ページの本文へ

Hitachi

日立システムズ IT資産管理・ライセンス管理License Guard

オリンパス株式会社様:導入事例 License Guardの導入事例をご紹介します。

ソフトウェア2,500種、13,000証書のライセンス管理を実現

写真:オリンパス株式会社様

お客様の声

ライセンス管理体制を整備できた点が、大きな収穫ですね。

顧客原点に立って、社会に価値を提供することを意味する「Social IN」を理念とするオリンパス株式会社様(以下、オリンパス様)。同社のライセンス管理システム「License Guard」導入について、IT改革推進部 IT購買資産管理グループ・小坂一史氏、清水久晴氏、佐々木利治氏にお話を伺いました。

導入前の課題
導入後の効果
ソフトウェアの購入やライセンス管理が部署ごとに行われていた。
内中核3社を対象とした統一的なライセンス管理体制の構築を実現した。
上記のため、全体的なライセンスの把握が難しかった。
ソフトウェアの厳正なライセンス管理によって、社員の意識が向上した。

導入経緯:
ソフトウェアのライセンス管理が部署ごとに行われていた

写真:オリンパス株式会社 IT改革推進部 IT購買資産管理グループ グループリーダー 小坂一史氏
オリンパス株式会社
IT改革推進部
IT購買資産管理グループ
グループリーダー
小坂一史氏

―― 今ライセンス管理システム導入を検討された背景をお聞かせください。

当社では、いくつかのグループ会社を含めて、約14,000台のPCが存在しており、それぞれのPCに必要なソフトは、各部署で購入・管理していました。そのため、あるソフトが全社でどれくらいあるのかなどの全体像が把握しづらくなっていました。さらに、部署異動に伴い不必要なアカウントを削除するなどの適切な処理が難しい状態にあったのです。(小坂氏)

―― PCの資産管理はなさっていたのですね。

導入済みの管理ソフトにより、ネットワークにつながっているPCに関しては、OSのバージョン、メモリ、CPUなどの情報を収集し、管理していました。しかし、この資産管理ソフトでは、インベントリ収集やOSのセキュリティパッチ配布などは可能ですが、ソフトウェアのライセンス管理まではできなかったのです。
こういった状況では、近年重要視されているコンプライアンスの観点から見ても望ましくないため、きちんとしたライセンス管理ツールを導入する必要があると考えていました。(清水氏)

導入のポイント:
大規模対応、検索・チェックの容易さ、コストのバランス

写真:オリンパス株式会社 IT改革推進部 IT購買資産管理グループ 佐々木利治氏
オリンパス株式会社
IT改革推進部
IT購買資産管理グループ
佐々木利治氏

―― ライセンス管理システムを選定するにあたっての条件をお聞かせください。

登録対象のPCが約14,000台、登録対象のユーザが約14,000人、登録ソフトウェア数が約2,500種類といった大規模管理が可能であることが最初の条件でした。それから、組織階層別に管理が可能であること。さらに、どの部署のどの場所にどのソフトが何本あるといった検索やチェックがしやすいこと。グループ会社含め、組織横断的に管理ができ、検索ができるということを重視しました。(佐々木氏)

―― それらの条件をすべて満たしていたのが、日立システムズの「License Guard」であったということですね。

その通りです。対応可能な規模から候補が何社かに絞られたのですが、他社のものは、当社には必要無い機能がたくさんついており、かえって使いにくいのでは、と感じる部分もあったのです。必要な機能とコストのバランスが最も良かったのが、「License Guard」でした。(佐々木氏)

システム概要:
部署単位、全社単位でのライセンス管理を実現、社員の意識向上も

―― 導入には検討期間を含め、どのくらいの時間がかかったのでしょうか?

