ページの本文へ

Hitachi

株式会社 日立システムズ

監視カメラなどのIoT機器に対するサイバー攻撃を検知するサービスを開発

組み込みソフトウェアと遠隔監視サービスの組み合わせにより、リスクへの早期対処を実現

株式会社日立システムズ(代表取締役 取締役社長:北野 昌宏、本社:東京都品川区/以下、日立システムズ)は、インターネットに接続された監視カメラや自動販売機などの機器(以下、IoT機器)に対するサイバー攻撃(遠隔操作や乗っ取りなど)を検知するサービスを開発しました。
本サービスは、IoT機器の製造段階にあらかじめ搭載するセキュリティソフトウェア(組み込みソフトウェア)と、本ソフトウェアが検知したサイバー攻撃を遠隔監視するサービスから構成されます。ソフトウェアは、IoT機器本来の動作に影響を与えないように独自開発したもので、2017年6月から主にIoT機器メーカー向けに提供開始する予定です。本サービスの活用により、IoT機器の利用者は、IoT機器に対するサイバー攻撃を早期に検知し、対処することが可能になります。

近年、さまざまな機器をインターネットに接続し、稼働情報などの収集や遠隔からの制御を目的としたIoTビジネスが拡大しています。一方で、独立行政法人 情報処理推進機構(IPA)が2017年1月に発表した「情報セキュリティ10大脅威 2017」では、「IoT機器のぜい弱性の顕在化」が指摘されており、実際にIoT機器を不正に乗っ取り、踏み台にしたサイバー攻撃なども急増しています。こうした問題への対策のために、IoT機器に対するサイバー攻撃をいち早く検知する仕組みが求められています。
一般的な対策として、PCやサーバーに用いられるウイルス対策ソフトウェアを導入することが考えられますが、ウイルスの検知処理がIoT機器の動作遅延などの影響を与える可能性があることやアップデートが必要になること、ソフトウェアがサイバー攻撃を検知しても、利用者や管理者が把握・対処することが難しいことなど、IoT機器特有の事情により導入が難しいという課題があります。

こうした背景を踏まえ、日立システムズは、組み込みソフトウェアと遠隔監視サービスの組み合わせにより、IoT機器に対するサイバー攻撃を検知するサービスを開発しました。本サービスでは、IoT機器や、各IoT機器とインターネットとの中継を行うIoTゲートウェイに、独自開発したソフトウェアをあらかじめ組み込んでおき、本ソフトウェアが検知したサイバー攻撃を、日立システムズのセキュリティオペレーションセンター(SHIELD SOC)に知らせることにより、セキュリティリスクを把握し、早期に対処できる仕組みです。
本ソフトウェアは、セキュリティオペレーションセンターと連動する仕組みによりソフトウェア自体の機能を絞り込んでおり、本ソフトウェアを動作させてもIoT機器本来の動作を妨げにくくなっています。さらに、ソフトウェアの定期的なアップデートも不要です。
本ソフトウェアは、長年にわたり幅広いセキュリティサービスを提供してきた日立システムズと、グループ会社の株式会社セキュアブレイン(代表取締役社長 兼 CEO:新保 勲、本社:東京都千代田区/以下、セキュアブレイン)が、IoT機器に対するサイバー攻撃の手法や傾向を分析して開発しました。

本サービスの利用により、IoT機器メーカーは自社が提供するIoT機器にセキュリティ機能を付加することが可能となります。また、本サービスを活用したIoT機器の利用者は、IoT機器に対するサイバー攻撃を早期に検知し、対処することが可能となるだけでなく、システムの停止・被害の拡大を防ぎ、意図しないサイバー攻撃への加担などのリスクを軽減することができます。

日立システムズは、本サービスを自社のIoT/M2M事業で活用するとともに、IoT機器、IoTゲートウェイを開発するメーカーに対して幅広く提供し、2019年までに10万台のIoT機器・IoTゲートウェイへの導入をめざします。

サービス利用イメージ

サービス利用イメージ
※IoT機器、IoTゲートウェイはLinux OSのみが対象

セキュリティソリューション「SHIELD」について

日立システムズは、お客さまの情報資産を守るため、セキュリティ導入時のコンサルテーションからシステムの構築、運用までセキュリティに精通したエンジニアがワンストップでお応えするセキュリティソリューション「SHIELD」を提供しています。また、「SHIELD」では、SOCを活用し24時間365日のセキュリティ運用・監視サービスを提供しています。

日立システムズについて

株式会社日立システムズは、幅広い業務システムの設計・構築サービス、強固なデータセンター基盤を活用したアウトソーシングサービス、全国約300か所のサービス拠点とコンタクトセンターによるお客さまに密着した高品質な運用・保守サービスを強みとするITサービス企業です。日本のIT黎明期から先駆的に取り組んできたITサービスの実績・ノウハウを生かし、システムのコンサルティングから構築、導入、運用、保守まで、ITのライフサイクル全領域をカバーするワンストップサービスを提供しています。そして、ITの枠組みを超えてお客さまに新たな価値を創造し、お客さまからすべてを任せていただけるグローバルサービスカンパニーをめざしています。

セキュアブレインについて

株式会社セキュアブレインは、インターネット上の脅威が多様化する中、Webサービスを提供する事業者や企業にITセキュリティを届ける、サイバーセキュリティ専門会社です。「ネット犯罪からすべての人を守る」というミッションのもと、信頼性の高いセキュリティ情報と高品質なセキュリティ製品・サービスを提供する、日本発のセキュリティの専門企業です。

お客さまからのお問い合わせ先

株式会社日立システムズ
商品お問い合わせ窓口:TEL 0120-346-401(受付時間:9時~17時/土・日・祝日は除く)

報道機関のお問い合わせ先

株式会社日立システムズ CSR本部 コーポレート・コミュニケーション部 杉山、藤原
〒141-8672 東京都品川区大崎一丁目2番1号
TEL:03-5435-5002(直通)
E-mail:press.we@ml.hitachi-systems.com

以上

*
文中の社名、商品名等は各社の商標または登録商標である場合があります。
Adobe Readerのダウンロード
PDF形式のファイルをご覧になるには、Adobe Systems Incorporated (アドビシステムズ社)のAdobe Readerが必要です。

日立システムズは、システムのコンサルティングから構築、導入、運用、そして保守まで、ITライフサイクルの全領域をカバーした真のワンストップサービスを提供します。