ページの本文へ

Hitachi

株式会社 日立システムズ

総合インキメーカーのT&K TOKAが日立システムズの「SHIELD セキュリティコンサルティングサービス」を導入

総合的なリスク分析と対策の優先順位付けにより、情報セキュリティ対策を効果的に推進

このニュースリリースに記載されている情報(価格、仕様、サービスの内容、発売日、お問い合わせ先、URLなど)は、発表時点のものです。最新の情報につきましては、こちらのお問い合わせ先にご確認ください。

2017年9月25日
株式会社日立システムズ

株式会社日立システムズ(代表取締役 取締役社長:北野 昌宏、本社:東京都品川区/以下、日立システムズ)は、株式会社T&K TOKA様(増田 至克 代表取締役社長、本社:埼玉県入間郡/以下、T&K TOKA)が、「SHIELD セキュリティコンサルティングサービス」を導入したことをお知らせします。
「SHIELD セキュリティコンサルティングサービス」は、企業の持つ情報資産に対し、独自のフレームワーク(分析手法)により、企業のセキュリティリスクを総合的に評価・分析し、対策を提案するサービスです。
T&K TOKAは、本サービスを利用してサイバー攻撃などの脅威に対するセキュリティ上の課題を明確化し、優先度の高いものから順次対策を実施したことで、短期間で事業上のリスクを軽減しました。

T&K TOKAは、UVインキ業界で国内トップクラスのシェアを持つ印刷インキメーカーです。オフィスや工場にはPCや印刷機器をはじめ、さまざまな機器を保持しています。これまで、情報セキュリティ対策については、自社でセキュリティ機器の導入や従業員教育などを実施していました。しかし、海外取引の拡充など事業のグローバル化を加速させていく中で、新しい技術やITツールの導入が増えており、情報セキュリティ対策の妥当性や有用性、追加で必要な対策について早急に把握することが課題となっていました。

こうした中、T&K TOKAは、第三者の評価により、情報セキュリティ対策が不足している部分を明確化し、強化するために日立システムズの「SHIELD セキュリティコンサルティングサービス」を導入しました。
近年のサイバー攻撃は手法が多様化しており、ウイルスがシステムに侵入することを完全に防ぐことは極めて困難です。こうした傾向を踏まえ、T&K TOKAは今回のサービス選定にあたり、システムへの侵入防止対策だけでなく、システム内部も含めて総合的にセキュリティの診断や対策が可能であることをポイントとしました。日立システムズは、情報セキュリティに関する総合的な診断サービスや対策サービスを提供していることがT&K TOKAに評価され、「SHIELD セキュリティコンサルティングサービス」が選定されました。

今回、T&K TOKAは、本サービスの中で、セキュリティ対策の全体像を現状分析し、今後対策すべき範囲の素案をスピーディーに立案する「セキュリティリスク分析」を利用しました。
日立システムズは、今回の分析において、主に国内拠点に対する標的型攻撃への対策を中心に、システムのサーバーやネットワークなど技術的な観点に加え、現状のセキュリティポリシーをはじめとする組織、運用などの観点からリスク分析を実施しました。二週間の分析期間で、T&K TOKAの課題ならびにそれらの課題が事業に与える想定インパクトを基に、早急に対策が必要なもの、今後対策が必要なものに区分し、中長期的なロードマップを結果レポートとして提示しました。その結果、T&K TOKAから以下の点で高い評価を得ました。

  • 現状の情報セキュリティ対策の妥当性、今後行うべき対策について自社だけで判断することは難しく、 専門家による客観的な分析や対策ロードマップが有用であった点
  • 対象とする分析範囲を絞ったことにより、ヒアリング・調査から分析結果の提示までが短期間であり、迅速に対策に着手することができたため、ビジネスの加速と情報セキュリティの確保を両立できた点

今後、日立システムズは、海外拠点も含めたグループ全体で統一的に情報セキュリティ対策を推進していく計画のT&K TOKAを引き続き情報セキュリティの側面から支援していきます。
また、拡大するサイバー攻撃の脅威に対抗するべく、「SHIELD セキュリティコンサルティングサービス」の提供を通じてさまざまな企業のセキュリティ対策を支援し、2018年度までに累計300社への導入をめざします。

