の導入を積極的に進めている点。
  • エネルギー管理基準書に基づく運用対策を徹底し、室内の冷房設定温度管理や簡易間仕切りによる熱溜まりの解消などにも努めている点。
  • 2015年度における二酸化炭素の排出量について、基準年度(2012年度)に対する削減率が約26%と大幅な削減を実現した点。

日立システムズは、過去にも大阪府内の事業所が事業活動で排出される温室効果ガスや人工排熱の抑制ならびに電気の需要の平準化について、特に優れた取り組みをした事業者として「平成27年度 おおさかストップ温暖化賞」を受賞するなど、環境負荷低減のために、省エネルギー化を推進してきました。
また、自社内だけでなく、事業面においてもオフィス・工場・店舗・病院・データセンターなどのさまざまなシーンにおいて、業種や規模を問わず、一つの法人が多拠点のエネルギーデータや設備などを統合的に管理し、省エネルギー、業務効率向上、およびBCPを実現する統合エネルギー・設備マネジメントサービス「Emilia(エミリア)」なども提供しています。

今後の事業活動においても、日立システムズは、ITサービスを通じてお客さまの環境負荷低減に貢献するとともに、多彩な人財と先進の情報技術を組み合わせた独自のサービスによってお客さまのデジタライゼーションに貢献し、お客さまと共に新たな価値を創造してまいります。

日立システムズの環境負荷低減の取り組みに関するWebサイト

統合エネルギー・設備マネジメントサービス「Emilia」のWebサイト

日立システムズについて

株式会社日立システムズは、幅広い規模・業種システムの構築と、データセンター、ネットワークやセキュリティの運用・監視センター、コンタクトセンター、全国約300か所のサービス拠点などの多彩なサービスインフラを生かしたシステム運用・監視・保守が強みのITサービス企業です。多彩な「人財」と先進の情報技術を組み合わせた独自のサービスによってお客さまのデジタライゼーションに貢献し、新たな価値創造に共に取り組み、お客さまからすべてを任せていただけるグローバルサービスカンパニーをめざします。

報道機関のお問い合わせ先

株式会社日立システムズ
CSR本部 コーポレート・コミュニケーション部 杉山、藤原
〒141-8672 東京都品川区大崎一丁目2番1号
TEL:03-5435-5002(直通)
E-mail:press.we@ml.hitachi-systems.com

以上

*
記載の会社名、製品名はそれぞれの会社の商標または登録商標です。
*
統合エネルギー・設備マネジメントサービス「EMilia(エミリア)」は、株式会社日立製作所の日本国内における登録商標です。
Adobe Readerのダウンロード
PDF形式のファイルをご覧になるには、Adobe Systems Incorporated (アドビシステムズ社)のAdobe Readerが必要です。

日立システムズは、システムのコンサルティングから構築、導入、運用、そして保守まで、ITライフサイクルの全領域をカバーした真のワンストップサービスを提供します。