ページの本文へ

Hitachi

株式会社 日立システムズ

日立システムズが金融ISACのアフィリエイト会員にゴールド会員として加盟

サイバーセキュリティに関する金融機関協働組織 金融ISACの活動に賛同

株式会社日立システムズ(代表取締役 取締役社長:北野 昌宏、本社:東京都品川区/以下、日立システムズ)は、金融機関向けのサイバーセキュリティ対策支援活動の一環として、2017年度から一般社団法人金融ISAC(理事長:菅谷 光啓、所在地:東京都千代田区/以下、金融ISAC)のアフィリエイト会員(ゴールド会員)として活動を開始したことをお知らせします。

昨今、日々進化するサイバー攻撃により、企業などでは重要情報の漏えいや重要システムの停止など、さまざまな被害が発生しています。中でも金融機関においては、インターネットバンキングサービスなどを狙ったサイバー攻撃が頻発しており、サイバーセキュリティに関する情報を早期に入手・分析し、攻撃が行われる前に速やかな対策を講じることが求められています。しかし、標的型攻撃をはじめとする昨今のサイバー攻撃は、組織化されたプロ集団により高度な技術で行われており、個々の技術力と一般的な情報で対応するには限界があるため、企業の枠を越えて相互協力し、サイバー攻撃への対応を高度化していくことが求められていました。

こうした背景を踏まえ、2014年に民間の金融機関が集まって組織化されたのが、金融ISACです。金融ISACは、日本の金融機関によるサイバーセキュリティに関する情報の共有および分析を行い、金融システムの安全性の向上を推進することにより、利用者の安心・安全を継続的に確保することを目的としている一般社団法人です。日立システムズは、金融ISACの活動趣旨に賛同したことから、このたび、アフィリエイト会員(ゴールド会員)として活動を開始しました。

今後日立システムズは、金融ISACの会員である金融機関に対し、長年にわたり培ってきたセキュリティに関する情報や知見などを提供することにより、金融機関ひいては社会の安全を守る取り組みをサポートしてまいります。

日立システムズについて

株式会社日立システムズは、幅広い業務システムの設計・構築サービス、強固なデータセンター基盤を活用したアウトソーシングサービス、全国約300か所のサービス拠点とコンタクトセンターによるお客さまに密着した高品質な運用・保守サービスを強みとするITサービス企業です。日本のIT黎明期から先駆的に取り組んできたITサービスの実績・ノウハウを生かし、システムのコンサルティングから構築、導入、運用、保守まで、ITのライフサイクル全領域をカバーするワンストップサービスを提供しています。また、1996年から20年以上にわたり、サイバー・セキュリティソリューション「SIHELD」を提供しており、セキュリティリスクの洗い出しから、セキュリティ対策システムの設計・構築、セキュリティオペレーションセンターによる運用、組織内CSIRTを支援する高度な情報共有サービスなど、金融機関をはじめ、公共、産業、流通、社会など、さまざまな業種のお客さまのサイバーセキュリティ対策を支援しています。

報道機関のお問い合わせ先

株式会社日立システムズ CSR本部 コーポレート・コミュニケーション部 杉山、藤原
〒141-8672 東京都品川区大崎一丁目2番1号
TEL:03-5435-5002(直通)
E-mail:press.we@ml.hitachi-systems.com

以上

*
記載の会社名、製品名はそれぞれの会社の商標または登録商標です。
Adobe Readerのダウンロード
PDF形式のファイルをご覧になるには、Adobe Systems Incorporated (アドビシステムズ社)のAdobe Readerが必要です。
  • お問い合わせ

日立システムズは、システムのコンサルティングから構築、導入、運用、そして保守まで、ITライフサイクルの全領域をカバーした真のワンストップサービスを提供します。