ページの本文へ

Hitachi

日立システムズ ReportConnectionII

スーパーマーケット様

Report ConnectionII スーパーマーケット様導入事例

毎月の予算書作成や季節商品の注文データの大幅な効率化を実現

店舗からの報告書集計に電子メールやFAXを利用していたスーパーマーケット様。Report Connectionを導入し、毎月の予算書作成や季節商品の注文データ集計の効率化が実現できました。Excelの高度な知識が不要となり、担当者の異動による引継ぎ作業の問題も解消できました。

お客様の概要

主な事業内容 食料品、日用品の販売
本システムご利用業務 各店舗の予実算管理

導入経緯

  • 各店舗へ“翌月実績見通し状況”の報告を求める為、定型様式(Excel)に期初策定時の予算値・前年実績値をExcelに切り貼りし、各店舗にメールを配布していた。
  • 各店舗で翌月実績見通しを入力し、本部にメールで送信していたため、本部ではメールの添付ファイル(Excel)切り出しなどの煩雑な作業が発生していた。
  • また、本部での集計は、Excelの高度な機能を利用していたため、担当者の異動による引継ぎ作業の問題が発生していた。

導入ポイント

Report Connectionを利用した各店舗の予実算管理の効率化を計画し、ご発注から1ヶ月間で本番稼働。報告書集計作業の大幅効率化を実現。

  • Report Connectionの“データ自動貼り付け機能”により、全店舗に発令する予算書に各店舗の“前年実績値”を自動貼付けが可能。
  • 各店舗は翌月実績見通しを入力し本部へ提出。
  • 本部は各店舗の提出状況を確認し、提出完了後に自動集計。
導入前の課題 導入後の効果
  1. 毎月、予算書(当月実績見通し)を作成する為に、Excelデータの切り貼り作業、各店舗ごとへのメール送信等膨大な時間を要していた。
  2. 季節商品の注文データ集計作業はFAXにて収集、手集計しており人為的ミスが発生していた。
  3. 本部各部のExcel集計は、担当者のスキルに依存しており、スキルのバラつき、担当者異動後のメンテナンス不可等の問題が発生していた。
  1. 予算書への“実績データ自動貼り付け”、報告書自動集計等、大幅効率化が実現できた。
  2. 季節商品の注文集計が自動化でき、人為的ミスも削減できた。
  3. レポートコネクションの『集計ツール』により複雑な演算式・マクロ等の知識が不要となり、引き継ぎ時の問題も解消できた。

報告書集計システム ReportConnectionIIに関する資料請求・お問い合わせは・・・

  • 資料請求・お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ(フリーダイヤル)0120-346-401 受付時間9時から17時(土・日・祝日は除く)

日立システムズは、システムのコンサルティングから構築、導入、運用、そして保守まで、ITライフサイクルの全領域をカバーした真のワンストップサービスを提供します。