「SHIELD セキュリティコンサルティングサービス」のサービス内容
(リスクを低減するための対策ステップ)

「SHIELD セキュリティコンサルティングサービス」のサービスメニュー(リスクを低減するための対策ステップ)
ステップ(プロセス)日立システムズの支援策サービス対応メニュー
1.把握現状の課題を確認し、改善提案のロードマップを作成する。
  • セキュリティリスク分析
  • セキュリティアドバイスサービス
2.確認ポリシーに基づき体験型+教育にて効果的に意識向上を図り、セキュリティ対策の効果を最大化する。
  • セキュリティポリシー策定支援
  • 標的型攻撃メール訓練
  • セキュリティ教育
3.計画ポリシー、ロードマップにのっとり、システム、人、組織に対するセキュリティ対策を実施する。
  • CSIRT構築支援
4.遂行(支援)対策の効果を継続的にモニタリングし、改善提案することでセキュリティレベルの維持を可能とする。
  • セキュリティアドバイスサービス

「SHIELD セキュリティコンサルティングサービス」について

「SHIELD セキュリティコンサルティングサービス」は、企業が持つ情報資産に対する脅威やぜい弱性を独自のフレームワークで数値化し、セキュリティリスクを総合的に評価します。フレームワークは、カナダのグループ会社である日立システムズキュリティ社が北米の金融機関、インフラ事業者(エネルギー関連企業など)、医療機関などの重要情報を扱う事業者に提供しているものを日本向けに再構成したもので、これまで日立システムズが提供していた規定、運用を対象としたコンサルティングに加え、ITシステムのセキュリティ対策まで範囲を広げて提供します。現場に即し、実践的な分析、成果物を提供できることが特長で、お客さまのセキュリティ対策における対策状況やプロセスに合わせたメニューをそろえ、お客さまが不足と思われる点の強化に利用することが可能です。

T&K TOKAへの導入事例Webページについて

T&K TOKAへの導入事例動画コンテンツについて

株式会社T&K TOKAについて

T&K TOKAは、創業から70年、⼀貫してインキを専業としてまいりました。「Technology & Kindness」の言葉に表されるように、創業から大切にしてきた、「使いやすくていいものを提供していこう」という「まごころ」は70年経った今も、当社のDNAとして息づいています。これは、100年後も変わらないし、変えてはいけないと強く思っています。
一方で「テクノロジー」。今現在も高い評価をいただいておりますが、次々と変わりゆく時代に対応するためには、よりいっそうの変化が必要だと考えています。時代は「小ロット多品種生産」が求められています。これはまさしく当社の得意とするところであり、今まで以上にお客さまの要望に応えていけるものと確信しております。インキメーカーとして先発ではありませんが、だからこそチャレンジングな姿勢を忘れず、より付加価値の高い製品をご提案させていただきたいと考えています。

日立システムズについて

株式会社日立システムズは、幅広い規模・業種システムの構築と、データセンター、ネットワークやセキュリティの運用・監視センター、コンタクトセンター、全国約300か所のサービス拠点などの多彩なサービスインフラを生かしたシステム運用・監視・保守が強みのITサービス企業です。多彩な「人財」と先進の情報技術を組み合わせた独自のサービスによってお客さまのデジタライゼーションに貢献し、新たな価値創造に共に取り組み、お客さまからすべてを任せていただけるグローバルサービスカンパニーをめざします。

お客さまからのお問い合わせ先

株式会社日立システムズ
商品お問い合わせ窓口:TEL 0120-346-401(受付時間:9時~17時/土・日・祝日は除く)

報道機関のお問い合わせ先

株式会社日立システムズ CSR本部 コーポレート・コミュニケーション部 杉山、藤原
〒141-8672 東京都品川区大崎一丁目2番1号
TEL:03-5435-5002(直通)
E-mail:press.we@ml.hitachi-systems.com

以上

*
記載の会社名、製品名はそれぞれの会社の商標または登録商標です。
Adobe Readerのダウンロード
PDF形式のファイルをご覧になるには、Adobe Systems Incorporated (アドビシステムズ社)のAdobe Readerが必要です。
  • お問い合わせ

日立システムズは、システムのコンサルティングから構築、導入、運用、そして保守まで、ITライフサイクルの全領域をカバーした真のワンストップサービスを提供します。