2006年4月に検討を始め、7月には「License Guard」 にすると決めて正式発注しました。それから約1か月間で設計~導入を行い、システムを立ち上げたのは9月です。約2,500種、13,000証書の登録作業は大変でしたが、日立システムズ社内で実際に運用されていることもあって、運用場面のノウハウを含めてアドバイスをもらい、スムーズに立ち上げることができました。(佐々木氏)

―― システムの概要をお聞かせください。

大きくは、ライセンスを積み上げる仕組みと使用実績を把握する機能になります。まず各部署で行っていたソフトウェアの購入を、ライセンス管理部門で集中購買する流れに変更しました。そうすることで、私のところでライセンスを「License Guard」に登録してから使用部署に渡すことができ管理漏れがなくなります。使用実績は、初期の自マシン情報登録に加え自動収集エージェントを導入したことで、定期的に使用状態を把握しています。
また、アプリケーションはできるだけサーバに置き、アクセス制限をかけて、申請者のみがインストールできるようにしたことで、ライセンスの不正使用や運用工数にも配慮しました。(佐々木氏)

―― 現場にとっては、今までとは違うフローになったわけですが、反応はいかがですか?

ユーザは、初めてPCを立ち上げた時に自分の情報を入力する必要があるのですが、それ以外は特にアクションは求められないため、普段はライセンス管理について意識することは無いと考えられます。
また、ソフトウェア購入のワークフローを導入したことで、社員の意識向上にもつながるという効果もありました。コンプライアンスの観点から見ても、こうした社員の意識向上は大きな意味を持っていると思います。(清水氏)

図:システム概要図

今後の展望:
取得した情報を元に、他システムとの連携を目指す

写真:オリンパス株式会社 IT改革推進部 IT購買資産管理グループ 清水久晴氏
オリンパス株式会社
IT改革推進部
IT購買資産管理グループ
清水久晴氏

―― ライセンス管理に関する今後の展望をお聞かせください。

オリンパス本社、オリンパスメディカルシステムズ、オリンパスイメージングなどのグループ会社から始めていますが、将来的にはグループ全体を視野に入れた管理を行っていきたいと考えています。(清水氏)

―― さらに規模が大きくなるわけですね。そうすると、ますます効率化が求められるのではないでしょうか。

そうですね。組織変更への対応や登録作業など、フロー面で整備していかなければならないところはまだまだあります。
また、「License Guard」によって取得した情報を今後どのように活用していくか、ということも課題と考えています。ひとつ具体化しているのが、人数の増減が激しい部署、期間限定のプロジェクトなどへのPC貸し出しをライセンス管理と連動させること。それらについても、日立システムズからの提案に期待するところは大きいですね。(小坂氏)

お客様の概要

ロゴ:オリンパス株式会社

オリンパス株式会社

設立
1919(大正8)年10月12日
所在地
〒163-0914 東京都新宿区西新宿2-3-1
URL
http://www.olympus.co.jp/jp/

オリンパス様は、「生活者として社会と融合し、価値観を共有しながら事業を通して新しい価値を提案し、人々の健康と幸せな生活を実現する」-「Social IN」という経営理念のもと、高い技術力を活かして、生活者の目線に立って作られた魅力的な製品を提供し続けています。

写真:オリンパスの主な製品

担当より一言

利用シーンから生まれるお客様の声を大切にしていきたい

日立システムズ 城坂静花
日立システムズ
城坂静花

オリンパス様に「License Guard」をご利用いただき、大変うれしく思っております。
License Guardをご利用いただいているからこそ寄せられるお客様からのさまざまな課題や要望に対し、ひとつひとつ解決し、お客様に信頼いただけるパートナーとなれるよう、これからも頑張ります。

今回の取材にご協力いただいたお客様

オリンパス株式会社
IT改革推進部 IT購買資産管理グループ グループリーダー 小坂一史氏
IT改革推進部 IT購買資産管理グループ 清水久晴氏
IT改革推進部 IT購買資産管理グループ 佐々木利治氏

ご協力ありがとうございました。
2007年10月掲載
本事例に記載の情報は初掲載時のものであり、閲覧される時点では変更されている可能性があることをご了承ください。

日立電子サービスと日立情報システムズは、2011年10月1日に合併し、株式会社日立システムズに社名を変更いたしました。
掲載の情報は当時の社名を現在の社名に置き換えていますが、一部初掲載当時のままですのでご了承ください。

IT資産管理・ライセンス管理 License Guardをご検討のお客さまはこちら

  • 資料請求・お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ(フリーダイヤル)0120-346-401 受付時間9時から17時(土・日・祝日は除く)

日立システムズは、システムのコンサルティングから構築、導入、運用、そして保守まで、ITライフサイクルの全領域をカバーした真のワンストップサービスを提供します。