ページの本文へ

Hitachi

日立システムズ 日立 製造・流通業向け基幹業務ソリューション FutureStage

2019年9月25日(水)ウインクあいちにて、2019年度 素形材技術セミナー「鍛造現場におけるデジタル化、IT技術の活用」が開催されます。

本セミナーは、鍛造業の更なる技術力向上、競争力強化を目的に企画されています。日立システムズからは「Human*IT ヒトとITの力で新たな価値を。製造現場のヒト工程のデジタル化と情報活用」をテーマに、製造現場の実績データとITを駆使し生産性向上を図る当社の取り組みについて、講演させていただく予定です。

ご多用中の折とは存じますが、皆さまのご来場を心よりお待ちしております。

セミナー概要

名称 2019年度 素形材技術セミナー「鍛造現場におけるデジタル化、IT技術の活用」
日時 2019年9月25日(水)11:00~16:50
場所 ウインクあいち 会議室 1203号

〒450-0002 愛知県名古屋市中村区名駅4丁目4-38
(JR・地下鉄・名鉄・近鉄)名古屋駅より
・JR名古屋駅桜通口からミッドランドスクエア方面:徒歩5分
・ユニモール地下街 5番出口から:徒歩2分
参加費 日本鍛造協会会員 : 11,340円 / 会員以外は一般価格 : 22,680円
定員 100名(定員になり次第締め切ります)
主催 一般社団法人 日本鍛造協会
一般財団法人 素形材センター

お申込み方法

下部の『参加申し込み』ボタンから申し込み書をダウンロードし、所要事項をご記入のうえ、FAX もしくは E-mailからお申し込み下さい。

お申し込み先 一般財団法人 素形材センター 企画部

【FAX番号】03(3434)3698
【E-mail】kensyu@sokeizai.or.jp
お申し込み締切 2019年 9月 19日(木)

参加申し込み

プログラム

11:00~11:40
1.クランクシャフト鍛造ラインにおける IoT の取組
マツダ株式会社 パワートレイン技術部 第2素材技術グループ 今野 康之
11:40~12:20
2.スマートな鍛造生産環境の実現に向けた圧電式荷重センサー(ボルト型)の活用
株式会社ヤマナカゴーキン 新製品開発室 室長 金 秀英
13:20~14:00
3.IT の活用による在庫管理・受注分析システムの導入に伴う付加価値の向上
東福鍛工株式会社 取締役副社長 田中 君枝
14:00~14:40
4.中小企業が目指す IoT と ICT の取り組み
ソフトバンク株式会社 東海IoT技術部ソリューション技術1課 国分 喜久
14:50~15:30
5.生産工程の IoT 活用への第一歩
日本キスラー株式会社 セールスエンジニア 豊里 太佑
15:30~16:10
6.Human*IT ヒトとITの力で新たな価値を。製造現場のヒト工程のデジタル化と情報活用
株式会社日立システムズ 産業・流通営業統括本部 第三営業本部
ソリューションサービス拡販営業部 部長代理 小牧 和也
16:10~16:50
7.調整中
株式会社テクノア

※プログラムは都合により変更になる場合がございます。あらかじめご了承ください。

関連商品

「FutureStage」
「FutureStage」は、日立グループが提供する製造・流通業向け基幹業務ソリューションの統一ブランドです。日立システムズの「FutureStage」は、中堅・中小規模企業のために開発された、製造業、卸売業、小売業向けの基幹業務パッケージです。1987年のリリース以来、約30年にわたり機能進化を続け、累計4,000システム以上の導入実績があります。(2017年12月現在)

日立 製造・流通業向け基幹業務ソリューション FutureStageに関する資料請求・お問い合わせは・・・

  • 資料請求・お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ(フリーダイヤル)0120-346-401 受付時間9時から17時(土・日・祝日は除く)

日立システムズは、システムのコンサルティングから構築、導入、運用、そして保守まで、ITライフサイクルの全領域をカバーした真のワンストップサービスを提供します。